2011年 12月 28日 ( 1 )

柿の種

f0037623_2234234.jpg


 アメリカにお土産(というほど大したものではないが)として
持っていくスナックは
コアラのマーチにポッキー、そして義母の好物かりんとうなどである。

 大味なアメリカのスナックと違って
きめ細やかな日本のスナックはけっこう評判がよい。

 その中でも最近のヒットはカキノタネであった。
あの手の辛さはけっこう癖になるようであっという間になくなった。

 このカキノタネ、実はアメリカにも売っていることを知った。

私と夫はこの柿の種のわさび味にはまっているのだが
ワサビ味のものもけっこう人気である。

f0037623_2293493.jpg


 その昔、近所に日本人(夫)とアメリカ人(妻)のカップルが住んでいた。
当時2歳の息子がいて、これがけっこうやんちゃで
お母さんの言うことをちっとも聞かないのである。

 そのお母さん、甘やかしているどころか、けっこう厳しくて
オイタをする息子へのお仕置きのひとつに
唇にわさびを塗るというのがあった。

 彼女の車に乗せてもらっていた時のこと。
後部座席で大暴れ(といってもシートベルトにくくりつけられているのだが)する息子に
仕置きをするために
車を脇に停め、後部座席に向かうお母さん。
そんなお母さんを見て泣き叫ぶ息子。

「ノー、ワビ!ノーワビ!」(わさびと言えない)。
「じゃあ、もう悪さは止めるわね?」
(泣きながら)「No!止めない!」

・・・・どっちもどっちである。

 そんな彼も今はアメリカで優秀な高校生になっているとのことである。
[PR]

by arizonaroom | 2011-12-28 22:24 | 異文化 | Comments(2)