消費税

 電車に揺られながら
「ああ、そういえば消費税が上がったんだっけ。」と
ふと気が付く。

 もうその時はもう3つ目の鉄道に乗り換えていたのだが
改札をパスモで通り抜けているので
実はいくら払ったかちっとも見ていなかった私である。

 そのうち、なんだかチャージが早いななんて思うのかもしれないが
電車に関しては、今のところ
切符の値段を調べて、財布からお金を出すという「儀式」をしない分
消費税のアップなんて全然気にならない。

 スーパーの生鮮食品はほとんど上がっていないようである。
元値を3パーセント分下げていて
消費者に負担させないようにしているのだ。
では、誰がそのアップ分を背負っているのかといえば
小売業者か卸売業者か生産者か・・・。

 政府は緩やかなインフレを望んでいるのだろうが
これでは思い切りデフレである。

 もちろん、もろに跳ね上がっているものもたくさんある。
公共料金である。

 あと、新聞。
新聞のコストは4000円を切る値段で設定されてあったのに
3パーセントを律儀にあげたために
4000円台に突入してしまった。
たかが数十円の値上げなのに
致命的な一線を越えてしまった気がする。
今後ますます新聞離れが加速するに違いない。
(私は当分やめないけど。)
足並みそろえて大手は商売下手すぎ!


 ちなみに私は買いだめはほとんどしていない。
大きなものを買う予定も余裕もないし
小さなものを買い置きするスペースもないし
1万円で300円の違いだしね。

 と、夫が突然言う。
「コンタクトレンズ(2週間使い捨て)があと1個になった。」

 …もう2週間早く言ってほしかった!
[PR]

by arizonaroom | 2014-04-04 22:14 | 日常&雑感 | Comments(0)