ダラス到着

ダラスの空港では、
入国審査にコンピュータモニターが導入され
審査官は不在、
自分でパスポートをスキャンし
写真の撮影も指紋の採取も
税関に関する質問も
モニターに指示されながら行う方式に変わっていた。

もちろん、日本語が選べるので英語に不安がある人でも
大丈夫である。

でも、その後で税関でもう一度、
今度は職員の手によって写真を撮られ
入国の目的を聞かれるから結局同じなのだが。

空港内には
半袖Tシャツの人が何人かいたので
暖かいのかと思って外に出たら
気温は10度しかなかった。
アメリカ人だなあ。

個室の上下横が隙間だらけで
ふたに座ったかと錯覚するくらい
便座が大きい空港のトイレに入ると
ああ、アメリカに来たんだなあと実感する。

旅は始まったばかりである。
[PR]

by arizonaroom | 2014-11-21 09:07 | | Comments(0)