自転車

 幅が5メートルほどの道路でのこと。
私が自転車で左側走行をしている時
反対側からななめに私の側に横切ってきた自転車親子がいた。

 母親と小学校低学年くらいの男の子である。
彼らは私と逆方向に走っているので
右側走行をすることになる。

 まず母親が横断し、その後を息子の自転車が付いてくる。
と、息子はいきなり私の前に飛び出してきたので
こちらもブレーキを踏み止まった。

 それを見た母親は息子に怒鳴りまくった。
 
 「何危ないことをしているのよ!」
息子「ママの後を付いてきたんだけど。」

 「ちゃんと前を見なさいって言ってるでしょ!」

 しかし、危ないことをされた私の目を見ることもなく
謝るでもなく、ただひたすら
息子を罵倒し続けている。

 若いお母さん、
私は一言言いたかった。

 「右側走行しにななめ横断したのはあなたでしょ。
子どもは前に行く親しか見えず、ひたすらついていくのは当たり前。
子どもを危険な目にあわせ、他人を危険な目にあわせ
まず反省するのはあなたです。」

 もちろん、何も言わなかったけどね~
[PR]

by arizonaroom | 2016-11-20 23:26 | 日常&雑感 | Comments(0)