漢字

 パソコンの地図でルートを調べていた夫が突然
「読めない地名があった」と私に聞いてきた。

 「あつ・・・あつそう?」

彼が示す場所を見てみたら「厚相バイパス」。

 「え~コウショウかな?コウソウかなあ。」と私。

「地名や人名は難しいのよ。
規則があってないようなものだから。
厚木と相模原間という意味だと思うけど。」

夫「そういえば昔、うちにホームステイしていた日本人に
漢字の読み方を聞いたらわからないって言うから
びっくりしたよ。
 日本人なのに読めないのか?って。」

 「ところで相模だけど。」と夫が「相」の字を指して言う。

 「これが『さ』?」

 いや~、そういう風に分けられないんだよね、これは。

 全体で「さがみ」。

 今でこそ平然と「あ、そう」と聞き流せるようになった夫ではあるが
昔は違った。

 彼は漢字オタクで一時、一生懸命勉強していたのだが
(流暢に話せないわりには漢字はよく読める。)

 「田舎」など、漢字の教科書の訓読みにも音読みにもない読み方に
遭遇するたびに
落ち込んでいたのである。

 ちなみに厚相バイパスは「こうそうバイパス」であった。
ところで、これって常識だった?
 

 
[PR]

by arizonaroom | 2012-03-15 23:48 | 異文化 | Comments(0)