<   2008年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

国籍と姓

 昨日の講習会の受付での出来事。
私の予約受付票の名前を見た係の人が
ちょっと口ごもって何やらモゴモゴと。
「あの・・・もうすでに・・・ですか?」

 はっきりとは言わないが言わんとしていることは
よくわかった。
こういうことはたまにあるので。

「私は日本人です。」
「あ、そうですよねえ。」

 「そうですよねえ」と思ったのなら、聞くなっつーの!
彼はこう聞きたかったのだ。
「もうすでに帰化されているのですか?」と。


 この講習会には外国人も参加できるが
外国人登録票の提出が義務づけられている。
でも、日本人ではないかもしれない私が出さなかったったので
係の人はちょっと心配になったのであろう。

 私の姓はカタカナである。
夫が外国人だからであるが、

 実は結婚相手が外国人の時には姓を変える必要はない。
いや、必要がない、というより昔は外国人と結婚した女性は
変更できなかった。
父親が家長制度だった頃のなごりが
実はほんの20年くらい前まで続いていたのである。
時代錯誤も甚だしい法律ではあるが
普通の人には全然支障がなかったので
誰も気がつかなかったらしい。

 しかし、国際結婚がけっこう増え出して
女性たちは気がついた。
「自分の子どもには日本国籍がない!」
父親をベースに戸籍が作られるので
日本で生まれた子どもは
戸籍無しの外国人になってしまったのである。
それから女性たちの涙ぐましい努力の結果
戸籍制度が男女同権に改められ、今に至る。

 話を元に戻すと
国際結婚しただけでは姓は変わらない。
婚姻届のほかに「姓の変更届け」というのを提出して
初めて外国人の夫の姓に変更できるのである。
国会で「夫婦別姓制度の是非。認めるか認めないか。」
なんていうのを
大真面目に討議していた時には
思わず笑ってしまった。
「じゃあ変更届けを出さなければ変えられない
私たちはいったいに何?」って。

 けっこう外国人夫を持つ日本人の女性の中には
姓を変更していない人が多い。
普段は通称で夫の姓を名乗っていても
戸籍はそのままということである。

 なぜかというと日本で暮らすにあたって
カタカナ姓はけっこう不便なのである。
まず印鑑がない。(私は氏ではなく名前で作った。)
インターネットで会員登録しようとしたら
全角5文字以上はエラーになってしまったこともあった。
(後で抗議したら対処してくれたが。)

 病院で名前を呼ばれると振り向かれる。
営業で名刺を出したらジッと見つめられる。
電話で名前を名乗ったら、
相手は日本式の名前を想定しているようで
ちっともわかってくれない。

 住所氏名を書く際に「日本語お書きになれますか?」と
聞かれたことも何度あったことか。

 念のため言っておくが
私はどうみても日本人である。
日本語も完璧(?)だし、態度も服装も
平均的な日本人そのものであると思っている。
まあ、中国人に見られることはあるかもしれないが
この西洋風のカタカナ姓にマッチした顔ではないことは確か。

 そして下の名前は思いっきり日本人の名前である。
日系人なら逆だろうが!
(つまりスミス花子が結婚で改姓、ヒラリー・マツモトか日系人)
別に若くもない私の姓がカタカナだったら、
どうして「外国人と結婚しているんだ!」と素直に思わず
「もしかしてお母さんが外国人?」と、
わけのわからない考え方をする人が続出するのかな?
(「奥さん」という雰囲気がないのは認めるが。)

 コニシキや武蔵丸など外国人が帰化した場合
日本風の姓に変更したりするようである。
おそらく日本政府もそう奨励しているのだと思う。

 でも、外国人のお父さんと日本人のお母さんとの間に生まれ
そのまま日本に住み、日本国籍だけを持つ子どもたちは
今確実に増えている。

 たとえば、ダルビッシュのように
カタカナ姓の日本人。
彼の子孫は日本人でありながら、
この姓を誇りとしてずっと受け継いでいくのだろうか。

 それも時代の流れとは思う。
でもやぱっりカタカナ姓は
目立つし、ものすごーく不便なんだよー。
 

[PR]

by arizonaroom | 2008-02-29 23:59 | 異文化 | Comments(2)

食品衛生責任者

f0037623_2265987.jpg


 グレイスの友人と一緒に食品衛生責任者の
資格を得るために講習を受けてきた。
けっこう人気らしく、すぐ満員になるので
予約したのは1か月前である。

 今日の出席人数は196人。
意外と若い男性が多い。

 受付で受講票を渡されたので
自分の席に着いてすぐにセッセと記入、
住所、名前、生年月日などを書き終え、
裏にも書くことがあるかなと受講票をひっくり返して見ると
「受講票は説明があるまで記入しないでください。」とあるではないか。

 ふと机の上に置かれたノートの表紙にも同じことが印刷されてある。
前を見たら2つのホワイトボードにも大きな文字が。

 こんなにあちこちに念を入れて書かれてあったのに
注意散漫の悪い癖。
思えば昔からこうだった。
と、ちょっとだけ落ち込んで、すぐ立ち直る。
私につられて一緒に書きこんでしまった友人と、
その隣に座った若い女性。
そそっかしいわりに自信たっぷりでごめんなさいね。

 衛生法規から始まって公衆衛生、食品衛生などの勉強は
けっこう楽しかった。
賞味期限にするか消費期限にするかは何で決まるのか。
食中毒の種類とその予防方法、
食品の保存方法の種類など
どれもすぐに役立ちそうなものばかりである。

 最後に簡単なテストを受けて終わり。

 ここで学んだことをぜひ実生活やグレイスで生かしたい。
[PR]

by arizonaroom | 2008-02-28 22:49 | 喫茶室グレイス | Comments(0)

洗礼

 昨晩7時45分頃、洗礼は厳かに行われた。
病室なので、額に水を垂らす滴礼である。

 洗礼を受けられたのは97歳の女性のUさん。
もちろんご本人自らのご意思である。
(ここからは敬語略)

*******
 
 Uさんが最初にキリストに出会ったのは
もう90年近くも昔になる。
まだ幼い少女が預けられた先の医師宅で
初めて聞いた賛美歌とイエス様の話。
貧しい人からは診療費を受け取らなかった
クリスチャンの医師の家庭は
けっして裕福とはいえなかったが
その愛に満ち溢れた家庭で
Uさんはたくさんの祝福を得た。

 その後Uさんは伴侶に恵まれ結婚、
教会に行くこともなく、賛美歌も聖書も心の片隅に置いたまま
月日は駆け足で過ぎ去っていく・・・。

 多忙な日々、苦難の日々、楽しかった日々。
そして逝ってしたった人たち。
95歳になり、静かで穏やかな時が戻ってきた。
そこで思い出すのは幼い日のこと。
医師宅で歌った賛美歌のこと。
驚いたことに90年も前に覚えた歌詞がすらすらと
出てくるのである。

 Uさんは娘のMさんに宣言。
「私が死んだら教会でお葬式をしてちょうだい。」

 Mさんは突然のことに戸惑い、でも母の願いを叶えてあげたいと思い
私に相談しに来たのだった。

 Uさんのことを聞いた教会の婦人たちが
「押しかけ賛美隊」と称して
お宅に伺うようになったのはそれからまもなくのこと。
Uさんもヘルパーさんに連れられグレイスに時々来店、
一方、娘のMさんはグレイスだけではなく教会の礼拝や
洗礼クラスにも出席するようになり
いつしか私たち(グレイスのスタッフや賛美隊、
そして牧師夫妻も含む)の間には
もう友情以上のものが芽生えていたのだ。

 Mさんはこれらの日々を
「予想もしていなかった母の華やかな晩年」と称し、
UさんはUさんで「娘に素晴らしい友ができたので安心。」とほほ笑む。
(Mさんには素晴らしいご主人と
りっぱに巣立った息子さんがいらっしゃるんですけどね。
親にとっては子どもはいつまでたっても子どもらしい。)


 しかし、地上での時は無常なものである。
あれほど元気だったUさんも
とうとう病室の人となってしまった。

 *******

 「死んだらイエスさまの御許に行きたい。」
先日Uさんは明確に意思表明をされ
この記念すべき日となった。

 病室だったので大勢で押し掛けることもできず
参加者は私を含むほんの数人。
賛美歌もない洗礼式だったけど
私はこの日を生涯けっして忘れることはないであろう。

 
  「お元気になられたら一緒に教会に通いましょうね。」と友人。
その手を力強く握りしめられたUさんは静かにささやかれた。
「もう年寄りですからね、何のお役にも立てませんけど。」

 Uさんそんなことないですよ!
Uさんご自身が私たちの光なんです。
ご受洗おめでとうございます。

惠の時にわたしはあなたに答え
      救いの日にあなたを助けた。
             (イザヤ書49:8)

[PR]

by arizonaroom | 2008-02-26 22:27 | クリスチャンライフ | Comments(4)

オーボエとピアノ連弾

f0037623_1758460.jpg

    プラムケーキ  パイナップルケーキ
       胡桃とレーズンのヨーグルトケーキ

f0037623_17581542.jpg

   カトルカール   フルーツデコレーションケーキ
f0037623_1758242.jpg


f0037623_180774.jpg


 今朝はいつもより早く出勤(?)してグレイスの準備。
本当はいつもこれくらい時間の余裕がなくてはいけないのだけれど。

 お客様もいつもより早めにご来店された方が多く
あっという間にテーブルが埋まってしまい、
いつもより多めに用意したケーキも売り切れ続出。
でも、大丈夫。
グレイスの辞書には「ケーキの在庫ゼロ」という文字は無いのである。
(そのためにお祈りと涙ぐましき努力はしているが。)
 
 結局60名以上のお客様がご来店。
賛美歌やクラッシックのほかにも
ジプリメドレーやディズニーメロデーなども準備されていたので
お年寄りから小さなお子様まで、すべての方々に喜ばれた
すばらしいコンサートであった。

 f0037623_18105819.jpgf0037623_1811616.jpg




f0037623_18191661.jpg




小さなお子様も大喜び



f0037623_18183382.jpg
 グループホームのおばあちゃまと小さなお子さんの心温まる交流も

f0037623_18121299.jpg


 ご近所の方々が多いので自転車も多い。
f0037623_18124057.jpg


 コンサートの後は外でのんびり
[PR]

by arizonaroom | 2008-02-25 18:13 | 喫茶室グレイス | Comments(2)

チャペルコンサート

f0037623_22565789.jpg
f0037623_2257672.jpg


 今日のチャペルコンサートは珍しく琴と尺八である。
私がこのホサナ邦楽アンサンブルのグループの演奏を聴くのは
今回で2回目だ。

 ピアノとバイオリンのクラッシックから始まった2007年度の
秋からのチャペルコンサートは
ジャズ、ゴスペルと若者向けが続いたのだが
今回は琴と尺八だけあって
お客様の年齢層も幾分高めである。
また、おひとりで見えている方も多く
どういった経路でこのコンサートのことをお知りになったのか
ちょっと興味がある。

 「さくらさくら」や「春の海」「ふるさと」「浜辺の歌」などの
日本の懐かしい歌や
「いつくしみ深き」、「輝く日を仰ぐ時」などの賛美歌を
琴と尺八による日本古来の美しい調べで思い切り堪能。
牧師のメッセージにもあったが、私も
「日本人でよかった。」と思わずつぶやいてしまったひとときであった。

 
[PR]

by arizonaroom | 2008-02-24 23:11 | クリスチャンライフ | Comments(2)

アメリカには殺人事件の時効がない

 何気なくネットでニュースを見ていたら
衝撃的な一報が!

 「三浦元被告殺人容疑でサイパンで逮捕」

 若い人は知らないとは思うが
これは衝撃的な事件であった。
ロスを舞台にした銃撃事件。
悲劇の夫から一転、疑惑の人となり
ついに逮捕されるも証拠不十分で不起訴となる。
(その前の殺人未遂では実刑)
逮捕前も逮捕後も本を出版したり(なんと新しい妻も本を出していた。)
テレビに出たりとかなり露出度の多い人ではあった。
 
 27年も前も事件である。
日本ではとっくに時効が成立している。
遺族はさぞ悔しいことだとは思うが
法の厚い壁があり、どうしようもない。

 私は、またてっきり新しい事件かと思っていたのだが
なんとこの20年以上も前のケースで逮捕だという。
さすがの日本の警察も寝耳に水だったらしい。

 あれ以後も地道に事件を捜査していたのだろうか。
捜査課もずっと存続してたとでもいうのだろうか。
それともこの事件に執着していた刑事がいた?

 アメリカの犯罪率は日本よりはるかに高い。
検挙率も確かかなり低かったはず。
決定的な証拠が20年以上も後に出るというのも
信じられない。
なんだか驚くことばかり。

  今後どのように展開していくのだろうか。

 それにしても今回初めて知ったこと。
三浦元被告ってタレント事務所に所属していたのね。


**********
日曜日の朝刊によると
88年にアメリカで出た逮捕状が
まだ生きていたということである。
[PR]

by arizonaroom | 2008-02-23 22:55 | ニュース | Comments(0)

ワンツースリー?

f0037623_2319988.jpg


 うちの生徒である4歳のSくんのお母さんから今日聞いた話。

 テレビ番組で「ワン・ツー・スリーー」
と言っているのを耳にしたSくん、
さっそくお父さんに聞く。
「ツーってなあに?」
「英語で2のことだよ。」とお父さん。

 Sくんは一瞬「えっ?」という顔をし
「2ってtwo(この発音はカタカナで書けないわ~)じゃないの?」
と言ったそうである。

 この子たちはRとL,GとZ、BとV、HとFを
はっきりと聞きわけ
舌足らずながらもきれいに発音している。

 自分の発音の悪さを棚に上げ、
「アジアの人の英語って聞きづらいわ~。」と
ほざいている私も反省してもっと修行に励まなくちゃね。
[PR]

by arizonaroom | 2008-02-22 23:36 | 英会話スクール&英語 | Comments(0)

Amazing Technology from Japan

f0037623_2245742.jpgf0037623_22451518.jpg






アメリカから来たチェーンメール。
(アメリカ人ってどうしてこうチェーンメールが好きなんだろう?)
この「日本からのアメージングテクノロジー」には
本当はもっと写真もたくさんあって
「これはいったいなんでしょう?」と、
クイズのように少しづつ種明かしをするのだが
ここでは一気にいってしまおう。

 なんとこれはパソコンなのだ。
題して「ラップトップよさようなら」。


 
f0037623_22455184.jpg
f0037623_22455848.jpg


 「すごい!さすが日本!ハイテク王国」と思ったけど
でも冷静になって考えてみたら
こんなニュース聞いたことがない。
それにこの映像にはメーカーの名前もない。

 さっそく検索。
やっぱり日本のサイトは出てこず英語のサイトばかりである。
なんだ。やっぱりただのジョーク?
ついでにYouTubeでも見つけたので
興味のある方はどうぞ。

 でもきっといつかは実現するのだろうな?
[PR]

by arizonaroom | 2008-02-21 23:03 | コンピューター&カメラ | Comments(2)

教育の成果?

f0037623_229171.jpg

    今日の黒目川。
    ここ2~3日はなぜかサギの集団は見かけない。


 昨日は「バカ」には可愛いという意味もあると書いたが
実は私には、「バカ」は非常に重い言葉である。

 小学校の高学年の頃、
担任の先生が突然宣言した。
「もし『バカ』という言葉を使用したら『馬鹿』という文字を
100字書いて、提出すること。
『バカ』と言われた人がその証人となって書き終わるまで
見守ること。」

 今の小学生は知らないが、当時(え?いつ?)の小学生は
大変生真面目であったので
「バカ」と言われたら即、言った本人を
職員室に連行し教師に報告、
教室のあちこちでは「馬鹿馬鹿」とひたすら書き続ける生徒と
それを見守る生徒が見受けられるようになった。

 私自身については、はたして書かされたどうかは記憶にない。
(言いつけたことはあったような気がする。)
でも、それ以来、「バカ」という言葉には
必要以上に反応してしまうようになったのであった。
[PR]

by arizonaroom | 2008-02-20 22:37 | 日常&雑感 | Comments(4)

言葉の意味

 外国人も含む数人の友人たちと
「外国人の英語って理解しづらい時があるよね~」という話をしていた。


「でもなぜか日本人の英語は、
どんなに訛りがあってもわかるのよね。」と、日本人の友人。

 「そうそう、たとえ英語の文法がめちゃくちゃでも
思考経路が同じだから言いたいことがわかっちゃうのよね。」と私。

(余談ではあるが稀に例外もいる。
若いころに外国に住んだ経験のある私の日本人の友人は
アメリカ人の英語はよくわかるけど
日本人の英語は聞き取りにくいとか。)

 
 と、東南アジア出身の友人が言う。
「それに日本人は言わないこともわかっちゃうでしょ?
行間を読めるのは特技よね。」

 「でも言わなくてもわかってくれると思うから
外国に対しても言葉が足りなくて誤解されちゃうのよね。」と
みんなでしんみり。

 ここで思い出した。私が読んだ最近の新聞記事。
現物がないので多少の記憶違いがあるかもしれないが
だいたいこんな話である。
 
 夫婦の会話を解析している精巧なコンピューター。
妻が言う。「あなた、私のこと愛している?」
夫の返答は「ばかだなあ。」
さて、コンピューターの解読は・・・。

 「夫は妻の知性を疑っている。」

 コンピューターには「ばかだなあ。」という言葉の裏にある
「愛しているに決まっているだろう。」というメッセージがわからなかったのだ。

 その話をしたら前述の東南アジアの友人が
日本に来たばかりの頃のエピソードを披露してくれた。
ちなみに来日のきっかけは海外で出会った日本人の夫との結婚であるから
この当時は日本語も日本文化もまったくの初心者である。

 鍵を忘れたとか、そのような些細なことで
会社にいる夫に電話した友人。
電話を切った後で夫が同僚に
「妻が鍵を忘れたんだって。ばかだよね~。」と言ったと聞き
思わずむっとしたそうである。
「ばかって何よ!それも同僚に言うなんてひどい。」とかなんとか。
「でもね。」と彼女。
「sillyなんて失礼って怒ったんだけど
日本語の『ばか』には『可愛い』っていう意味もあったのよね。
『おっちょこちょいだけどかわいいよね。』って。」

 英語のsillyも「おばかさん」とかキュートとか
そんな雰囲気で使われたりもするけど
「鍵を忘れた」ことに対して使うsillyはstupid(愚かな)と同義語だ。

 日本人は身内を褒めることにはテレがあるからね~。
「ばかだね」も愛情の裏返し。
これがわかれば国際結婚も大円満?
でも、やっぱり褒める時は徹底的に褒めてくれって?
 
[PR]

by arizonaroom | 2008-02-19 22:55 | 異文化 | Comments(4)