訪問買い取り

 最近、「いらなくなった貴金属を買い取ります」とのチラシが
頻繁に入るようになったと思っていたら
なんと、とうとう訪問買い取りまで現れた。

 「もう飽きてしまった貴金属はありませんか?」と
中年の女性。
 「あ、怪しいものではありません。」と胸にぶら下げたIDを見せるが
名刺はくれない。

 「なんでもいいんです。無料で査定いたします。」

 早く帰ってほしくて「はあ」と曖昧に返事をしていたら
しゃべるだけしゃべって帰ってくれた・・・・。


 ・・・と思っていたら

3分後、ピンポーンとまた舞い戻ってきた。
それもティッシュボックス5箱を抱えたお兄ちゃんを引き連れて。

 どうもお互いのコミュニケーションに問題があったようで
私は、彼女がチラシを置いていったので
「もし売りたくなったら、こちらに電話ください。」ということであると理解したのであるが
彼女としては
「今から査定する人を連れてくるので、貴金属を用意して待っていてください。」
というつもりだったらしい。

 今度ははっきりと断言。
「確かに貴金属はありますけど、今すぐ売るつもりはありませんから!」
(売るとしてもあんたには売らん!)

 査定者を連れてきた彼女は焦る。
「あ、でも何かありますよね。もう飽きてしまったものとか。」と
食い下がる食い下がる。

 他にもいろいろごちゃごちゃと言っていたが
何と言っていたかはもう忘れた。
こっちとしては早く帰ってほしいだけだ。
 
 そうしたら何と彼女は私の指を指して
こう言い放ったのだ。
「その指輪はどうですか?まだ飽きていませんか?」

 「とにかく何も売るつもりはありませんから。」と
帰ってもらったが
あまりの言葉に唖然としてしまった。

 この女性、必死なのはわかるけど
まだまだ新米の営業ウーマンなんだろうな。

 いきなり人の家にやってきて
今身に着けている物を「売れ」って
どんなに失礼なことなのかわかっていないのだから。

 ちなみに私が身に着けていたのは
結婚指輪なのであった。
 
 (ちょっと彼女を弁護すると私のはアメリカでポピュラーなタイプ
  日本では結婚指輪には見えない。)
[PR]

by arizonaroom | 2011-08-06 22:10 | 日常&雑感 | Comments(2)

Commented by ぱれっと at 2011-08-08 18:51 x
こういう訪問の商売、初めてききました。
どういうことかしら、金の価格が急上昇とか?
やり方が強引で、不愉快ですね。結婚指輪まで売れとは…
訪問や電話の売り込みは一切お断りしているんですが、買い取ってくれるとなると、気持ちが動くこともありそう。
気をつけなくちゃ。
Commented by arizonaroom at 2011-08-08 21:39
ぱれっとさん
ドルが不安定なので金の価格が上昇しているのは確かなのですが
医療用や家電にも使用するので需要が多いらしいです。
訪問の買い取りはかなり買いたたかれるそうですから本当に売るなら信用のおける業者に出向いた方がよいとのことです。クーリングオフもできませんし。
今回の女性は強引というより営業センスがないだけだと思います。たぶん基本給はかなり低い歩合給なのでは?たぶん来月には辞めているのではないでしょうか。