入れ墨

 今は日本でも刺青のことをタットゥーと呼ぶ。

 タットゥーと言うと何だかオシャレでモダンな感じがする。
若者のファッション。
粋な流行。

 でも最近大阪市長がやたらと
「入れ墨、入れ墨」と連発するので
そんなファッショナブルな雰囲気は吹っ飛んでしまい
やっぱり刺青は、やっちゃんの紋章だったのだと
思えてきた。

 さすがカリスマ市長である。

 たかが言葉、されど言葉。

 これが人権侵害もしくは魔女狩りかどうかについてはともかく
刺青は全然ファッショナブルではないと
少しでも思わせることに成功した市長に脱帽である。
[PR]

by arizonaroom | 2012-05-25 22:33 | 日常&雑感 | Comments(2)

Commented by 花ケーキ at 2012-05-28 17:54 x
言葉は一旦口から出ると
1人で歩き始めるから怖いよね。
大阪は怖い人が多いから、
神経質になるのかな。
Commented by arizonaroom at 2012-05-28 19:53
花ケーキさん
カタカナ語を使用すると中身まで変わってしまったような錯覚がありますよね。
この大阪の場合、もともと公務員が入れ墨を子どもに見せて脅かしたことが始まりですから
やはり神経質になるのではないでしょうか。