小選挙区制

 小選挙区制というのはまるでオセロゲームのようだ。
何かあると白が黒にアッという間にひっくりかえってしまう。

 2000年  自民 177  民主  80
 2003年  自民 168  民主 105
 2005年  自民 219  民主  52
 2009年  自民  64  民主 221
 2012年  自民 237  民主  27

 比例で復活する可能性があるとはいえ、これでは議員も
うかうかしていられないだろうな。
 何しろ閣僚経験者が何人も落ちてしまうのだから。

 ちなみに小選挙区の総得票は
  自民の25,643,309票に対して 
  民主は13,598,773票。
 
 一人しか選ばれないため、こんな結果になってしまうのである。
 これじゃあ社民が衰退するわけだ・・・。
 
 小選挙区のいいところは、国民の評価がはっきり出やすいということだけど
反面、小さな政党は、不利である。

 ともあれ、日銀も金融緩和政策を発表したし、
安倍さん率いる自民の張り切り方はなかなかすごい。

 これで少しは、政治も経済も上向いてほしいと
無力な庶民はただただ願うのみである。
[PR]

by arizonaroom | 2012-12-20 22:36 | 日常&雑感 | Comments(2)

Commented by ぱれっと at 2012-12-21 17:33 x
こうして数字で並べてもらうと、一目瞭然、わかりやすいですね。
テレビなどでは、今回の自民を「勝ち過ぎ」と心配する声が出ていましたが、こうしてみると、前回の民主もすごかったですね。今回は、自民の勝ちではなく、民主の自滅、といわれていますけど、ほんとにそんな感じ。
ともあれ、おっしゃるとおり、少しでも上向いてくれれば、と思います。
Commented by arizonaroom at 2012-12-21 23:29
ぱれっとさん
小選挙区のトリックで、総得票を見ると
自民の圧倒的勝利ではなかったこともよくわかります。
ここには出しませんでしたが、小選挙区、比例の合計を見る限り
一番割を食っていたのは共産党だったということがわかります。
まあ、共産党は、第一党になるつもりは全然ないんですけどね。

いずれにせよ、民主にはまだ政治の舵を取る技量がなかったということでしょうね。
自民で満足というわけではないけれど、皆ちょっとホッとしているのかもしれません。