復興所得税

 税務署に確定申告書を提出しに行ったら
「計算がひとつ抜けています。」と言われた。

 なんと、今年度から復興所得税なるものが発生していたのだった!

 言われてみれば、申告用紙には
今までになかった復興所得税税なる項目があったけれど
自分には関係ないと思って素通りしてしまっていた。

 私ったら、毎日あんなに時間をかけて
新聞のいったいどこを読んでいたのかしら?

 そういえば、
市から支払徴収の訂正のお知らせが来ていたのを思い出した。
昨年、依頼を受けた仕事で、源泉税が引かれた金額を調書と共に受け取っていたのだが
なんとかの税金を徴収するのを忘れていたので
手取り金額はそのままで、額面をその税額を上乗せした形に訂正したというものであった。
(つまり、市が負担。)
今思えば、それが復興税だったのである。
(今、改めてその手紙を見て確認した。遅いって!)

 復興所得税は今後25年間、所得税に2,1パーセント上乗せされた形で
徴収される。
そして住民税にも今後10年間、年額に千円上乗せされる形で徴収されるとのことである。

 
 

 
[PR]

by arizonaroom | 2014-03-06 14:53 | 日常&雑感 | Comments(2)

Commented by feliza0930 at 2014-03-07 18:00
全く同じです。昨日、申告用紙項目が変わっているのに気づいたのですが自分には関係ないとスルーしていました。
今日、税務署でチェックしてもらった時に指摘されました。
税務署内ではずっと『復興税』のことを放送で流していましたが、郵送で出したりチェック受けなかった人は記入漏れの人が多いことでしょう。今年の税務署は大忙しですね。
しかし、いつ決まったのでしょう。う~ん。
復興税を徴収する以上、どう使われるか監視しないといけないですね。
Commented by arizonaroom at 2014-03-07 22:56
felizaさん
ferizaさんも同じだったのですね!私も郵送にしないでよかったと昨日は心から思いましたよ。
市役所でさえうっかりミスしていたのですから私たち素人はわからなくて当然です。(と、開き直る)
被災地の方たちのために使われるのは大賛成ですが、適当に使ってほしくないですね。