サンクスギビングの後

 帰国に向けてフェニックスからサンフランシスコに飛んだのは
サンクスギビングの後の日曜日の午後9過ぎである。

 予約した時には何も考えていなかったが
これは大きな間違いだったと後で気が付いた。

 感謝祭のために遠く離れた家族の元を訪れていた人達が
戻る時間帯なのである。

 空港は恐ろしいほどの込み具合。
セキュリティの列は見たことがないほどの長さであった。
いつも通りぎりぎりに来た人はかなり焦ったことであろう。

 私たちはかなり余裕を持って来ているので
乗り遅れるかもという心配は全くなかったけれど
それでも、この長い列にはかなりのストレスを感じてしまう。
今後、サンクスギビングの直後の帰国は避けようねと
ふたりで誓ったのだった。

  ちなみに同じ理由でクリスマスの帰省も避けている。
(プレゼント交換も面倒だというのもあるが。)

 飛行機はもちろん満席で
スタンバイの人も無理である。

 国内線のみの利用者はチェックインの荷物が有料なので
ほとんどの人が大荷物を持って歩いている。
中にはそれって違反では?と思えるほどの大きさの人も。

 さすがに搭乗口では係り員が「今回は無料で預かります」と呼びかけていた。

 この混雑のせいかどうかはわからないけれど
私のスーツケースはサンフランシスコに
置き去りにされてしまい
1日遅れで「帰国」したのであった。


 
[PR]

by arizonaroom | 2015-12-08 23:25 | | Comments(0)