<   2006年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

翼のない天使

 かなりネタばれになるけど古い映画なので許して~。

 カトリックの男子校の5年生のジョシュアは
大好きなおじいちゃんの死がまだ受け入れられない。

 おじいちゃんが本当に天国に行ったのか。
誰に聞いても満足な答えを見出せなかった彼は
とうとう自分で神様探しをする決心をする。

 けっしてワイルドではないが、適度にいたずらはする
カトリックの男子校の生徒たちがけっこう可愛かった。

 果たして彼に答えを見つけられるのか。
こういう映画はエンディングがけっこう難しい。
なぜなら誰もが納得する答えはないからだ。

 もし神さまが映画に出てきたとしたら
それはこの映画を単なるファンタジーに終わらせてしまうだけだし、
もし神はいないという結論になるのなら
10歳の男の子を主人公にした意味がなくなってしまう。
その点、この監督は上手にまとめたと思う。

 神、幽霊、UFOなど、神秘的なもの、超常現象と言われるものは数多くあるが
それらは信じる者にとっては信じるに足る十分な証拠があると思い、
信じない者にとっては、そんな物は証拠にすらならないと思う。
これらの論争はどこまでいっても平行線で
どちらかを論破できる日はけっして来ないに違いない。

 例えば一昨日に紹介した「マザーテレサ」のある場面で
行き倒れの人が「私は渇く。」と言ったことばを
テレサは神のメッセージとして捕らえたが
大半の人はそれは単なる偶然で、
この人は本当に喉が渇いていただけなのだ思ったことであろう。
 
 話を元に戻そう。
ジョシュアがほとんどあきらめかけていた頃、
彼は偶然に親友の家に寄り
発作を起こしていた友人を救ったのだ。
その友人が言う。
「続けろよ。神様探しの旅。
君が僕の家に来て僕を救ったこと。
それはけっして偶然ではないんだよ。」(こんな台詞だったような・・)

 そしてジョシュアはとうとう小さな男子生徒に
神の使い(天使)を見たのである。
もちろん男の子は「僕は天使だ。」などと言わない。
翼もない。制服を着たごく普通の男の子である。
しかしジョシュアにはちゃんとわかったのだ。
おじいちゃんは天国で元気にしていると。

 神が存在は、信じている者には十分すぎる真実であり、
信じない者には、非科学的な人間の想像の産物だと思う。
 
 偶然を単なる偶然と片付けるか、
それともそう定められた運命だったのだと考えるかは、
それぞれのの自由である。
 
 しかしこれだけは言える。
ジョシュアはこの男の子を神様の使いと信じることによって
やっと心に平安を持つことが出来たのである。
[PR]

by arizonaroom | 2006-04-30 22:58 | 映画&TV&本 | Comments(0)

マザーテレサ

 マザーテレサはあまりにも有名なので
ここで彼女についての説明は省きたい。 
 
 まずあえて言いたいのは、
この感動的な生涯を、単にヒューマニズムの
観点だけで捕らえてはいけないということだ。
キリスト教の普及より、貧しい人への愛と救済を
優先させる彼女の活動は
一見すべての宗教を超越しているように見えるが
テレサはあくまでもキリスト者なのである。

 確かにカトリックという枠は超えてしまっているとは思う。
同じ修養会のシスターや神父を戸惑わせ、
ついにはバチカンまでも巻き込んでしまうそのバイタリティ、信念と頑固さは
他に比類を見ないであろう。

 しかし、テレサは確実にキリストと個人的な関係を築いていたのだと思う。
カルカッタの町を出ようとした時に、道端に倒れている人が囁いたことば
「わたしは渇く。」
これはヨハネの福音書に出てくる十字架に貼り付けられた時のイエスの言葉である。
テレサは確かに神の声を、神の意思を聞いたのであった。

 彼女の他者に対する深い愛は
彼女がキリストの愛を十分に受けているという確信から来ている。
自分が神に愛されたように、自分も、人を愛し慈しみたいと思っているのである。
確信があるからこそ、どんな障害にもくじけないのである。

 「神がそれをお望みならばうまくいくでしょう。
  もし、うまくいかなかったのなら、
  それは神のご意志ではなかったということです。」
    この揺らぎのない信仰こそが彼女の原動力なのである。

 「この世の最大の不幸は貧しさや病気ではありません。
  むしろ、そのことによって見捨てられ
  誰からも自分は必要とされていないと感じることです。」
    映画の中に出てくるテレサの言葉である。

 「愛の反対は憎しみではなく無関心です。」
 なぜか映画には出てこなかったが、このテレサのあまりにも有名な言葉は
    現代の日本に生きている私にとってはあまりにも耳が痛い。

DVDにはテレサを演じたオリビア.ハセーのインタビューがあった。
彼女にとっては念願の役であったそうだ。
オリビアの述べる彼女独自の宗教観を、私は別に批判はしない。
しかし、これだけは言える。
オリビアの考えているものは
けっしてテレサのものとは同じではないということを。


 「あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、
  しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。」
                             (マタイ25:40)
[PR]

by arizonaroom | 2006-04-28 22:44 | 映画&TV&本 | Comments(0)

到着時刻

 
f0037623_23163966.jpg

           おなじみのアリゾナの風景

f0037623_2317361.jpg

          フェニックスのダウンタウン


 いよいよ生徒のMさんがアリゾナへ旅立った。
今頃は飛行機の中でドキドキしているだろうな。
  
 実は今朝、出発間際の彼女から電話があった。
空港に向かえに来る予定の義父からのメールに
「1時に空港で待っている。」と書いてあったのだそうだが
彼女の飛行機の到着時刻は3時なのである。
それを義父に伝えてほしいとのことだった。

 あの何から何まで几帳面に仕切る義父が勘違いするとは考えられないので
ユナイテッドのウエブサイトでフライトスケジュールを確認したら
やはり義父のメールの通り、
彼女の便の到着は3時ではなくて1時である。
ロサンゼルスからの乗り継ぎ便なのだが
11時出発では乗り継ぎが全然間に合わない。

 あせってユナイテッドに電話したら
実はフライトスケジュールが変更になり、
それにあわせてMさんの乗り継ぎ便も変更になったのだという。

つまり最初のスケジュールでは、
ロサンゼルス13時45分発の6522便だったのだが
6533便は2時間早まったので
13時45分発の6528便に変わったのである。
Mさんの名前がその6528便の搭乗予約リストに載っていることも確認できた。

 ホッとすると同時に少し苛立ちも覚えた。
「便名が変更になったということは
チケット購入者にしっかりと伝えてあったのでしょうか。」と質問したら
「旅行代理店には伝えました。」とのことであった。

 しかし、伝わってませんでしたよ~。H○Sさ~ん!

 電車で成田に向かっているMさんの携帯に
便名が変更になったということをメールし、
義父には正確な到着時刻を電話で知らせ、とりあえず無事解決した。
携帯というものがこの世にあって本当によかった。
でなければロサンゼルスで
Mさんは自分の便が既に飛び立ったと思ってあせったかもしれなかった。
もちろん空港でもらう搭乗券は訂正されていたとは思うが。

 そして出発間際ながら義父のメールと自分のスケジュール表の時刻が
違うことに気が付いてくれてよかった。
義父も向かえに行く時刻をメールに書いてくれていたのも幸いした。
さもなければ義父も空港で2時間も待ちぼうけを食わされていたであろう。
私と違って、几帳面で慎重な人ばかりで本当に助かる。

 Mさんにはアリゾナで楽しく過ごしてほしいと心の底から思う。
アリゾナは夫の故郷だが、
私の大好きな人たちが住んでいる大切な場所でもあるのだ。

 ちなみにMさんに、成田のカウンターでも
発券時の便名が変更したとの説明はなかったそうである。
[PR]

by arizonaroom | 2006-04-27 23:19 | 英会話スクール&英語 | Comments(0)

In her shoes(イン.ハー.シューズ)

明晰だが容姿に自信のない弁護士のローズと
美貌だけが取り柄で、計算も弱く難読症でもあるため、
仕事も長続きしない妹のマギー。
何から何まで正反対の姉妹。
こう書いてしまうと、ありきたりのストーリーのようだが
感動的な見ごたえのある映画であった。

 最初はマギーのだらしなさに目を背けたくなった。
しかし音信不通だった祖母を訪ねた時から
彼女は実にいきいきと輝いていく。

 早くに母と死に別た上、祖母と父、継母との確執など
幼い頃から家庭に恵まれなかった二人ではあったが、
祖母の住むコミュニティのお年寄りたちに暖かく見守られながら
精神的に開放され、成長していく姉妹はとても美しかった。

 
 マギー役のキャメロンははまり役だ。
そして祖母のシャーリーマくレーンはもう別格である。

 表題の「In her shoes」の意味について説明したい。
実はローズは落ち込むと自分を慰めるために靴を買う癖がある。
食べると太るし、洋服は似合わない、でも靴は・・・ということなのだ。
でも買うだけで履くことはなく、マギーに無断使用されて
ヒールを折られてしまったりしているのであるが。

 もう一つこの言葉には「彼女の立場」という意味があり、
「もし私なら、あんなことはけっしてしないのに。」と言う風に良く使われている。
という正反対の姉妹が
お互いを見ていらだつさまを象徴している言葉なのだ。

 最後のシーンに祖母の靴が登場して、このタイトルに花を添えた。
ぜひ皆さんご覧あれ。

 しかし日本の映画配給会社に一言言いたい!
この何も考えていないような日本でのタイトルは何???
カタカナで「イン.ハー.シューズ」って・・・。
「ハー」って、ため息じゃないんだから。

 
[PR]

by arizonaroom | 2006-04-26 22:56 | 映画&TV&本 | Comments(0)

小さな子どもでいっぱいのグレイス

f0037623_16345161.jpg

    左 バナナアーモンドケーキ  右 パイナップル入りヨーグルトケーキ
f0037623_1635697.jpg

     チョコレートシナモンケーキ
   
f0037623_16351640.jpg


 
 今日は朝から気持ちのよい天候だったためか
たくさんのお客様だった。

 中でも幼稚園前の小さな子どもたちがたくさん。
そのうちの3人はうちの生徒である。
11時からは我が家でレッスンが控えているため
ゆっくりできなかったのが残念であった。
子どもたちは滑り台に名残惜しそうに別れを告げ
我が家に向かった。

 夫のコミュニティセンターの生徒たちも来てくれ
ケーキとおしゃべりを楽しんでくれたようだ。
また来てくれるといいなあ。
[PR]

by arizonaroom | 2006-04-24 17:44 | 喫茶室グレイス | Comments(4)

久しぶりの友人

 今日は朝から晩まで本当に忙しい一日だった。
午前中いつもどおり教会へ行った後
お昼から、教会の友人宅で楽しくおしゃべり。
そして夜もやはり夫と共に新宿まで出向いた。

 待ち合わせしていたのは、はるか30年以上も前に
夫の自宅にホームステイしていた元青年である。

 元少年の夫が、いや彼の家族全員が、
いやいやおそらくフェニックス中の住人が
初めて遭遇した日本人の一人である。
このことについては、そのうちに本館の方で詳しく触れたい。

 今晩は、地元で手広く塾を経営している彼と一緒に
大学生の元教え子が来ていた。
大学を卒業後、アメリカの大学院で学びたいのだという。
そのために英会話を真剣にやりたいのだそうだ。
若いっていいなあ。

 この友人もホームステイした時は19歳。
まだまだ海外旅行が夢のまた夢だった頃の話だ。
この40日間のアメリカでの経験で
彼は生涯、「会社人間」になるのはよそうと決心したのだという。

 若い時の経験がその後の人生を左右するのはよくあること。
現在はニートとか、引きこもりとかよくいわれているけれど
私の周りには将来に向かってがんばっている若者がたくさんいる。

f0037623_2336209.jpg


        友人宅のロンちゃん


f0037623_23363636.jpg

f0037623_2340119.jpg



 新宿のプリンスホテル内にあるレストラン「アリタリア」にて
 ここはバイキングレストランである。
写真は私が食べた「食後の」デザート
明日からまたしっかりダイエットしなくちゃ。
[PR]

by arizonaroom | 2006-04-23 23:43 | 異文化 | Comments(0)

ホームステイ

 このゴールデンウィークにうちの生徒(30代の既婚女性)が
アリゾナにホームステイに行く。
ステイ先は義父がすべてアレンジしてくれた。

 義父は以前ボランティアで
日米青少年の交流団体のアリゾナ支部の会長をしていたので
この手のことはお手の物である。

 今回ステイ先を探すのに当たっていくつか条件をつけた。
まず、主婦がいて彼女を一人ぼっちにしないということ。
日本人には当たり前のことのようだが、
これがアメリカでは実はよくあるのだ。

 アメリカ人は日本人と違って気軽に人を招きいれる。
部屋が空いているからどうぞ使ってくださいというような感じである。
「ここが冷蔵庫、私は朝は作らないから、
おなかすいたら勝手に何か作って食べて。
はい、これが鍵。じゃあ私は出かけるからね。エンジョイ~」
などと言いかねないのだ。
電車や市電があるような都会ならともかく、
移動するのに車が絶対必要なフェニックスやプレスコットで
これをやられてはかなわない。

 もう一つはグランドキャニオンやセドナなど、
彼女の行きたいところに連れて行ってくれること。
ガソリンや入場料はもちろんこちらが持つので。

 現在はほとんどの女性が働いているので難しいかなと思ったら
なんと4組の家族がぜひ受け入れたいと言ってきてくれた。
その全員から彼女に写真同封の手紙が来た。
皆よさそうな人ばかりである。
正味10日間で4組の家族を渡り歩くのは忙しいことであるが
まあ皆近所だし移動は車なので、
いろいろな家族を見られるのは楽しいかも。

 今日は渡米前の最後のレッスンだったので
アメリカの家庭でのマナーやチップ、土産など
思いつく限りのアドバイスをした。
外食の時、ご馳走されるのか、ご馳走するのか、割り勘か、
微妙なシチュエーションについても夫を交え、3人で話し合った。
こういうのに正解はないので、なかなか大変だ。
彼女は日本の料理も作ってあげたいというので
どういうものが好まれ、どういう食材が手に入れやすいかというのも一緒に考えた。
なんだか私までもわくわくしてくる。
私はけっこう旅のコーディネートを考えるのが好きなのである。

 日本人は布団カバーを新しくすることから始まって
献立から観光まで全身全霊で、もてなそうとするので
なかなかホームステイを受け入れることができない。
これからはもう少し肩の力を抜いて、
外国人を受け入れるということを、
もっと気軽に考えてもいいのではないだろうか。
けっこう楽しいことが待っているよ~。

 
f0037623_22183419.jpg

   夫の実家の庭の石とうろう。
   赤のペンキで塗ってしまったのは、何を隠そう義父である。
[PR]

by arizonaroom | 2006-04-22 22:23 | 英会話スクール&英語 | Comments(2)

自動車保険

 ここ数年、自動車保険のコマーシャルが
やたらに目に付くようになった。
おそらく外資が参入してきてから、
競争が激しくなったのだろう。
「こんなに得しちゃいました。」等と
今すぐ電話をかけたくなるほどの甘いことばを囁き続ける。

 しかし3年前、夫のバイクの前を走っていた車が
突然車線変更したことによって起こった接触事故で
しみじみ悟ったことがある。

 「己の加入している損保はこちら側が被害者だと
ちっとも力になってくれない。」ということである。

 幸い夫は足の骨がひび割れただけで済んだ。
相手方の若い女性には運転に集中できない同情すべき事情があり、
(それなら運転するなよ、とも言えるが。)
その晩、父親とともにすぐ謝りに来てくれたこともあって
(アメリカでは考えられないと夫が驚いていた。)
彼女には当時も今も全く恨みはない。
問題は損保会社である。

 私はすぐさま加入しているT海上に電話した。
担当の女性は私の説明をじっくりと聞いた後
「もし100パーセント過失がないと思われるのでしたら
私どもをお使いにならないほうが有利ですよ。」などと言い出したのである。
損保同士で話あうと、どうしても過失割合がゼロにならないのだという。

 それから車を運転しない「ど素人」の私は
ネットで過失割合について調べまくった。
まもなく相手方のN火災の担当者から私の携帯にかかってきた。
(夫が外国人なので私が窓口となった。)
予想していた7対3という数字が出てきたので
「それは基本だと思いますけど、こちらは制限速度内で走っていたし
相手方はウィンカーを出さずに右折車線から
突然戻ってきたので20パーセント上乗せになるはず。」
とさっそく学習したばかりの法則を披露した。

 その次にかかってきた時には9対1になっていた。
しかし、私は「走っていたというだけで減点されるのなら
道を歩いている時に上から落ちてきたものに
ぶつかっても歩行者が悪いということですか?」などと
まくしたてたら、信じられないことにこの担当者からは
それからまったく音沙汰なくなってしまった。


 ここからは我慢比べだ。
N火災の傷害担当の男性からは時々電話がかかってきてねぎらわれた。
ようやく夫の足の傷が癒えてきたので、
さっさと示談をまとめたいと思っていたのに
物損担当から電話がかかってこない。
そうこうするうちに今度は1本の足で重い体重をささえすぎて
腰に負担がかかりすぎたのか
腰痛になり、整骨院にも通い始めることになってしまった。
物損担当からあいかわらず電話をかかってこない。

 3ヶ月くらいたった頃、夫のT保険から
「その後どうなりましたか?」と久しぶりに電話がかかってきた。
心配してかけてきたのではない。
更新時期が近づいてきたので保険を
使うか使わないかの確認だったのである。
バイクの修理の査定は33万、相手の車は20万。
保険の免責は3万だから、どう考えても使わないほうが得である。
使用しないとの確認をすると、さっさと電話は切れた。
何のアドバイスもなかった。

 事故から3ヶ月、腰は治らないが、渡米する予定もあり、
もうここら辺で〆た方がよいと判断した私は
整骨院にもう治療をやめると宣言、
傷害担当にもそう告げた。

 あわせて「物損担当からはもう3ヶ月電話がありません。」
と苦情を申し立てたら
傷害担当がこちらも兼任することになった。
結局これで元物損担当の声を聞くことは2度となくなった。
最後にしっかり意ってやりたかったのに。
「しっかり仕事しろよ!」と。

もうがんばってもゼロにはなりそうもないので
片落ち9対1、相手の車分の負担は無しということで合意することにした。
つまりバイクの査定金額から
10パーセント差し引いた金額をもらうということである。
ま、担当者の面子をたてたってところか。
 交渉が長引いたおかげで後から痛いところがでてきて通院も長引き
慰謝料と休業補償もしっかりでたのでよしとしよう。
こういうのを「相撲に負けて勝負に勝った」というのかな?

 ちなみに腰痛はなぜか整骨院を止めたとたんに治った。

教訓 「もしもの時の保険」だけど本当に役に立つか立たないかは
その「もしも」の時になってみないとわからない。

 
f0037623_23533332.jpg


   事故後まもなくのツーリング。自動車会社主催のバイカーたちの集い。
[PR]

by arizonaroom | 2006-04-20 23:56 | バイク | Comments(2)

パソコンのバックアップ

 我が家のパソコンは現在のが2代目である。
初代のは2度ほどウィルスに侵された。
一度目はアメリカの家族からの感染ファイルを
新しい写真だと思い、開いてしまったのだ。
これはウェブサイトを見ながら私が自力で直すことができた上に
まだ何も知らずにばら撒いていた張本人に
感染していることと対処方法を教えてあげ感謝された。

 2度目は差出人詐称の悪名高きklez。
アメリカから帰国した日、時差ぼけでボーとしていた夫が
「これはウィルスメールだ。削除しなくては。」と思いながら
なぜか手はファイルを開けていたという。(本人の弁)
アンチウィルスソフトを更新していなかったのも災いした。

 これは大変だった。
ノートンもやられてしまい、自力では直せるものではなく
専門家に来てもらったり、パソコンが入院したりして
ファイルも失い、お金もかかった。
これ以降はアンチソフトとプロバイダのセキュリティパックの二つで防御している。

 新しいパソコンになってからはウィルスこそはないものの
原因不明でウィンドウズが壊れ
再インストールしなければいけなくなり
すべてのファイルを失ったことは前にも触れた。

 ハードが突然起動しなくなったこともあった。
この時は購入後3年たっていたのにもかかわらず。
なぜかマザーボードを無料で交換してもらえた。
思わず「無料ということはお金を払わなくていいということですか?」
と念を押してしまったほどミステリアスな出来事であった。
おそらく初期不良であったに違いない。
後でネットで同じ機種について検索してみたら
同じような症状のものがたくさんあったのだ。
こっそり直しているなんてちょっとずるいが
初期不良は私たちにはけっしてわからないのに
無料にしてくれたのは良心的というべきか。

 これに懲りて、最近はマメにCDに焼き付けたりしていたが
今日は一大決心して
バックアップ用のハードディスクを買ってきた。
やはり大切なものを守るにはお金を惜しんでいてはいけないかも。
(ま、大切なものといっても、たいしたものではないんだけどねえ。)

f0037623_2092795.jpg

         こんな小さいのに160GB!

f0037623_20102277.jpg

  ついでに買ってきたセキュリティパック。
  安いソフトに浮気したこともあったが、やはりこれに落ち着いた。
  ダウンロード版でないのも久しぶり。
  しかし 中身はこれだけなのに、この箱の大きさは何?

f0037623_20123357.jpg

     またまたついでに買ったウェブカメラ。
     今まではいちいちデジカメを取り付けていた。
     でも最近は皆「テレビ電話」に飽きてきたみたいで
     お相手がなかなかいないの~。
[PR]

by arizonaroom | 2006-04-18 20:17 | コンピューター&カメラ | Comments(2)

アメリカからのお客様

 幾分風は強かったけど、
暖かな気持ちのよい朝だった。

 喫茶室グレイスは近所にあるホームのお年寄りたちや
小さな子ども連れのお母さん、
そして教会のメンバーたちで賑わっていた。
 
 しかし、なんといっても今日のハイライトは
突然ケーキを食べに現れたうちの夫、ではなく
アメリカから来たカナダ人宣教師夫婦である。

 宣教師夫人は、ここのグレイスの設立に関わった
初期のメンバーでもあるので本当に懐かしそうだ。
ここ2、3ヶ月のケーキの写真を見せたら
「みんなすごく上達したね~。」とひとしきり感心していた。
グレイスがあれから順調に営まれているのを見てもらうのは
ちょっと嬉しい。

 
f0037623_1727592.jpg

  左上 ココナッツデザート 右 ピーナッツバター入りクッキーバー
  下 ヨーグルトママレードババロア

f0037623_17323693.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2006-04-17 17:36 | 喫茶室グレイス | Comments(2)