風邪

  珍しく風邪を引いた。
熱は無いけれど
咳と鼻づまりで
食べ物の味がしないのが悲しい。

 味覚に障害が出ると
当然のことながら食べることが楽しくなくなる。

 以前、味覚障害で苦しんでいる人の記事を読んだことがあるが
その気持ちがよくわかった。

 やはり食という行為ははただ単に生きるために
存在するのではないということを
あらためて再認識したのであった。
 

 
[PR]

by arizonaroom | 2013-11-12 00:03 | 日常&雑感 | Comments(0)