モロッコ人

 数年前、Facebookのハーレーサイトで、
夫のバイクを見て「かっこいい」とアクセスしてきたモロッコ人の学生がいた。

 それから時々夫にチャットでメッセージを寄越すようになった。

 彼の今の関心事は日本で働きたいということ。

 「どうやったら日本に行けるのか?」

 「どうやったら仕事を見つけられるのか?」

 「ビザはどうやって取得する?」

 夫はいちいち丁寧に、自分の知識を駆使して答えるのだけれど
あまり英語が得意ではない彼は
内容がわかっているのかいないのか、
質問が堂々巡りである。

 でも、悲しいかな、モロッコ人は単なる観光でも
簡単には日本には来られないのである。

 労働ビザも難しい。
現地企業からの派遣以外の仕事は
特殊な技能がなければまずは取れないのである。

 一番簡単な方法、それは日本人と結婚することだ。
日本人の配偶者ビザは魔法のビザで
労働制限などまったくない。
3年経てば永住ビザの申請もできる。
この永住ビザさえ取ってしまえば
その後離婚しても日本に残れるのだ。

 そうしたら、この彼、
なんとオンラインのミーティングサイトに登録したらしい。

 そんなにしてまで日本に来たいのか???

 来たいのである。
たとえ長い不況にあえいでいても日本はやっぱり日本。
黄金の国なのである。

 私たちはそのことを自覚しなければならない。
こちらは純粋な恋愛のつもりでも
あちらにとっては大切な生活の糧、ビジネスかもしれないのだ。

 実際に本当の詐欺ビジネス、国際ロマンス詐欺というものもあるし。

 このモロッコ人は実際に会ったことはないけれど
チャットで知るかぎり、悪い青年ではないし
これを詐欺と決めつけては酷である。
日本人だって職業で結婚相手を選ぶ人もいるのだから。

 彼だって誰でもいいというわけではなく
自分に合った女性と恋愛したいという思いはあるはずである。

 でも、何とも複雑な気分。
果たして彼の願いはかなうのだろうか。
[PR]

by arizonaroom | 2013-03-22 23:30 | 異文化 | Comments(2)

Commented by 花ケーキ at 2013-03-29 19:30 x
興味のある記事ですね。
最近テレビで、世界の秘境に嫁ぐ日本人
見たいなテレビやっていますよね。日本の生活が
如何に恵まれているかよくわかります。
Commented by arizonaroom at 2013-03-29 20:52
花ケーキさん
貨幣価値の差は魅力ですし、仕事を選ばずに一生懸命働けば、母国に送金できます。でも問題はビザなんですね。飲食店のウエーターではビザは下りませんから。それよりビザ免除国でなければ観光でも入るのは難しいです。だから日本人と結婚するのが一番なんです。