カテゴリ:コンピューター&カメラ( 310 )

連名でFacebook

最近、アメリカの夫の身内が何組も夫婦連名でFacebookのアカウントを作っている。
夫婦の年齢は20代から90代(!)までさまざまだ。

 確かに、家族同士で写真を見せたり近況を投稿したりするだけなら
その方が便利である。

 でも、見るのは家族だけではない。

 私は夫と共通のアカウントというのはちょっと勘弁である。


 なぜなら、それぞれに夫婦別々の友人たちがいるわけだし
夫の意見や見解にすべて同意しているわけではないし。

 こう思っているのは私だけではなく
ほとんどの日本人がそうだと思う。

 アメリカは個人の国だと考えられているけれど
ヨーロッパよりキリスト教の影響が強いからなのか
夫婦はひとつという考え方が、たぶん日本より根強いのである。

 もしかしたら、その「夫婦はひとつ」という思想が
彼らに一種のプレッシャーを与えているかもしれないが。

 90代の夫婦はともかく、20代、30代の夫婦は
そのうち共通のアカウントを後悔する日がくるかもしれないな。
[PR]

by arizonaroom | 2017-07-22 23:52 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

スマホのGPS

 スマホのGPSにはいつも驚かされている。
8階建てのビルに入った時、
なぜ私が7階のクリニックに行ったとわかるのか、
雑居ビルの中の数あるレストランのうち、
なぜ私が実際に利用したレストランがわかったのか
私にはまるで理解できない。

 でもそんなgoogleもたまに大幅に外す時がある。

 たとえば今日私が利用した多摩モノレールが
まったく反映されていない。
 立川近辺から玉川上水までがしっかり空白になっている。

 また帰りの南武線だけやはり反映されていない。

 徒歩が車移動になっていたりして。
おいおい、そんなに私は早歩きだった?

 やはりすべてがわかるわけではないのだ。

 でも、勝った負けたと無邪気に喜んでいていいわけはない。

 この私の行動はすべてどこかのコンピューターに貯蔵されていて
プロファイリングの助けになっているのである。

 たぶんこんなところからテロリストの異常な行動が
あぶりだされたりするのだろう。

 恐ろしい時代になったものである。
[PR]

by arizonaroom | 2017-07-12 21:18 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

親指?人差し指?

 数か月前からスマホ保持者になった母。
その母が言ったことば。

 「電車の中でスマホを打っている人を観察していると
親指で打っている人が断然に多い。
でも私は人差し指の方が打つやすいんだけど。」と。

 確かに。そんなことは考えたことはなかったけれど、
あらためて周囲を見渡すと若者はほとんどが親指である。
かくいう私は人差し指。
なぜかというとスマホを左手で持っているから。

 傍目で見ている限り方手持ちで親指打ちの人の方が熟練者に見え
両手持ち、人差し指派は初心者に見えてしまう。
まあ、統計的にはそうなのかもしれないが。

 でも大きなスマホだと親指では届かず、必然的に人差し指派になった人もいるかも。

 ともあれ、ネイティブスマホ世代ではない私は
長い文章を打つときにはスマホを置き
パソコンに走ってしまう
キーボード派なのであった。


 
[PR]

by arizonaroom | 2017-07-05 23:21 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

スマホのグーグルマップ

スマホのグーグルマップのタイムラインに
私の行動が全て記録されている。

 たとえば、自宅から近所のレストランに自転車で行ったとか。
それもそのレストランの情報付きで。
または、近隣のスーパーで買い物をしたとか。
歯医者に行ったとか。

自転車というのは距離とかかった時間を計算しての判断なのであろう。

 先週、夫のバイクの後ろに乗って
ちょっと遠くの病院に出かけた。
この場合は距離と時間を計算し、
移動手段は車と出るだろうなと思ってみたら
なんとバイクになっていた!

 なんでわかるのだろう。
車が通れないような裏道なんか通っていない。
恐るべし!グーグルマップ!

 でも、駐車場の前で私は下りて
入口まで歩いていったら、
バイクから自転車に乗り換えたことになっていた。
走らずに歩いていたんだけどな。

 ちなみに帰りは車で帰ったことになっていた。

 こんなことで面白がっている場合ではない。

 グーグルにはメールも読まれているし
買い物も、興味があるものも把握されているし
行動範囲も知られている。

 これが今の時代なのである。


 
[PR]

by arizonaroom | 2017-06-06 23:47 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

WannaCry

世界中で猛威を振るったランサムウェア
「WannaCry」に感染したPCの98%は「Windows 7」搭載だった─

 やば!
10にアップデートしてなかったんだよね。

 でもセキュリティ更新プログラムは毎回しっかりインストールしているし
大丈夫かな?

 1回、何のアクションも起こさなかったのにもかかわらず
ランサムウェアにかかってしまった身としては
ちょっと心配。
[PR]

by arizonaroom | 2017-05-20 23:45 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

シニアスマホ

私の周囲では60代後半~80代の人たちが
シニアスマホを使い始めている。
 
 
 携帯会社もスマホは飽和状態なので
上の世代を狙わないと売上は伸びないのかも。
シニアスマホ、シニア割引も最近は充実してきている。

 こうやってみると、
やっぱりガラケーは衰退していく運命なのだろうか。
[PR]

by arizonaroom | 2017-05-18 23:14 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

ランサムウェア

 世界規模のサイバー攻撃であるランサムウェア。
私も忘れもしない2015年12月、アメリカから帰国直後に感染してしまった。

 なぜだかはわからない。
有料のウィルスソフトも入れていて自動的にアップデートもしていたし
変なメール添付もリンクもクリックなど断じてしてはいない。

 ウェブに出てくる広告を見ただけで感染することもあると聞いたが
それが一番怪しいかも。
 そういえばウェブを開いていて
「インストールありがとうございます。」というような
グーグルボックスが出てきたような記憶が・・。
それが、そうだったのかは不明だが。

 その翌日画面が真っ黒だったのですぐに悟った。
デスクトップの背景にファイルに保存している写真を使用していたので
そのファイルに問題が生じたのだ。

 そう、ファイルすべてに鍵がかかっていて
そのファイルごとに「なぜこうなったのか。」という英文の説明が
グーグルのマークと共には言っていた。

 ファイルを取り戻すには早い方がいいので我々に連絡せよというような内容である。

 幸いに、ウィルスの駆除はすぐできた。
でもファイルの鍵は開かない。

 鍵がかかっていたのは写真や文書のファイルすべてである。
例外なくすべてである。
友人たちと共有のdropboxさえ閉じられていた。
幸いにもこちらはすぐ復元できたけれど。

 ファイルや写真はバックアップしていたものもありしていなかったものもありで
けっこう面倒なことになった。

 ちなみに復元ポイントも壊されてしまうので
これも役に立たない。

 結局どうなったかというと
持つべきものはコンピューターに詳しい従弟、
彼が10時間以上かけて40ケタあった鍵の番号の解読に成功、
鍵は見事に開き、文書も写真も復元したのだった。

 先日のランサムウェア席巻のニュースを知り
最近怠っていたバックアップを急いで行った。

 もう2度とあんな目にはあいたくはない。





 
[PR]

by arizonaroom | 2017-05-16 23:23 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

フィッシング

 アマゾンの偽物のサイトが最近よく来ている。
私のアカウントが無効になるというのだが
どうみても 怪しすぎ。

 まずユーザーの名前がメールのアドレスになっている。

 極めつけはネット翻訳。

 3月というべきところを「行進」
 国名のトルコというべきところを「七面鳥」

 確かにどちらもスペルは同じだが
人をだましたいのなら無料の翻訳サイトなんて使うなーつーの・
[PR]

by arizonaroom | 2017-04-20 23:01 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

フィッシング

マイクロソフト安全認証チームというところからメールが来た。
マイクロソフトのプロダクトキーが盗まれたという。

限りなく怪しい。
マイクロソフトと名乗りながら
アドレスはへんてこりんだし
そもそも、宛先である私のこのアドレスは
サブとして使用しているメルアドで
マイクロソフトには登録していない。
しかも名前もアドレスそのものだし。

ということでフィッシング決定。

ついでにちょっと検索してみたら
出てくるは出てくるは。

皆さんもくれぐれもフィッシングサイトに誘導されないように。
[PR]

by arizonaroom | 2017-03-31 14:57 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

タブレット

タブレットは持ち運びに便利だけど
PCほど上手に使いこなせない。

写真の加工も縮小もうまくいかないし。

画面をちょっと間違って触ってしまった結果広告が
いきなり画面いっぱいに出てきてしまったり。

ちなみに夫には私はマウス依存症と言われている。
[PR]

by arizonaroom | 2017-03-30 14:46 | コンピューター&カメラ | Comments(0)