青梅線

 昨日横田に行った時のこと。
 いつもは横田基地までバイクで行く夫が
寒いし、基地に入るのは車検証・保険証の提示や
蛍光色のベスト着用を義務付けられたりと
面倒なので
今日は電車で行こうという。

 バスで中央線の駅まで行き
そこから青梅線直通に乗れば1本で行けるし
駅からは友人が車で迎えに来てくれるから
暖かくて、しかも楽ちんだというのでそうすることにした。

 しかし、この日は車内で急病人が出たとかで
ダイヤが大幅に乱れており
青梅線直通がすべてキャンセル、
立川で乗り換えることになった。

 立川の青梅線のプラットフォームに着いた時には
既に電車は来ていた。
でもドアが閉まっている。

 え?もう乗れないの?と思ったら
目の前の男性が慣れた手つきでドアに触れている。

 と、ドアがスーッと開いた。

 えー?えー?もしかして手動ドア?
こんな電車がまだ東京にあったの?

 車内に乗り込むとドアの近くには
開と閉のボタンが!

 なんだかものすごいローカル電車に乗っている感じ。
それはそれで、けっこう楽しい旅気分なのであった。
まあ、たったの16分だったけどね。

 
[PR]

by arizonaroom | 2014-01-10 23:03 | 日常&雑感 | Comments(0)