歯医者

 食事をしていたらガチっと何か硬いものが!

 かぶせてあった冠が取れた!
のではなく、歯ごととれてしまったのだった。

 さっそく、かかりつけの歯科医へ。

 歯科医はレントゲン写真を見るなり
臨終を告げる医者のような暗い声で

 「もうこの歯は抜くより仕方ないですね。」
と厳かに告げたのだった。

 「今日は抜きませんが。」

 その後のしばしの間。

 な、なんなの?この嫌な沈黙は?
とうとう私も入歯?

 しかし、歯科医の第2声は意外に明るい声で
「でも、両隣の歯は問題なさそうなのでブリッジができます。」と。

 とりあえずホッ。
 
 帰り際、
 「もう、歯が悪くて本当に悲しい。」と私が言うと
歯科医は
「私も歯を抜くのはつらいです。」と。

 なんとも優しい昔気質の医師なのであった。


 ああ、また当分歯医者通いだ・・・。


 
 
[PR]

by arizonaroom | 2015-03-25 23:42 | 日常&雑感 | Comments(0)