豪雨

 ものすごい暴雨の時に出かけなければいけなかった。
 
 外を歩いていル人はほとんどいないあ。

 驚くのはあちこちから水が流れでているということだ。

 コンクリで大きなストリートなのに
たった5分であっという間に道路も歩道も水の中に陥没してしまった。

 そして私の足は水たまりというにはあまりにも深すぎる水の中に
足首まで沈んでしまうのである。

 これは大雪よりひどいレベルである。
たったの5分でこんなになってしまったのだ。

 
 脆弱な都市の構造をあざ笑くかのように
水は勢いよく踊り出していく。

 そしてその後のケロッと変わる天気。

 もう日本は温帯ではない、亜熱帯なのである。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-25 23:43 | ニュース | Comments(0)

今日のグレイス

f0037623_20594613.jpg


グレープフルーツ寒天ゼリー
f0037623_2105825.jpg


ヨーグルトチーズケーキ
f0037623_211407.jpg


柚子シフォン
f0037623_2121569.jpg


 梅雨も明け(というより梅雨ってあったっけ?)
本格的な夏の到来である。

 この暑さでは家から出るのも大変。
ということでいつもより静かなグレイスである。
f0037623_2145487.jpg


f0037623_2151116.jpg


f0037623_2183089.jpg

[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-24 21:07 | 喫茶室グレイス | Comments(0)

You tube

  もういい加減にうんざりしていたはずなのに
今お騒がせ中のあの女優のYoutubeの英語バージョンが出たと聞いて
ついつい恐い物見たさで見てしまった。

 力んで話しているせいか、発音の間違いが耳につくが
(冒頭のhusbandの最初の母音からして違ってる。)
話慣れた人の英語である。

 自己紹介、自己PRも交えながら
例の主張と暴露をここでも繰り返し
自分は大きな組織と戦っていると
SOSを繰り返す。

 最後の締めくくりは
「日本は素晴らしい国です。ぜひいらしてください。」って

 いったい誰に向かって発信しているのだろう。
このビデオを見た人は日本を素晴らしい国とは思わないと思うけど。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-23 23:21 | 映画&TV&本 | Comments(0)

連名でFacebook

最近、アメリカの夫の身内が何組も夫婦連名でFacebookのアカウントを作っている。
夫婦の年齢は20代から90代(!)までさまざまだ。

 確かに、家族同士で写真を見せたり近況を投稿したりするだけなら
その方が便利である。

 でも、見るのは家族だけではない。

 私は夫と共通のアカウントというのはちょっと勘弁である。


 なぜなら、それぞれに夫婦別々の友人たちがいるわけだし
夫の意見や見解にすべて同意しているわけではないし。

 こう思っているのは私だけではなく
ほとんどの日本人がそうだと思う。

 アメリカは個人の国だと考えられているけれど
ヨーロッパよりキリスト教の影響が強いからなのか
夫婦はひとつという考え方が、たぶん日本より根強いのである。

 もしかしたら、その「夫婦はひとつ」という思想が
彼らに一種のプレッシャーを与えているかもしれないが。

 90代の夫婦はともかく、20代、30代の夫婦は
そのうち共通のアカウントを後悔する日がくるかもしれないな。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-22 23:52 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

「彼女は英語が話せなかった」

 トランプ大統領がG20の晩さん会で隣に座った安倍昭恵首相夫人が
「ハローすら話せず、会話ができなかった。」と発言した件について。

 その後、アメリカのマスコミなどで
「彼女は本当は英語が話せるけど(英語でスピーチをしたことがある)
話せないフリをした。」とかいろいろ言われているけれど
まあ、そのあたりの真実は置いておいて

 私はアメリカ人などの英語母国語の人に
非英語圏の人が「英語が話せない」などと
言われるのは大変心外である。

 確かに今は英語はナンバー1の国際語になっていて
英語が話せないと外国人同士の意思疎通は困難である。


 でも、アメリカ人にはそれを指摘されたくない。

 あなたたちが英語を話せるのは、
英語が国際語だったからではなく母国語だからでしょ。
たまたま共通語と母国語が一緒でラッキーだっただけでしょ。
人の英語の下手さを指摘する前に、あなたたち、他に話せる言語あるの?

 「彼女は英語が話せないし、僕も日本語話せないから
 会話ができなかったよ。」くらい言ってほしかったな。

 日本に住んでいる、英語ネイティブの人たちよ。
「日本人は英語が下手だからなかなか大変で、」と
愚痴る前に、もう少し日本語を勉強する努力をしてください。
非英語圏の人たちは、もう少し日本語が上手です。

 日本人たちよ。
外国人に話しかけられて
「英語下手ですみません。」と謝らなくていいんですよ。
ここは日本なんだから。

 とは言うものの
やっぱり英語は話せた方が絶対にいい。
どんなに開き直っても、英語が国際語であるのは歴然とした事実である。

 英語が話せないから黙ってしまったという状況だけは作りたくないと
私は思う。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-21 23:34 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

懐石

f0037623_23555384.jpg


 親せき宅でいただいた赤坂「有職」の茶懐石寿司御膳。

 日本人に生まれてよかったと思うひととき。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-20 23:57 | ショップ&レストラン | Comments(0)

テイク2

 出かける前に、何気なく見ていたワイドショーだったので
しっかりと見ていたわけではないが
サッカーに関するツイートで世間を騒がせた国会議員の浪速のエリカさま。

 その取材で驚いた。

 何がいけないの?という感じのエリカ様の発言の横で
公設秘書が「ちょっとそこでは謝罪をしないと・・」と指南しているではないか。

 その後テイク2として本人の神妙な謝罪。

 でも、そこはエリカ様、またまた本音炸裂。
と、そこで先ほどの秘書が登場しさらなる指南。

 またまたテイク2で神妙な発言のエリカ様。

 これで、この人が議員に向いていないのは本当によくわかった。

 でも私の驚きはそこではない。

 驚きの対象はテイク1、テイク2両方を
そのまま流してしまったフジテレビである。

 秘書は当然テイク2のみを放映するのだと思っていただろう。

 結果、
下手なコメディー番組よりはるかに面白いものが出来上がってしまった。
全部流されるのがわかっていたら秘書もあんなことはしなかったであろう。
 (ちなみにネットではささやき秘書と呼ばれている。)


 全部流されたために露呈してしまった真実。
フジもエリカ様だから大丈夫(どこからも圧力は来ない)だと
やってしまったのだろう。

 昔、某総理大臣が「新聞はうそつき、テレビは真実を放映してくれる。」と
言っていたが
テレビだって発言を編集してしまえば真実は封印されてしまうということが
本当によくわかる出来事であった。

 通常、本音はテイク1にある。
 でも、私たちは取り直しのテイク2、テイク3だけを見せられて
それが真実だと思い込まされているのである。







 


 
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-19 22:33 | 日常&雑感 | Comments(0)

夫の手術その3

 入院の当日、書類一式を持って窓口へ。

書類をパラパラとめくって確認していた窓口係りの女性がおもむろに聞く。
「限度額適用認定証は?」
「??ありませんが。」

 「申請されないんですね。」と了解顔になる窓口係。
「はい。」と答え、急に不安になり
「それは何ですか?」と聞いてみた。

 何しろ、連帯保証人が必要だということを
前日の晩に知った私である。
入院手続きのパンフレットをしっかり読んでいなかったのだ。

 もちろん、国民保険には支払い限度額があるのは知っている。
でも、お知らせと手続きは支払った後からであり
とりあえず3割は先払いするという方法しかないのだと思い込んでいた。

 それが、この認定証さえあればその分を差し引いて払えばいいのである。

 「それはいつまでに持って来ればいいのですか?」
「金曜日までです。」

 あさってだ!
この日は実家に泊まるつもりだった。

 間に合わないかも。
まあ、先に3割払って後で戻してもらえばいいか。
クレジットカードで払えるんだし。

 と、気軽に考えて実家に向かった。

 ところで、その3割っていくらくらいなんだろう。
と、電車の中でネットで検索してみたら

 に、200万円!

 にひゃくまん。
そんなに高い手術だったのか!
クレジットカードの限度額をはるかに超えている!

 その時はパニックモードでその3割だということには思い至らず
認定証が金曜日までに提出できなければ
土曜日に200万払わなければいけないのだと思い込んでしまっていた。

 こりゃ大変、実家では遅い昼食を食べ、2時間あまりで退散し、
病院にとんぼ返り。夫が保険証を持っていたので。

 市役所のHPで必要な書類を揃え、木曜の朝一番で市役所に行き
めでたく認定証をゲット。
手術前の夫には会えなかったけれど
(夫との意思疎通に不安な看護師が私に来てほしいようだった。)
無事に窓口に提出できたのだった。


 ホッと一息。


それと同時に、病院関係者の誰も手術費のことを教えてくれなかったことを思い
ちょっと複雑な気持ちになった。

 妹たちからは「普通、自分から最初に聞くでしょ。」とあきれられたが。

 「200万と高額な手術ですが、認定証を役所から取り寄せて提出すれば
 10万とちょっとですみますよ。」となぜ言ってくれなかったのか。
(自分で調べろって?スミマセン。)
 窓口も「申請しないんですね。」と納得しないでよ。
 どう見ても金持ちには見えないでしょ。
 勘違いしているのは明白でしょ。
 

 それにしても、日本の保険システムのなんとすごいことか。
アメリカよ!これが国民保険とういうものなのだよ。

 それと同時に、なぜ国民保険が大赤字なのかというのも
これでよくわかった。

 もう、保険税が高いなんて文句は言いません。
有難く払わせていただきます。
 (私は社会保険だけど・・。)
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-18 22:54 | 健康 | Comments(0)

今日のグレイス

f0037623_21592162.jpg


クランベリーヨーグルトシフォン
f0037623_2212499.jpg


ガトーバスク
f0037623_222184.jpg


スパイスケーキ
f0037623_222292.jpg


後から出した米粉のカフェオレシフォン
f0037623_2242258.jpg

f0037623_2244918.jpg


 猛暑日で三連休の最終日。
果たして、お客さまは多いのか少ないのか予想が難しい。

グループホームの方々はいつも通り。
小さなお子さんもちらほら。
f0037623_226577.jpg


わ!暑いのに!
f0037623_2274020.jpg


後半も和やかに。
途中でケーキが少なくなったので冷凍しておいた予備のカフェオレシフォンを解凍。
f0037623_22102550.jpg

[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-17 21:57 | 喫茶室グレイス | Comments(0)

夫の手術その2 費用

 夫は国民保険に加入していて、それには療養費の上限があるのを知っていたので
手術代についてはそれほど心配していなか、った。

  この手術を勧めてくれた最初の病院の医師も、
ここの病院の医師も入院カウンセラー?も
誰も費用のことは言っていなかったし。

 それでも、後で返って来るのしても最初は3割払わなければいけないので
入院の説明を受けている時にいくらくらいか聞いてみたら
窓口で聞いてくれと。

 でも窓口では計算しますので少しお待ちくださいと言ったきり
ちっとも教えてくれない。

 別に計算してくれなくてもいいのである。
10万くらいか、30万くらいか、おおよそでいいのである。
暫く待ってみたが音沙汰が無いので
「この後、仕事があるので帰ります。」と言って帰ってしまったのだった。

 あまりにもこの手術に無知だった私はクレジットカードで払える金額だと
勝手に思っていたのだった。
 (火曜日に続きます。)
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-16 23:44 | 健康 | Comments(0)

夫の手術・入院その1

 夫が3泊4日の手術入院から帰ってきた。
 不整脈(心房細動)があり、脳梗塞のリスクは現在のところほぼゼロだけれど
将来的には薬に頼る生活になるとのことで
カテーテル手術を勧められており
この度、一大決心して手術に踏み切ることにしたのである。

 日本での手術入院は初めて。
というより入院経験自体ない。

 私はずいぶん前に入院経験があるが
時代が違うからなのか、病院によってなのか驚くことがたくさんあった。

 預り金を入れる必要がない。   
 大部屋でも窓側は有料。
 食事用のスプーン、フォークは持参。
 バスタオル持参。
   シャワー用かと思い、
   未使用のブランドタオルを渡したら、手術の時に使用したらしい。
   衛生的に大丈夫?と思ったけれど
   麻酔を打たれた夫の話なのでよくわからん。
 紙おむつ 
   本来のおむつの目的ではなく手術の時の血液の汚れ防止のため。

 けっこう合理的というか無駄がない。
  (続きます。)
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-15 23:19 | 健康 | Comments(0)

ヒアリ

 とうとう横浜港まで!
500匹以上見つかったということは
もっといるということだ。

 繁殖力の強さには恐れ入る。

 問題は猛毒だけではない。
今いる日本の蟻を駆逐してしまう恐れがあり
それが大きく生態系を変えてしまうかもしれないということだ。

  駆除をするといっても恐ろしく根気のいることだろう。
今後の経過を注意深く見守りたい。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-14 23:23 | ニュース | Comments(0)

通訳

 アメリカでは外国人が患者として病院に来た場合
病院側が必ず通訳をつけなければいけないそうだ。
そのように法律で決まっているのだとか。

 対する日本には通訳はおろか、英語を話すスタッフが極端に少ない。
だから、外国人の友人たちが病院に行く必要が出来た時
日英を話せる友人たちが、手分けして一緒に病院に行く。

 でも、あるアメリカ人の友人は絶対に日本人の夫を連れて行かないそうだ。
なぜなら、医師は安心して早口で夫にだけ彼女の病状を説明してしまう。

 後で夫にその内容を聞くと、夫は見事に忘れているというか聞いていない。

 だから彼女は一人で病院に行く。
ちなみに彼女は必要最低限の日本語はできる。
外国人ひとりだと、先生もゆっくりと話す。
そして理解できないところは彼女も質問できる。

 その方がすっきりわかるのだそうだ。

 なるほど、そういうものなのかもね。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-13 23:41 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

スマホのGPS

 スマホのGPSにはいつも驚かされている。
8階建てのビルに入った時、
なぜ私が7階のクリニックに行ったとわかるのか、
雑居ビルの中の数あるレストランのうち、
なぜ私が実際に利用したレストランがわかったのか
私にはまるで理解できない。

 でもそんなgoogleもたまに大幅に外す時がある。

 たとえば今日私が利用した多摩モノレールが
まったく反映されていない。
 立川近辺から玉川上水までがしっかり空白になっている。

 また帰りの南武線だけやはり反映されていない。

 徒歩が車移動になっていたりして。
おいおい、そんなに私は早歩きだった?

 やはりすべてがわかるわけではないのだ。

 でも、勝った負けたと無邪気に喜んでいていいわけはない。

 この私の行動はすべてどこかのコンピューターに貯蔵されていて
プロファイリングの助けになっているのである。

 たぶんこんなところからテロリストの異常な行動が
あぶりだされたりするのだろう。

 恐ろしい時代になったものである。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-12 21:18 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

年賀状

  実は先日ようやく年賀状の当選番号をチェックした。
予想通り切手が数枚。

 もうそろそろ交換日が終わってしまうのだが
なかなか郵便局に行く気になれない。

 毎年こうやって交換しそびれる私なのである。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-11 23:18 | 日常&雑感 | Comments(0)