よ、よん、45度?

 我が家のベランダの植木鉢の下には
温度計が置いてあり
その数値はリビングルームで見られるようになっている。

 午前11時。
夫がぎょっとした顔で
室内の表示計(という名前かどうかは知らないが)を眺めている。
なんとそこには45度という数字が!

 いくらなんでもそりゃないよ。

 ということで夫が外の測量計をチェック。

 なんと、植木鉢の上に乗せていたカバーが外れていたのだった。
犯人は私。
昨日ふとんを干す時にふとんが引っかかって
カバーがはずれてしまったらしい。

 謎は解決。

 でも、でも・・・
これが現実の温度だよね?

 気象庁ではいくつかの基準を決めています。
 一つめの基準は、開けた平らな土地です。
 近くに木や建物といった他の障害物がないことも大切です。
 二つめは地面が自然な状態であることです。
 地面からの照り返しを少なくするため、
 普通は丈の短い芝を張ります。
 3つめは、温度計の高さです。
 気象庁では地面から1メートル50センチの所に
 温度計を設置することにしています。
 そして、日差しを直接受けないようにして、
 風通しのいい所におきます。
  このようにいくつかの基準を満たして測った気温が
  その地点の気温として発表されています。
  (気象のぺえじより)

 
 気象庁は日陰の風通しのよいところで計られた温度を
発表しているのである。

 我が家のベランダは照り返しがすごい。
その上一日中ついている(!)エアコンの室外機から出る
熱風もある。

 道理でベランダの植物が元気がないわけだ。
[PR]

by arizonaroom | 2010-08-05 22:34 | 日常&雑感 | Comments(2)

Commented by 薫風 at 2010-08-06 00:29 x
今日は暑かったよね・・・
Commented by arizonaroom at 2010-08-06 08:18
薫風さん
最近は、ほぼ引きこもり状態です。
外出するためには前日からの気合が必要です。
外でも室内でも熱中症対策が必要なんてびっくりですね。