2017年 04月 19日 ( 1 )

乗り継ぎ

今回、アメリカからの帰国便は
アメリカン、マレーシアなどとの共同運航便のJALだったことは前に書いたが
書き忘れたことがひとつあった。

 アメリカンの国内便が少し遅れてロサンゼルスに到着。
広い空港で国際線に乗り継ぐために
空港内を歩き始めたら、JALのスタッフが
成田行きのボードを持って「立っているのを発見。
私たちが乗っていた国内線の到着を待っていたのだった。

 彼女はそこで、その便に乗っていた成田乗り継ぎ客の名前を呼んで
全員いることを確認して、私たちを出発ゲートまで誘導してくれたのである。

 乗り換えは何十回も経験しているけれど
誘導してもらったのは初めてなのでびっくり。

 JALだからなのかな?
それとも飛行機が少し遅れていたから?

 そういえば昔、国内線が大幅に遅れたため
ロサンゼルス空港内を国内線ロビーから
国際線ロビーまで走ったことがあった。
あれはノースウエストだった。

 到着したとたん、
「成田行きのお客様はお急ぎください。
他の乗客の方は成田行きの方を優先させておろしてください。」
と機内アナウンスが。

 「走れ」と言われたかどうかは覚えていない。


 成田行きの乗客全員で走ったけれど誘導はなく
先頭を走っていた乗客がたまたま
空港マップに詳しく助かった。
ゲートに着いた時には、もう成田行のサインボードは
降ろされていたというきわどさである。

 乗客は間に合ったけれどスーツケースは間に合わず(当然かもしれないが)
翌日の便で戻ってきた。

 無料の宅配でラッキーではあった。

 

 
[PR]

by arizonaroom | 2017-04-19 23:42 | | Comments(0)