スーパーで

 スーパーで買い物をしていた時のこと。
レジで「923円です。」と言われたような気がしたので
1023円渡した。
 表示は1028円に見えたけど乱視だし
レジの人もそのまま受け取ったので
たぶん3円なのだろうとあまり深く考えずにいた。

 まもなくおつりがじゃらじゃらと来た。
あれ?100円のはずなのに?と思い
表示金額を見ると928円。

 5円玉あったのに。
小銭を処分するはずがまたさらに小銭の山になってしまった。

 まあ、私がうっかりだったのが一番の原因だけど
何事もなかったかのように
済ましておつりを渡すレジの人もレジの人。
ちなみに学生ではなくれっきとした中年女性。

 まず3円と8円を聞き間違うことは稀である。
彼女は確かに3円と言ったのである。

 まあ、仮に私が聞き間違えたとしよう。
1003円、あるいは1033円ならともかく
1023円を出した段階で
私は明らかに勘違いしているのだとわかる。

1円玉はもらわないですむけれど
10円玉は出したものより多く戻ってきてしまうのだから。


どうしてそこで「お客様あと5円か10円ありますか?」と
聞いてくれなかったのだろう。

 そしておつりを渡す時
私だったらそこで一言言うな。
「すみません、逆に小銭が多くなってしまいましたね。
こちらもうっかりしてしまいました。」とかなんとか。

 別に怒ってはいないけれど
ちょっと驚いた出来事だった。


 
[PR]

by arizonaroom | 2016-09-04 23:17 | 日常&雑感 | Comments(0)