一応日本人

 今週の始めに財布を落として交番に出向いていた時のこと。
私が記入した書類を手元に持ちながら
お巡りさんが電話をし始めた。

 「お名前は○○さんです。」と私の苗字を言う。
相手は「え、外国人?」と聞いてきたのだろう、
「いえ、一応日本人です。」と。

 いちおう?一応って何?

 でも、自転車で走って来て大汗をかいていた私に
タオルを差し出してくれた優しいおまわりさんだったから
全然気にしない。

 私の名前の漢字についても電話の相手に聞かれ
りっしんべんなのに、こざとへんです、なんてとんちんかんな返答をしていたのも
ぜーんぜん気にしない。
 
 日本のよいところは、交番が至る所にあり、
落し物を届けやすいシステムになっているところ。


 ちなみに、今回私は、落ちていたという場所に一番近い交番に行ったのだが
届いていたのは別の交番だったようである。
そして、落し物は、交番では保管せずに
あっという間に警察署に送られてしまうということも学んだ。

 ともあれ、こんな年末に、保険証やクレジットカードの再発行に
走らなくてすんだのは本当にラッキーであった。
 
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-17 00:16 | 日常&雑感 | Comments(0)