到着時刻

 
f0037623_23163966.jpg

           おなじみのアリゾナの風景

f0037623_2317361.jpg

          フェニックスのダウンタウン


 いよいよ生徒のMさんがアリゾナへ旅立った。
今頃は飛行機の中でドキドキしているだろうな。
  
 実は今朝、出発間際の彼女から電話があった。
空港に向かえに来る予定の義父からのメールに
「1時に空港で待っている。」と書いてあったのだそうだが
彼女の飛行機の到着時刻は3時なのである。
それを義父に伝えてほしいとのことだった。

 あの何から何まで几帳面に仕切る義父が勘違いするとは考えられないので
ユナイテッドのウエブサイトでフライトスケジュールを確認したら
やはり義父のメールの通り、
彼女の便の到着は3時ではなくて1時である。
ロサンゼルスからの乗り継ぎ便なのだが
11時出発では乗り継ぎが全然間に合わない。

 あせってユナイテッドに電話したら
実はフライトスケジュールが変更になり、
それにあわせてMさんの乗り継ぎ便も変更になったのだという。

つまり最初のスケジュールでは、
ロサンゼルス13時45分発の6522便だったのだが
6533便は2時間早まったので
13時45分発の6528便に変わったのである。
Mさんの名前がその6528便の搭乗予約リストに載っていることも確認できた。

 ホッとすると同時に少し苛立ちも覚えた。
「便名が変更になったということは
チケット購入者にしっかりと伝えてあったのでしょうか。」と質問したら
「旅行代理店には伝えました。」とのことであった。

 しかし、伝わってませんでしたよ~。H○Sさ~ん!

 電車で成田に向かっているMさんの携帯に
便名が変更になったということをメールし、
義父には正確な到着時刻を電話で知らせ、とりあえず無事解決した。
携帯というものがこの世にあって本当によかった。
でなければロサンゼルスで
Mさんは自分の便が既に飛び立ったと思ってあせったかもしれなかった。
もちろん空港でもらう搭乗券は訂正されていたとは思うが。

 そして出発間際ながら義父のメールと自分のスケジュール表の時刻が
違うことに気が付いてくれてよかった。
義父も向かえに行く時刻をメールに書いてくれていたのも幸いした。
さもなければ義父も空港で2時間も待ちぼうけを食わされていたであろう。
私と違って、几帳面で慎重な人ばかりで本当に助かる。

 Mさんにはアリゾナで楽しく過ごしてほしいと心の底から思う。
アリゾナは夫の故郷だが、
私の大好きな人たちが住んでいる大切な場所でもあるのだ。

 ちなみにMさんに、成田のカウンターでも
発券時の便名が変更したとの説明はなかったそうである。
[PR]

by arizonaroom | 2006-04-27 23:19 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)