トマトの缶詰

 ピザソースや煮込み料理で
よくトマトの缶詰を利用する。

 いつも原産国をしっかり見て購入するのであるが
実はイタリア産と書いてあっても
トマトは中国からの輸入かもしれないということを
ちょっと前に知った。

 イタリア産のトマト缶はけっこう出回っているのだが
その数はイタリアでのトマトの収穫高をはるかに上回っているのである。

 加工食品に野菜の産地の表記は義務付けられていない。

 つまり、安いイタリア製のトマト缶のトマトはイタリア産ではなく
かなりの確率で中国産なのである。

 トマトは中国からイタリアに渡り、そこで加工され
再びアジアに戻って来ていたのである。

 他にもきっとそういうものはたくさんある。
中国には悪いけど、ちょっとショックである。
[PR]

by arizonaroom | 2017-06-18 23:01 | 日常&雑感 | Comments(0)