冷たい雨(今日のグレイス)

f0037623_15412158.jpg


アップルシナモンチーズケーキ  & ベークドチーズケーキ
f0037623_15413398.jpg


フルーツケーキ  &  チョコレートスフレ
f0037623_15423520.jpgf0037623_1542468.jpg













 とびきり寒い朝。
空もどんよりと重い雲が垂れ込めている。

 予定では午後からのはずだった雨も
冷たい風に誘われて
10時頃にはシトシトと降り始めてしまった。

 子どもたちの間では
インフルエンザも流行っているということだし
今日のお客様はきっと少ないだろうなと思っていたら
グループホームの方々が
たくさん見えてくださった。

 久しぶりの館長さんも見えている。

 グレイスのおいしいケーキと楽しさを考えたら
雨なんて関係ない・・・のだそうだ。

 「月曜日の朝はね、トーストを半分にしているの。
だってせっかくのケーキが楽しめなかったらつまらないもの。」
とは一番お元気な住人さんのお言葉。
 嬉しいことである。


「クリスチャンではないんですけど、
私も賛美歌は好きなんですよ。」
とは館長さん。


 帰りがけに住人さんのおひとりに
「息子さんによろしく。」と声をかける。

 「あら、あなた、息子のことを知っているの?」

 「ええ、
息子さん、アメリカの大学で勉強されていたんですよね。」


 「あら、もしかしたら、あなたも同じ大学だったの?」
 
( 息子さんのことは、あなたがみんなお話ししてくださったんですよ。)
と、心の中でつぶやく私。
 
 たとえ、どんな会話をしたか忘れてしまっても
私のことを覚えていなくても
毎回同じ会話の繰り返しでも
その一瞬一瞬がきらびやかに輝いていたら
それは、それでよい。
 
 グレイスがおいしくて楽しい場所であるということを
覚えていてくれたら尚よし。


 ここでまたふと父のことを思う。
父は最期まで老人らしくない老人だったなあ。
身体もよく動き、頭もシャープだった。
介護保険なんて一度も使わなかった。
 
 さまざまな人、さまざまな人生。
たとえ、どんなに波乱万丈な人生だったとしても
晩年がこのように穏やかなら、幸せだ。

 父も、認知症のグループホームの方々も。

ホームの方がお帰りになった後半は
もうちょっと若い人たちでにぎわう。

 今日はちょっと難しい賛美歌を歌ったけれど
とても歌がお上手なお客さんがいらしていて助かった。


 
f0037623_1671362.jpg


f0037623_1675012.jpg


f0037623_168422.jpg


 
[PR]

by arizonaroom | 2012-02-06 16:19 | 喫茶室グレイス | Comments(2)

Commented by 花ケーキ at 2012-02-06 19:29 x
雨だから、ホームの方も見えていないかもしれないので、
にぎやかしに少し早く伺いましょうと出かけたら、
ホームの方が見えていて、
とても嬉しかった。
今日のケーキも美味しくて、
楽しいひと時でした。
お父様がお元気だったら、
そうしてもう少し近かったら、
グレイスにも来て頂けたでしょうにね。
Commented by arizonaroom at 2012-02-06 20:30
花ケーキさん
父はひとりで細かいことをしているのが好きだったので
たとえ近くても、グレイスに来たかどうかはわかりませんが
ケーキは作ってもらえたと思います。
皆さんに召し上がっていただけなくて残念でした。