日焼け

 久しぶりにノースリーブのワンピースを着て出かけた。
もちろん、ここは日本だし(アメリカでは気にしない)
いいおばさんなのでカーディガンを上に羽織っている。

 しかし、あまりの暑さに、
途中でカーディガンを脱いでしまった。

 そうしたら、なんと
日焼けの線がくっきりと出ているのを発見!

つまり半袖を着た時に隠れる部分は色白だけど
常に露出している部分は
黒々と焼けていたのだった。

 久しぶりに会った友人には
「あら~、焼けているわね。どこに行っていたの?」などと
言われる始末。

 日焼けに気が付かなかったとは
何とも迂闊な話ではあるが
理由はある。

 なぜなら私は外出時には
しっかりと長い手袋をしていたからである。

 無防備な人を見ては
「あなた勇気があるわね。もうそういう時代じゃないのよ。」と
偉そうにお説教を垂れていた私。
それなのに自分はしっかりと日焼けしている・・・・。

 思い当たることはあった。
洗濯物を干す時だ。
このたったの5分が危険なのである。

 袖だけではない。
ノーメークの時もある。
危ない危ない。

 私の腕のコントラストをしみじみと見ていた友人が言った。
「あなた色白ね~。」

 
******

 数日前に目撃した、自転車に乗った女性は
真っ黒な帽子、顔をすべて覆い隠した真っ黒な布、
真っ黒なサングラス、
もちろん、肌などまったく露出していないという
実に恐ろしいいでたちであった。

 きっと洗濯物を干す時にも
それくらい徹底しているんだろうな・・・。


 

 
[PR]

by arizonaroom | 2011-08-31 23:08 | 日常&雑感 | Comments(0)