中学生レシテーション・スピーチ大会

f0037623_2054397.jpg

東久留米市長のあいさつ

 今年も開催された東久留米国際友好クラブ主催の
中学生レシテーション・スピーチ大会。

 思えば昨年は大変だった。
あの震災の翌日に開催されたのだ。
あらゆるイベントが中止、延期された中
よくぞ決行してくれたと思う。
あれから1年。

 中学生たちは皆よくがんばっていて
この中で順位を付けるのも残酷だなと思ったけれど
順位があるからこそ、みんな練習に励むわけで。
 
 賞を取れなかった人も落ち込まずに
今後も英語の勉強にがんばってほしいなと思う。

 審査員の夫が3つのステップについて語っていた。
「ひらめいたら行動を起こす、そして目標に向かって準備」

 イギリス人の審査員は震災のボランティアで
東北に行った時の体験談を語ってくれた。

 もうひとりの審査員の話も、市長の話も、友好クラブ会長の話も
中学生たちの心に深く刻まれていればよいなと思う。
[PR]

by arizonaroom | 2012-03-10 20:19 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)