2017年 09月 30日 ( 1 )

愛なき世界

 読売新聞に連載されていた三浦しをんの「愛なき世界」が
とうとう終わってしまった。
 藤丸くんを始め、あの愛すべき登場人物たちと会えなくなってしまうのが
とても悲しい。

 T大の生物学の研究者たちと近くの洋食屋の料理人との交流を軸に
話が展開していく。
悪い人は一人も出てこず、皆不器用で純粋でどこまでもひたむき。
そして誰もがちょっと変人。

 何を隠そう、アメリカに出かける前に有料の読売オンラインプレミアムに
加入したのも、この小説をアメリカで毎日読みたいためだったのだ。

 私の思うような終わり方ではなかったけれど
でも読後感はさわやかさだけが残る。

 続編は無いと思うけれど、またどこかで
彼らと会いたいなと切に思うのである。

 
 
[PR]

by arizonaroom | 2017-09-30 23:30 | 映画&TV&本 | Comments(0)