バブル

 証券会社の営業の人と話す機会があった。

 バブルを知らない若い彼に、
周囲にお金が乱舞していた私の証券営業時代の話をしていたら
忘れていた多くのことを思い出した。

 ほぼ全員参加型のマネーゲームの時代。
「主婦が株の話をするようになったらそれは崩壊のはじまり」と言われていたのに
なぜか皆楽観的だった。

 私はたくさんのユニークな人々に出会い
たくさんのユニークな経験をさせてもらった。

 さまざまな人生も見てきた。
栄光も、凋落も 喜びも悲しみも。

 これは絶対に面白い本が書けるぞ!

 と一瞬思ったけれど、やっぱり無理だわ~。
だってみんな実在するんだもの。

 出版できるとしたら100年後かなあ。
[PR]

by arizonaroom | 2012-01-12 21:02 | 日常&雑感 | Comments(4)

Commented by 花ケーキ at 2012-01-13 21:16 x
ナンダカ興味がありますね。
バブルの頃はひたすら、ひたすら、忙しくて、
その上、バブルの恩恵にはあずかっていませんでした。
正確に、どんな時代だったのか
検証したいです。
大学院に行ったりして
博士論文として、書かれたりなさったら
読んで見たいです。
Commented by arizonaroom at 2012-01-13 23:41
花ケーキさん
あの頃の顧客には豪快な人が多く
私も高級レストランに連れて行ってもらっていました。
1貫4千円の中トロとか普通に食べていましたよ。

 現金で取引する人もいて
上司が鞄に7億円の札束を入れて
顧客の家に持っていったりするのも見ていました。
護衛もつけずタクシーで行っていたんだから
驚きですよね。

 博士論文は無理だけど
このユニークな体験を差しさわりない程度に
書けるか検討してみます。
Commented by トルテ at 2012-01-15 02:40 x
有名なバブル時代の話は、今聞いても本当に夢のようです。
オンタイムでバブル時代を体験された方の中には未だに切り替えができない人もいるそうですね。
後遺症もあるのでしょうか?
それにしても1貫4000円?って単に好奇心ですが食べてみたいです。
現金7億とか、まさか今日のような日が来るとはその時に誰も想像
しなかったのでしょうか?
是非、是非沢山のエピソードを教えてください。

Commented by arizonaroom at 2012-01-15 21:57
トルテさん
昔のスターが落ちぶれても
過去の栄光が忘れられないのと同じなのかもしれませんね。
当時、証券会社を渡り歩き華々しい活躍をしている証券マンがいました。
彼が言っていたのは
「お金がある時にはステーキを食べ
無い時にはインスタントラーメンをすすれる人が
この世界に生き残れる。」
そうかもしれませんね。
4千円の中トロは確かにおいしかったけれど
自分のお金では食べたくはないです。