2007年 11月 02日 ( 1 )

旅行の写真

 まだデジカメがなかった頃、
海外旅行にはいつも36枚撮りのフィルムを
10本持って行っていたものだった。

 最初の2日間は見るものすべてが珍しく
郵便ポストのようなものまで撮りまくり
1日で1本のペースなのだが数日経つと
さすがに目もだんだん慣れてき、
シャッターを押す回数も減っていくのであった。

 旅は3度楽しめる。
計画を立てている時と
旅の最中、
そして帰宅後に写真を見る時だ。
朝フィルムを出し、夕方出来上がるまでの待ち遠しさは本当に格別だった。

 今は、その3度めの楽しみがなくなったような気がする。
撮った瞬間にその写真を確認できるからである。

 そのかわり、写真がうまく撮れていずにがっかりすることもなくなった。
メモリカードだから遠慮なくバンバン撮れるので
撮った枚数も駄作もケタ違いである。

 今回のマレーシアではほぼ全員がカメラを持っていた上に
私も含め、何人かはCDに入れて友人たちに配ったので
私の手元には数百枚という、たった5日間の旅とは思えないほどの写真が残った。

 ブログを始める前は写真は、ただ自分の思い出のためにだけ撮っていたが
今は「見せる」ことと「記録を取る」という2つのミッションが加わったので
被写体も撮り方もだんだん変わってきたような気がする。
メモリカードなので駄作も恐れず撮りまくり、結果としておもしろいものも増えてきた。

 こういうのも時代の変化というのだろうか。
[PR]

by arizonaroom | 2007-11-02 23:54 | | Comments(0)