アメリカの硬貨

f0037623_23435526.jpg

    左から50セント、25、10、5、1
 

 アメリカの硬貨ほど外国人に不親切なものはない。
何しろ数字がはっきりと書いていない。

 いや、今5セントをしみじみ見てみたら
小さく「five cents」と書いてあった。
だけどはっきり言って非常に読みづらい。

 その点は日本の硬貨は実にすばらしい。
硬貨全体に大きく算用数字が書かれていて
事前に学習する必要がまったくないのだから。

 アメリカのは算用数字が書かれていない上に
10セント硬貨が1セントや5セントより小さかったりするので
始末が悪い。
(まあ日本の50円硬貨も小さいが。)

 硬貨にはそれぞれ名前(ニックネーム)がある。
1-penny,
5-nickel
10-dime,
25-quarter
50-two bits or half dollar

25と50はそのままであるが
いきなり「ダイム」などといわれても
外国人は困ってしまう。

 アメリカで買い物をしていた時
ショップキーパーが言っていた。
「この間、スウェーデン人のお客様がみえた時
アメリカのお金って本当にわかりづらいってことに
初めて気がついたわ。」
 
 そう、アメリカ人はちっともわかっていなかったのだ。
外国人がいかに苦労しているかを。

 お札もそうだ。
日本のお札はそれぞれがはっきり特徴があって
間違えるということはないが
アメリカのお札は数字こそ書いてあるものの
外見はどれも似たり寄ったり。
これが世界で1番流通しているお金とは
驚いてしまう。

 硬貨がわかりづらいと
ついつい札を出してお財布が膨れてしまうことになるので
アメリカに行く前にぜひコインの予習をお勧めしたい。

 
[PR]

by arizonaroom | 2007-07-20 23:43 | | Comments(0)