多摩川の花火大会

f0037623_2151425.jpg
f0037623_2162816.jpg


 実家に向かう途中、電車の混み具合で気が付いた。

 今日は多摩川の花火大会だったのだ。

 けっこう浴衣を着ている若い女性も多い。
普段着物とは無縁なのに、
こういう時にははりきって着るんだなあと
ちょっと微笑ましくなる、

 土手では大勢の人たちは花火を堪能していた。
皆、花火を見ながら何を思っているのだろう。

 私は時が過ぎ去る速さに驚いていた。
そしてこの瞬間も
あっという間に過去の出来事になってしまうことにも気が付いている。

 人生は夜空に散っていく花火のようである。
人は皆、たとえ一瞬でもきらめくことができるように
一生懸命生きているのかもしれない。
[PR]

by arizonaroom | 2012-08-18 21:35 | 日常&雑感 | Comments(2)

Commented by 花ケーキ at 2012-08-25 19:07 x
花火の写真て難しいですよね。
とても素敵に色もはっきり撮れていて
目で見ると一瞬なので、
色の判別が難しい事もあります。
こうやって写真で見るのはいいですね。

人生の最後を身近に感じると
一瞬の美しさに感動します。
Commented by arizonaroom at 2012-08-25 20:45
花ケーキさん
母が買ったカメラで私が写しました。
私も今年はたくさんの死に出会ったので
いろいろな思いが交錯しました。