カテゴリ:異文化( 305 )

アメリカの刑罰

 1960年代、自分の妻を含む7人殺したカルト集団のリーダーが
刑務所内で死亡した。
83歳だった。

 カリフォルニア州は死刑廃止しているので
これほど深刻な犯罪でも終身刑である。

 アメリカではよく警察官が犯人を射殺している。
いや、犯人でなくても、被疑者がポケットに手を突っ込んだだけで
発砲している。

 警察官は足を狙ったりせず、確実に致命傷となるところを狙うように
訓練されているらしい。
 
 だから、警官に追われて、抵抗したり大暴れしたりしたら命は無い。
たとえ、盗んだものがパン一切れだったとしても。

 でも、100人殺した後で素直に投降したら
死刑の心配をせずにずっと刑務所の中で暮らしていける。(死刑のない州では。)

 なんだか不思議な国である。

[PR]

by arizonaroom | 2017-11-21 23:59 | 異文化 | Comments(0)

銃社会の発想

 アメリカでは犯人をその場で銃殺してしまうことが頻繁にある。
銃のない日本社会から見ればなぜ?と思ってしまう。

現場で射殺してしまったら事件の全容がつかめないではないか。
とりあえず捕まえて事情徴収するとかいう発想はないのだろうか。

たぶん無い・・・のだろうな。
 
犯人にはたぶん理念などありはしないし
とりあえず生かしておいたら、そのまま生かしておくしかない。
死刑を廃止している州も多いので
税金で一生養っていかなければいけない。
犯人が死ねばそれで一件落着。

 警察官に尋問の途中で殺されてしまう「一般市民」も多いと聞く。
これも先進国ではありえないと思ってしまうが
警官も自分の命が大切である。
銃を持っている可能性がある以上、心臓を狙わずに足を狙ったりしたら
返り撃ちにあってしまう可能性が大なのである。

 またも銃乱射事件が起きたけれど
これで銃規制派が増えるかと思ったらさにあらず
ますます「自分の身は自分で守ろう。」と銃を持つ人が増加しているという。

 彼らは言う。
銃が人を殺すのではない。
人が銃を使って殺すのである。
交通事故が多いからといって車を廃止すべきという意見が出ないのと同じである。
政府に我々の銃を奪う権利はない。
これがアメリカ合衆国の理念である。


 自由社会に生きるということはその代価もを払う責任も伴うということだ。
銃を持つ権利を国民が持つのであるのなら
射殺されるかもしれないという覚悟も持つべきなのである。

 警察官の前でポケットに手を入れたら射殺されても仕方がないという覚悟を。
町の中ではポケットに銃を持っている人が大勢いるのだから
誤射もたまにはあるという覚悟を。

 ・・・・日本人でよかったとつくづく思う。



[PR]

by arizonaroom | 2017-11-15 23:09 | 異文化 | Comments(0)

タクシー

台湾のタクシーは安いし、安心して乗ることができる。
だから地下鉄にもよく乗っていたがタクシーもけっこう利用した。

 ただ、私たちは日本のタクシーの自動ドアに慣れているので
ついつい降りる時にドアを開けっぱなしにして注意されてしまう。

 乗るときも開くはずのないドアが開くのをついつい待ってしまったり。

 もしかしたら自動ドアなのは日本だけなのだろうか。
また、日本のタクシー運転手は荷物を出すのを手伝ってくれるが
外国ではそれも少ない。
 
 日本ではタクシーに忘れ物をしてもほとんどの場合は戻ってくるが
戻ってこないのが常識という国もけっこうある。

 あれ?台北のタクシーの話を書くつもりが
「日本のタクシー万歳!」の話になってしまった。

 ま、いいか。本当のことだから。
日本のタクシー、万歳!

 


[PR]

by arizonaroom | 2017-10-04 19:49 | 異文化 | Comments(0)

横田基地

 横田基地で夫の友人と食事をすることになっていた。


 まずオフィスに出向きスポンサーである友人がミリタリーIDを提示し
それから私たちのIDを提示しなければならない。
夫は日本では外国人なので合法滞在の証拠である
在留カードも必要だ。

 以前、在留カードを忘れてしまい入れなかったことがある。
運転免許証では合法滞在がわからないからNGなのである。

 そしてバイクなので車検証を提示。
服装のチェックもある。長袖、手袋、が必須。
やはり以前、夫は半袖出来てしまいバイクでは入れなかったことがあった。
その時は基地の外の駐輪場にバイクを置いて
友人の車に乗り換えてOKだった。

 今回は完璧!と思っていたら
靴でNGになってしまった。
くるぶしまで無ければいけないそうだ。
知らなかった。

 友人の車に乗り換えてもよかったけれど
基地の外の私たちお気に入りのメキシコ料理の店に変更することにした。

 基地に入るのもいろい大変である。
[PR]

by arizonaroom | 2017-07-27 23:28 | 異文化 | Comments(0)

ドイツの大統領

 ドイツの前大統領暗殺計画が発覚というニュースを見て驚いた。

 ドイツに大統領っていたのか!

 無知ですみません。

 調べてみるとドイツでは周知のとおり首相が政治権力を握り
大統領は名目上のリーダーで、
 国家元首とし て外交儀式を行い、条約を締結し、
 首相・外交官を任命し、
 法律に署名するなどの仕事をする。 
  国会議員や州議会議員による選挙で選ばれ、品位と教養のある人が選ばれる。
 
 もしかして、日本の天皇陛下?or 英国の女王陛下?
 こちらは世襲だけど。

 ところ変わって、フランスや韓国では大統領が権限を持ち、首相は主に内政の仕事をしている。

 国によって大統領の意味は違うのである。

 
 ちなみに英語のpresidenntが表すポジションは
 大統領をはじめ、総裁、学長、総長、会長、頭取、社長、座長、司会者と
実に幅広い。


 
[PR]

by arizonaroom | 2017-05-10 23:23 | 異文化 | Comments(0)

何を後悔?

4才の頃、アメリカに両親と一緒に移住してきたメキシコ人の男性。
家族もできて順調だったのに
「出来心」で靴を万引きして逮捕され
同時に不法滞在の罪も問われて
アメリカ市民である妻子と離れ
ほとんど知らない自分の国に強制送還となったという記事を読んだ。

彼は万引きしたことを激しく後悔しているが
いきつくところはトランプだと。

これを読んで違和感を感じたのは私だけ?

万引きを後悔しているのは捕まったから?
自分と家族の人生を破壊してしまったから?

そしていきつくところはトランプって...

30代で妻子があり仕事も順調な男性が
出来心で万引きをしたということに対する
罪の意識はどのくらいあったのだろうか。


確かに市民の万引きなら執行猶予ですんだであろう。
4才から住んで心はアメリカ人だったのに
本物のアメリカ人になれなかったということも
深い問題かもしれない。
彼がアンラッキーだったのは確か。

でも、トランプ政策はこんな悲劇を生むと強調したいために
万引きという立派な犯罪を
出来心という便利なことばで
さらっと包んでしまう
新聞も新聞だと私は思う。
[PR]

by arizonaroom | 2017-03-22 14:34 | 異文化 | Comments(0)

国際問題

 国際結婚の場合、
お互いの国の政治に対しての悪口は言わないというのは
お約束のようなものだが
我が家にそのタブーは存在していなかった。
私は今まで言いたいことを言いまくっていたのだが

 建て前社会に疲れた国民半分の期待を
一身に背負いつつ大混迷ぶりを発揮している
前代未聞の大統領を見ていたら
何だかもう何も言えなくなってしまった。

 びみょーな空気の中
私たち夫婦は今日も静かにCNNのニュースを
見ているのである。
[PR]

by arizonaroom | 2017-02-21 23:30 | 異文化 | Comments(0)

甘味料

 アメリカ人の友人が言うには
アメリカで作られたコ○コーラより
メキシコ産のコ○コーラの方が安全なのだとか。

 なぜならアメリカ産では甘味料として
コーンシロップが使用されているが
メキシコの方ではサトウキビが使われているから。

 そして日本製のコーラもアメリカよりずっと安全だと。

 「これからはアメリカでメキシコ産を買うのは難しくなるかもね。」と
皆で笑っていたけれど
真偽のほどは定かではないのであしからず。
[PR]

by arizonaroom | 2017-02-14 23:43 | 異文化 | Comments(0)

キットカット

f0037623_2319205.jpg

受験生がんばれのこんなキットカットが売られていた。

 キットカットは日本独自のフレーバーがたくさんあり
一部の外国人の間では、来日したら絶対に買う必須アイテムになっている。

 でも、これは日本語が読めないと面白みがないかも。

 こういうのを購入するのは本当に受験生なのかは定かではないが
日本人はこういうものが好きなんだよね~。
[PR]

by arizonaroom | 2017-01-13 23:27 | 異文化 | Comments(0)

ベビーシャワー

 外国人の友人のためのベビーシャワーに招かれた。

通常、ベビーシャワーは妊娠後期に行われるが
彼女は転勤でまた別の国に引っ越すため
今回はかなり早めである。

 あらかじめ、主催者(発起人で自宅を提供する人)から
オンラインでギフトリスト(本人の希望の品)が送られてきている。

 希望の品、といっても製品を指定さているわけではなく
よだれかけとか靴とかバッグに入るおもちゃとか
大まかなものである。

そのリストを見て自分の送りたい物を選び
自分の名前を記入、こうすればダブリが避けられる。
けっこう合理的だ。

 国際的なカップルなので
「最終的にはどこの国に落ち着きたいか?」とか
「子どもには何か国語をマスターさせたいか?」とか
彼女の回答当てクイズなどもなかなかインターナショナルだ。
 
 慣れない異国の地で産み、育てることになるが
どうかすくすくと育ちますように。
[PR]

by arizonaroom | 2016-11-22 23:59 | 異文化 | Comments(0)