訃報

 大学時代のゼミの先生(正確にいうと隣のゼミだったのだがよく
うちのゼミとつるんでいた。)が亡くなった。

まだまだ若かったのに。

 当時、講師になりたての若かった先生は、既に結婚していた。

 あれから月日は流れ、
やんちゃだった私たちもそれ相応の大人になり、
先生も教授になり・・・。

 そんな私たちも、ひとたび集まれば
実に簡単に昔に戻ってしまうのだった。

 先生の末っ子のお嬢さんは私そっくりの性格なのだと
いつか話してくれたことがあった。
朝から晩までひっきりなしにしゃべるのだそうだ。
(先生、そっくりというのは誤解かも・・)
私のように育ってほしいとも言っていた。
(それも、間違い・・・。)

 訃報を聞いた時、懐かしい思い出が
私の頭の中を走馬灯のように駆け巡る。

 最近現世での別れがとみに多くなった。
年を重ねるというのは、そういうことなのだと痛感している。
[PR]

by arizonaroom | 2014-06-12 23:29 | 日常&雑感 | Comments(0)