カテゴリ:ニュース( 562 )

パワハラ暴力議員と政策秘書

 いい年した女性が「このハゲー!」怒鳴るのは言語道断だし
あの録音を聴く限り、
彼女の人格、あるいは精神状態は普通ではないということもわかるので
彼女の部下たちがどんなミスをしでかしたかは
重要な問題ではないというのは百も承知である。


 でも、40枚以上の誕生日カードの宛名と中身を間違えたって
ちょっとありえなくない?

 これは不注意とさえ言えないレベルのミスである。
小学生レベル、いや、小学生だってきちんとできる。
自分を陥れるつもり?と代議士が思ってしまうのも無理はないと
さえ思ってしまうようなミスである。


 もちろん、最初に述べたように
暴力暴言は問題外であるし、彼女のしたことは許せることではない。

 ただ、コメンテーターたちが誰もここを突っ込まないでスルーしてしまうのが
ちょっと不思議なのである。
[PR]

by arizonaroom | 2017-06-25 23:49 | ニュース | Comments(0)

同胞愛

 韓国が平昌五輪のスキー競技を
南北共催でやることも検討しているというニュースを読み驚愕した。

 今このような時勢でも、韓国にとっては
北朝鮮はやはり身内、同胞なのである。

 そういえば、北朝鮮のミサイルを懸念している人の割合は
韓国より日本の方がはるかに高いのだということも
新聞の調査であきらかにされたばかり。

 日韓米でどんなに共闘していても
韓国の人たちの心は同胞愛と悲しみ、憤りで
激しく揺れ動いている。

 それは、敗戦しても、
運よく分断を免れた日本人には決してわからない感情なのかもしれない。

 
[PR]

by arizonaroom | 2017-06-23 23:55 | ニュース | Comments(0)

都民ファースト

 都議選がいよいよ公示される。
今日も候補者のチラシがポストに入っていた。

 が、びっくり。
二人の候補者が都民ファーストだったのだ。

 一人は元、民主党の現職の都議。
もうひとりは市議だった人。確か自民だったはず。

 両者とも小池知事とのツーショット写真を堂々と掲載。

 「私たちが東京大改革をすすめていく。」
 「ともに手を取り都政の大改革へ」

 「さまざまな知事と接してきましたが自ら支えたいと感じた知事は初めてです。」


 御二方は過去とは完全に決別したらしい。
これが渡世っていうものかしらね。
なんてったって都政の大改革だから。
(わ!おやじギャグ)




 
[PR]

by arizonaroom | 2017-06-22 23:02 | ニュース | Comments(0)

国会と皇室

 CNNで英国議会の開会式を中継を見た。
国務長官らが古式ゆかしいスタイルで式は粛々を進み
そこにエリザベス女王が皇太子と一緒に登場(エジンバラ公の体調がすぐれないので)、
開会宣言の後に政府の施政方針を演説するのである。

 それはメイ首相かその側近が書いたものだと思う。
かなり政治的に突っ込んだ内容で
女王陛下が、とちょっと驚いてしまった。

 日本でも天皇陛下が国会の開会宣言をするのは同じだが
政治的な内容のお言葉は絶対にされない。
かなり中立的で無難なおことばである。
それでも共産党は過去に天皇のおことばを政治的だと批判し
欠席したりしていたけれど。

  ちなみに、英国では北アイルランド系の議員は
女王陛下に忠誠を誓っていないので
開会式には参加しないとのことであった。

 
[PR]

by arizonaroom | 2017-06-21 23:26 | ニュース | Comments(0)

天皇の退位

 天皇陛下の退位を認める特例法が成立したけれど
退位の時は2018年12月が有力だという。

 やっぱり今年の年末とはいかないようで。

 でも、そんなに準備期間が必要なのだろうか。
もうずいぶん前にご意向を示されているのだから
もう少し配慮を持って速やかに準備をして差し上げればいいのにと思う。
[PR]

by arizonaroom | 2017-06-10 23:28 | ニュース | Comments(0)

被曝

  私たちは、東日本震災で原子力発電の恐さを
まざまざと見せられ、
その後の後始末もなかなかはかどらないことも知っている。

 そして今回の研究所での被曝。

 これだけ危険なものなのに
さまざまな理由から
なかなか全廃には至らないようで。

 電力の供給不足に伴う混乱、代替エネルギーが地球を汚す、
コストパフォーマンスの良さ、、経済の停滞とか、
生活を昔に戻せないなど
いろいろ理由があるのはわかる。

 それらの理由が被曝のリスク、はたまた人類滅亡のリスクより
上回ってしまうのが現代なのだろうか。

 作業員一人から2万2千ベクレルのプルトニウムが検出された、
1年間に1・2シーベルト、50年で12シーベルトの内部被曝をする値で、
過去にこれほどの内部被曝をした例は、国内ではないと発表しながら
「急性の放射線障害が出るほどではない」と締めくくっている。
  
 このコントラストって何?
こんな恐いことを発表しながら、でも大丈夫と安心させている?

 私たちも、もう少ししっかり目を開いていかなければいけないと思う。
[PR]

by arizonaroom | 2017-06-07 23:27 | ニュース | Comments(0)

ごみの有料化

 とうとう、うちの地域もゴミが有料化になる。
まあ、何年も前から検討されてきたことだけど。
40リットル10枚で800円だから1枚80円。

 プラゴミは40リットルで10枚400円。

 指定のごみ袋に入れないと持って行かないとのことだが
集合住宅だと、よそから違法に捨てに来る人がいそうである。

 ともあれ、断捨離するのは今の内だ。
がんばらなくちゃ。
[PR]

by arizonaroom | 2017-06-04 23:54 | ニュース | Comments(0)

その程度の国?

 「その程度の国ですよ。」って
そこまで言うかー。

 いや、思うのは勝手だが、
そんなことを一国の財務相が公の場で言っちゃだめだって。
元・総理でもあるし。(あ、これはもう忘れている人も多かったりして。)

 もう少し建設的な批判ができないかな。
まあ、「たばこと肺がんって関係あるの?」なんて大真面目に発言する人だからな。

 
[PR]

by arizonaroom | 2017-06-02 23:30 | ニュース | Comments(0)

自民たばこ議員連盟

 完全禁煙の飲食店の売り上げが伸びたという。
大変喜ばしいニュースである。

 それなのに自民のたばこ議員連盟は
まだごたごた言うつもりなのであろうか。

確かにたばこは合法的な嗜好品である。
愛煙者には吸う権利はあるのであろう。

 でも、煙の害が他人にも害を与えることが明らかな今
飲食店の全面禁煙でごねているのはみっともない。

 たぶん、自分も吸っているからなのだろうが
それより、売り上げ減を恐れる飲食店などから
たくさん陳情が来ているのだろう。

 男は義理人情に弱い。
贔屓にしている店から陳情されると何とかしてあげたくなる。
「よっしゃ、分煙も認めさせてやる。任せておけ。」と
腰を上げてしまったのであろう。

 もちろん、業界からの政治献金などもあるのだろうが。

 その点、女は薄情である。
義理人情より健康が大切。
ダメなものはダメ。

 たとえ愛煙家でもタバコ連盟なんかには入らない。
「そんなの、やっぱ世間的にまずいでしょ。
飲食店でタバコが吸えないのは痛いけど
ここは、静かにしてなきゃ。」と冷静に考えることができる。

 もし、タバコ連盟に女がいるのだとしたら
それは男脳の女なのである。
男になってしまった女なのである。
あるいは、ニコチンに脳を支配されてしまっている女。

 しかし、今日レストランで聞いてしまった。
 女性同士の会話、
「喫煙席にしておいたよ。」
「え、でもあなた達ふたりともタバコ吸わないでしょ。
いいよ、禁煙で。」
「大丈夫。気にならないから。
それより、タバコ吸いに席はずすの大変でしょ。」
「あら、悪いわね、ありがとう。」

 もうひとりの非喫煙者の女性の顔は見えなかったけど
彼女もそれでOKだったのかな~。
ちょっと気になる。
 
  
[PR]

by arizonaroom | 2017-06-01 23:41 | ニュース | Comments(0)

ガールズバー

 14歳の女子中学生を雇って客引きさせた店長が18歳。
そして共同経営者が17再の高校生。

 他にも5人ほど女子中学生の従業員が。


 経営に携わる高校生もすごいが
そこに通う大人っていったい・・・。

 子どもたちも、こういう才能を他で使えばいいのにね。
[PR]

by arizonaroom | 2017-05-30 23:07 | ニュース | Comments(0)