2017年 08月 10日 ( 1 )

視力その3

 白内障のレンズは以前は単焦点しかなく
近視を矯正してしまうと近くが全く見えなくなってしまっていたのだが
最近は多焦点レンズというものが出来てきた。
でもこれは保険が効かない。
そして、これも人によって向き不向きがあるようである。
さらなる検査も必要だ。

 保険が効かないというだけではなく
人によっては乗り物酔いのような感じになるらしいと聞いて
三半規管の弱い私は、迷わず単焦点にした。
年取れば皆老眼になるんだし。

 医師が言う。
「乱視だけ矯正して、近視は少し残しましょう。
程よい近視だと本も読めます。」
 この先生、「程よい」という言葉がお好きなようで
この後も「程よい」を乱発する。


 より正確な検眼をするために私は10日間、
コンタクトをはずし、メガネだけで生活した。
そして、たぶんこの先
左目にコンタクトレンズが入ることは
一生涯ないのである。

 程よい近視か・・。
どんな感じになるのだろう。
あまり遠くが見えないのは嫌だけど
本が読めないのもなあ・・。
まあ、いずれにせよ、まだ右目があるし。

 と、私は手術についてはそれほど深刻には考えていなかった。

 それより問題は術後である。
この暑いのに1週間洗髪禁止、そして1週間化粧ができない。
こちらの方が大問題だ。
(続く)
[PR]

by arizonaroom | 2017-08-10 23:46 | 健康 | Comments(0)