視力

 2ウィークコンタクトを購入しに出かけた。
先に検眼をした夫が
「新しいシリコンに替えることになった。
以前のごわごわしたシリコンではなくて柔らかいんだって。」
と嬉しそうに言う。

 そっか、では私も、と思ったら
私の度数ではないのだという。

 「あなたの度数は需要がないので、企業も採算が取れないから
 作らないんですよ。あるのはメニコンだけ。」と。

 「私の目はそんなにひどいんですか?」

 「そうなんです。ひどいんです。」
と検査技師はこともなげに言う。

 「珍しいですな。」と独り言のように言いながら
「サンプルも無い。」と
山のようにあるサンプルの中から私の度数を探し始めた。

 ようやく箱が開いていないものを見つけだし
(通常はバラで置いてある。)
中を開けて、右目左目それぞれ2個ずつくれた。

 通常は1セットずつなのにである。

 夫に聞いたらやはり1セット。
「私は2セットもらったよ。」と言ったら

「きっと使用する人が少なくて消費期限も近づいたから
余分にくれたんじゃないの?
ラッキーだったね。」とのたまう。

 ラッキー・・・なんですか・・・?

 もちろん、半年分(6箱)在庫などあるわけはなく、
後日、コンタクトの会社から直接郵送してもらうことになった。

コンタクトレンズに関する過去の記事
コンタクトレンズ
シリコン
コンタクトレンズが!
コンタクトが!パート2

[PR]

by arizonaroom | 2012-12-16 21:41 | 健康 | Comments(0)