グレイスのお客様

 教会の近くでお散歩中のグループホームの方々と遭遇した。

 顔なじみのヘルパーさんとまずご挨拶。
そして住人さんたちとも挨拶を交わす。

 その中でおひとりが
「あら、どこでご存じの方?」と。

 「教会の喫茶室ですよ。オレゴンで勉強なさっていた息子さんはお元気ですか?」

 「あら、息子とオレゴンでご一緒だったの?」

 毎回同じような会話だけど、なんだか楽しい。

 この方の記憶時間はとても短いのだけれど
住人さんたちは笑いながらも優しく見守っていらっしゃる。
「また、始まったわ。でもあなたはそれでいいのよ。」と。

 ご本人も「私、忘れっぽいのよ。」とおおらかにお笑いになる。

 優しいヘルパーさんに優しい住人さんたち。
すてきなグループホームである。


 
[PR]

by arizonaroom | 2012-02-28 23:39 | 喫茶室グレイス | Comments(0)