今日のグレイス

f0037623_163597.jpg


リコッタ入りクロスタータ & プレーンシフォン
f0037623_1641284.jpg


 抹茶ガトーショコラ
f0037623_16667.jpg


おはぎ (小豆 & 胡麻)
f0037623_1664539.jpg


 暖かな陽だまりのような今朝のグレイス。
まだまだ寒い日々は続くけれど、
少しずつ春が近づいてくる足音が聞こえてくるような気がする。

 前半はもちろんお元気なグループホームの方々が中心。
今日はおはぎがあるので皆さん大喜びである。

 このグループは女性ばかりで皆さんご主人を亡くされた方ばかりなのだが
おひとりだけご主人がご健在の方がいらっしゃる。

 いや、ご健在とはいえないかも。
今は長期療養病院に入院中で
ホーム住まいの奥様とは会うのもままならないのである。

 それでも他の入居者からは
「うらやましい。」との声が。
奥様は「うふふ」とお笑いになる。
「まだ生きているとは思うわよ。
わからないけどさ。」

 グループホームのヘルパーさん、
新しいグレイスのお客様をご覧になって
「ようこそ。」と。
そしてその後、自分の言葉に気づかれて
「あはは。ようこそなんて言っちゃったわ。
自分の店じゃないのに。」

 のどかなグレイスのひとときである。

 そして100歳のUさんのご登場。
午後からご予定がおありだったUさんは
今日はいらっしゃらないおつもりだったそうだが
ヘルパーさんが
「こんないいお天気なのだから行きましょうよ。」と
引っ張ってきてくださったのだ。

 そのUさんと最近お友達になったC子さん。
私の友人でもあるEのお母様で
先週Uさんしかご存じなかった古い賛美歌を
ご存じだった方である。

 Uさんは83年前に覚えたイギリス国家をまだ英語で
歌えるというのを聞いたE。
「私も小さい時にオーストラリアに住んでいたので
イギリス国家歌えますよ。」と。

 そこでふたりで歌うことに。
みんなが注目の中、英語の国家が始まった。

 そこで興味深い事実が!

Uさんは
God save the King
と歌われていたが

Eは
God save the Queen
と歌っていたのだった。

つまりUさんの時代は
あの「英国王のスピーチ」のモデル、ジョージ5世の時代だったのである。

 

前半
 
f0037623_162906.jpg


 一時中だるみ
f0037623_16355393.jpg


でもその後また盛り返す。
学校が休みの中学生や小さなお子さんも。

f0037623_16303885.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2012-02-20 16:30 | 喫茶室グレイス | Comments(4)

Commented by 花ケーキ at 2012-02-21 08:55 x
KINGとQUEEN・・・とっても時代を感じますね、
来週は行きたいです。
Commented by arizonaroom at 2012-02-21 20:25
花ケーキさん
Uさんの歴史ですね。
この日は初見でY子さんとUさんのお好きな曲を弾くことになり大変でした。
来週はお待ちしております。
Commented by 花ケーキ at 2012-02-22 20:36 x
初見で2曲は大変でしたね。
お疲れ様でした。
Commented by arizonaroom at 2012-02-22 22:40
花ケーキさん
3曲です。
Uさんの曲は馴染が無いので余計大変でした。