小麦粉

f0037623_22334218.jpg

f0037623_2233546.jpg


 夕方に夫が喫茶店で教えている生徒たちの来訪予定があり、
そのために昨晩プリンケーキを焼いた。
(ディナーは夫担当)

 スポンジもきれいに膨らんで、まあ満足のいく出来である。

 そして今朝。
子どもの2時間クッキングクラスのために
小麦粉を探していた夫。
薄力粉が無いと叫んでいる。

 また探せないのか(夫は物を探せない)と
「ほら」と差し出したら
「それは強力粉だ。」と言う。

 そんなわけはないでしょと言おうとして
パッケージを見たら、
あらほんと、強力粉だわ。
ひぇ~。私としたことが。

 今までに買ったことの無いブランドの強力粉と薄力粉を
買い置きしていたのであるが
袋を見慣れていないために
薄力粉と間違えて強力粉を
開けてしまったらしい。(私が)

 うちはパンやピザをよく作るので
強力粉も薄力粉と同じくらい使うのである。

 外国人で物を探せない男という2重のハンディを背負っている夫に
間違いを指摘されたのもショックであるが
昨晩、強力粉を使用して来客用のケーキを
作ってしまったことを思い出してさらにショックが深まる私。

 グルテンの量が違うのに大丈夫なのかな?

 ちなみにアメリカではケーキにもパンにも何にでも
オールパーパスフラワー、日本でいう中力粉を使っているので
それほど心配することはないのかも、と自分に言い聞かせて
さあ、ケーキを食べてみると
普通においしいのであった。

 夫が言う。
「今までのケーキの中で一番おいしいから
(彼はいつもこういう言い方をするので当てにはならないが)
これからも強力粉で作ったら?」

 それはちょっと・・。

 午前中のマフィンを作っている子どもたち
f0037623_22485693.jpg

f0037623_2249869.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2011-10-22 22:55 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)