カテゴリ:クリスチャンライフ( 183 )

ターキーチャウダー

f0037623_23552018.jpg
 ターキーの残りでターキーチャウダーを作ってみた。
昨日はホワイトミートでオープンサンドイッチのグレービーソースかけ。

 次はターキーキャセロールかな?

[PR]

by arizonaroom | 2017-12-27 23:48 | クリスチャンライフ | Comments(0)

クリスマスディナー

f0037623_00261800.jpg
f0037623_00263454.jpg

私は年賀状にかかりきりだったので
夫がひとりで全部調理。

いつもより柔らかく仕上がっていた。




[PR]

by arizonaroom | 2017-12-25 23:25 | クリスチャンライフ | Comments(0)

ゴスペルコンサート

 教会で恒例のゴスペルコンサート。
教会の子どもたちやキッズゴスペルのクラスの子どもたちも加わって
豪華なコンサートに仕上がった。

 レイ・シドニーさんは風邪でちょっとハスキーボイスだったけれど
あいかわらずダイナミック。

[PR]

by arizonaroom | 2017-12-17 23:46 | クリスチャンライフ | Comments(0)

チャペルジャズコンサート

 今年も金子健トリオのチャペルジャズコンサート♪。
夫の生徒たちもけっこう観に来てくれていたようだ。

 

[PR]

by arizonaroom | 2017-11-19 23:53 | クリスチャンライフ | Comments(0)

教会夏祭り

f0037623_2343034.jpg

f0037623_23445072.jpg


今年も大盛況。
雨が朝のうちに止んで良かった。
雨のおかげでけっこう暑さが和らいでいたし。
[PR]

by arizonaroom | 2017-07-30 23:46 | クリスチャンライフ | Comments(0)

ポットラック

f0037623_23245231.jpg

 
 多国籍のグループなので持ち寄った料理も多国籍。
今年はインド人がいなくて残念だったわ~。
[PR]

by arizonaroom | 2017-05-23 23:25 | クリスチャンライフ | Comments(0)

91歳

f0037623_0125130.jpg


 所属する教会の初代牧師がアメリカから再来日。
教会が設立されたのはもう50年以上も前で
牧師先生もこの5月にめでたく91歳になられた。

 91歳でこれだけ心身ともにお元気というのはすばらしい。
滞在期間中、2日連続のセミナーの講師を務めたり、
東北などを回られたりと大忙しである。

 本当に神様の祝福の中で生きられている模範のような方。

ちなみにこの誕生日ケーキは、グレイススタッフのひとりが
先生のために腕によりをかけて作ったものである。
[PR]

by arizonaroom | 2017-05-14 23:51 | クリスチャンライフ | Comments(0)

結婚式

 久しぶりに結婚式に出席した。
新郎も新婦も初々しくてかわいらしかった。
新郎の方がちょっぴり緊張していたかな。

 末永くお幸せにね。

 お祝いの席なので、私もちょっとおしゃれして出かけたら
6歳の女の子に「かわいいね。」と
付けていたネックレスを褒められた。
[PR]

by arizonaroom | 2017-01-21 23:33 | クリスチャンライフ | Comments(0)

クリスマスの起源

 12月25日はキリストの誕生日ではない。
元々、太陽神の祭りに
初代のキリスト教徒指導者が便乗し
クリスマスと設定したものである。

 だから夫は、彼にとってはクリスマスは
もはや特別な日ではないと昨年あたりから宣言している。
クリスマスツリーも異教徒のイメージなので
それも飾らないと。

 それなのに、クリスマスの日にはターキーを調理し
パンプキンパイも焼き
イブの今日、クリスマスの映画をしっかりと3つも見てしまっている。

 「素晴らしきかな、人生」と「クリスマスキャロル」と「34丁目の奇跡」

 34丁目なんか、サンタクロースの話なんだけど。

 なんだかんだ言っても日本のお正月と同じように
アメリカ人にとってクリスマスは
心と体に染みついているものなのである。
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-24 23:09 | クリスチャンライフ | Comments(2)

チャペルジャズコンサート

 教会でKen's トリオによる恒例のチャペルジャズコンサート。
メンバーは時々入れ替り
今回はピアノとドラムとベースである。

 私と夫はしっかりとピアノの前の席に座って
ジャズを楽しんだ。

 今日の目玉はなんといっても健さんの息子さんたちの
若者バンド。
 堂々としたサックスの音色を聞きながら
彼の幼かった頃を思い出した。

 ついこの間までお父さんたちの演奏をを嬉しそうに聴いていたのに
今度は君の番なんだね。

 月日の経つのは本当に早い。
[PR]

by arizonaroom | 2016-11-27 23:44 | クリスチャンライフ | Comments(0)