<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

P.S.アイラヴユー

f0037623_22525885.jpg


 死んでしまった夫から届いた消印のないラブレター。
それがすべての始まりだった。


 「亡くなった夫からの手紙」の話だというと人の反応はさまざまである。
「サスペンス?」と言う人もいれば
「ホラーじゃん。」と言った人も。
映画に何を期待しているか、
頭の中で普段何を考えているかが露呈してしまう。
変わり身の早い人は「主人公を愛している誰かが代わりに書いた。」と
思うかもしれないが
ここでは純愛路線向きに
「死期を悟った夫が周到に用意した。」とロマンチックに考えるのが
正解。
 
 かなりあまーくセンチメンタルなストーリーだなと思いながら観ていたら
それもそのはず、アイルランドの21歳の女性の小説が原作なのだった。

 展開の早いハリウッドの映画を見慣れている人には
ちょっとまだるっこしいかもしれないが
それぞれのシーンやセリフがとても丁寧に作られている。

 夫のジェリーはアイルランド出身で、会話の中ではほとんど
アイリッシュ訛りはないのに
「I love you.」という時だけ「ロブ」と強調しているのが
とても趣がある。
 
 主人公のヒラリー・スワンクとジェラルド・バトラーの演技はとても好感が持てるし
キャシー・ベイツもよい味を出している。
すごいミュージシャンなのに
友人役で何気なく出演しているハリー・コニック・ジュニアも興味深い。

 キスをしただけで運命の人かどうかわかってしまったりとか
スレている大人にはかなり甘ったるさを感じるかもしれないが
たまにはこういうのもいいかも。

 アイルランドの風景も美しい。
[PR]

by arizonaroom | 2008-10-31 23:34 | 映画&TV&本 | Comments(0)

探し物

 メガネが見つからない!
仕方がないのでもう一度コンタクトを付け
夫と一緒に懐中電灯を持って
可能性のあるところを探しまわる。

 「もしかしたらゴミと一緒に捨ててしまったかも」などと
およそ有り得そうもないことまで妄想したりも。

 結局見つかったのだが
いろいろな場所を探していて
家中が埃だらけ、
いらないものだらけであることが
しみじみわかった。

 明日は気合を入れて大掃除だ!
[PR]

by arizonaroom | 2008-10-30 23:22 | 日常&雑感 | Comments(2)

サイバーテロその2

 あれから、ネットで検索してみた。
わかったことはスタービーチという会社は
携帯用サイトではNo1の出会い系サイトなのだが
スパムで送られてきたものはここの偽物、
つまりなり済ましなのだということが判明した。
会社も迷惑しているらしくHPには
「当社では個人的に宣伝メールを送ることはありません。」とあった。
たぶん送られてきたアドレスをクリックすると
まったく別のアダルトサイトか詐欺サイトが出てくるのであろう。

 もうひとつわかったことは、この9月、10月には
多くのauユーザーに大量のmixyと偽スタビのメールが
送られてきているということである。
それなのにauからの返事はすべて判で押したように同じ、
「当社では情報は厳重に管理している、
また悪質業者だといってもこちらで調査することはできない。」

 なぜこうは言えないのだろうか。
「実は同様の苦情がたくさん来ておりこちらでも対策中です。
個人情報漏れについても調査しております。」と。

 もちろん言えない理由はわかる。
でも私のKDDIに対する信頼度はかなり下がったことは事実。


 もうすぐ大量のスパムメールを送る業者を取り締まる法律が
でき、かなりの罰金が科せられるようになるそうだが
今後の展開に注目していきたい。
[PR]

by arizonaroom | 2008-10-29 22:04 | コンピューター&カメラ | Comments(2)

サイバーテロ

 それは土曜日の夕方6時ごろから突然始まった。
涼やかな携帯の着信音は
アドレス帳に登録していない先からのメールであることを示している。
「誰だろう。」と開いてみたら何とアダルトサイトであった!

 私は携帯からフリーのダウンロードや何かの申込みをしたこともないし
自分の携帯アドレスをネットに書きこんだこともない。
どこかのお店のアンケートや入会申し込み用紙にさえも
パソコンのアドレスしか記入しない。
したがって、今までは宣伝メールやスパムメールとは全く無縁であった。


 「なんでこんなものが!」とムッとしながらブロック設定をする。
と、次の瞬間、またもやアダルトサイトからメールが!
めげずにまたブロック設定。
でもまた1分後に新しいメール。
あっという間に6件。
敵は少しずつアドレスを変えているのだ。
この時点でブロック設定は無意味なことがわかりギブアップ。

 こんな状態のまま2分起きくらいにメールはやってくる。
60件を超したところでとうとう耐えきれずに携帯をOFFにしてしまう。
もちろんこれでは何の解決にもなっていないのは百も承知だ。

 気を取り直してまたonにし、フィルター設定を高にしてみるが
何の効果もない。
auサイトで調べてみるとauには他社にはある「ブロック用のキーワード」設定が
出来ないこともわかった。
それでは、いっそのことパソコンからのメールをすべてブロックしてしまおうか。
でもそれもちょっと困るかも。
教会の緊急連絡網などもパソコンから送信されるし
英会話の生徒たちも時々職場のパソコンからメールしてくるのだ。
とりあえず着信代金を節約するために
タイトルと送信者のみの着信に設定を変えた。

 通常ならさわやかな気分で迎えるはずの日曜日の朝。
ついに迷惑メールは160件を超え、さすがに私も決意した。
「アドレスを変えよう!」
かなりパニックになっているので今までのアドレスに
数字を付けたすことしか思いつかなかったが
とりあえずこれで迷惑メールはパタっとやんでくれた。

 一件落着の後、冷静になって考えてみる。
これはいったいどういうことなのか。
迷惑メールの送信者はコンピューターを使って
実在しそうなメルアドを作りだして送るそうだから
もしかしてあまり複雑ではない私のメルアドが
運悪くそれに当たってしまったのかと最初は思った。
でもアドレス表示を開いて
敵がCCで送った宛先を見てみると(もちろん私のアドレスもある)
それはすべてezwebである。
そして、それぞれのアドレスもとてもランダムに作ったものとは思えないほど
規則性はない。
たとえば数字だけの人、ファーストネームと数字の組み合わせ、
姓と数字の組み合わせ、意味のない(と思われる)文字の羅列、
中には迷惑メール防止に役立つということで
奨励されているアンダーバー、ハイフォンなど
たくさんの記号を使っている人も。
これはどうみてもどこからかの情報漏れとしか思えない。

 KDDIにメールを送ったが
答えは予想通りであった。。
要約すると
「ご迷惑をかけて申し訳ない。
御指摘を受けた件は真摯に受け止め今後の参考とさせていただく。
でもわが社では個人情報の管理に細心の注意を払っているので
ご安心を。
今後ともauをよろしく。」ということである。

 「ご安心を」と言われてもねえ。
「調査するからCCで見えるユーザーアドレスや送信者の情報を
送ってくれ」とも言わないKDDIを
どうやって信頼しろというのか。

 ちなみにアダルトサイト名は「mixi」ならぬ「mixy」や、スタービーチ。
はっきりいってこんな暴力的な送り方したら逆効果じゃないの?
それともauユーザーへのいやがらせ?

 その後検索してみたら、同じ時期に
私のように被害にあったauユーザーが
たくさんいることがわかった。
これでも「ご安心を」って?KDDIさん。


 ようやくアドレス変更のお知らせを送信し終えて
(もしかしたら漏れもあるかも)ホッとしたとき
突然知らないアドレスから着信が!
アドレス帳に載っていない人からなんてありえない!と
と一瞬緊張する。
添付ファイル付きだしアドレスも見るからに怪しげな名前。
よっぽど見ないで消そうかとおもったのだが
意を決して開いてみたら
ヘルメットの写真。
署名こそなかったがどうやらバイク仲間である。
実は携帯には彼のPCアドレスしか登録していなかったのであった。
脅かさないでよ~。

 その後母からもメールが来た。
「うちのパソコンにETSUKO宛てのメールが700通来ています。
すぐに連絡ください。」

 「なぜ実家に私宛のメールが行くの!それも700通も?
携帯から来たウィルスが実家のPCに感染?」
とまたしても有り得ない発想をして緊張する。
でも詳しく父から聞いてみたら
先週私は、実家に帰った際、マイヤフーをログアウトしないで帰ってしまったため
事情がよくわからない父が私のメールボックスを開いてしまっただけなのであった。
脅かさないでよ~。
ちなみに父はヤフーのIDは持っていない。

 思いがけない事件の後は冷静さを欠いてしまうものである。
[PR]

by arizonaroom | 2008-10-28 23:28 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

平均年齢80歳?

f0037623_1645214.jpg

f0037623_165473.jpg

   カトルカール           ポピーシードのパウンドケーキ
   ラ・フランスと紅玉のタルト   りんごと胡桃ノケーキ


f0037623_1665269.jpg

     後から出したさつまいもとリンゴのケーキ

 今朝はとても気持ちのよい天候だったので
お客様が多そうな予感。
その予感はズバリ的中し、グループホームの方もほぼ全員みえていたようだ。

 タイトルの平均年齢80歳というのはちょっと大げさだったかも。
なぜなら小さなお子さんや赤ちゃんも多かったので。

 川べりを散歩の途中で看板をご覧になった方や
教会のホームページでグレイスの存在をお知りになった方など
新来店客も3名。
「次回はお友達を連れてきます。」との事。

 こうやってふれあいの輪が広がっていくのはとても楽しい。

f0037623_16173997.jpgf0037623_16174894.jpg








f0037623_16175819.jpg


f0037623_1618963.jpg

  97歳のUさんと44歳のアメリカ人宣教師。
 「どうしてこんなに私のことを大切にしてくださるのですか?」とUさん。
 「あなたを愛していますから。」と宣教師。
 
 今日は私がUさんのために書いたエッセーをみなさんの前で朗読。
 グループホームの館長やUさんのヘルパーさんたちは
 Uさんの人生の素晴らしさに感激されて涙を流されていたとか

[PR]

by arizonaroom | 2008-10-27 16:22 | 喫茶室グレイス | Comments(2)

親娘3代のホームスティ?

f0037623_22454774.jpg

 もっとかわいい写真をたくさん撮ったのに
ネットなのでこんな写真しか載せられないのが残念。
 

 今日は鶴見の友人宅へお邪魔した。
友人のT子さんのお母さんは若い頃、夫の両親宅にホームステイしたことがあり
夫の家族とはそれ以来のお付き合いだ。
T子さんもやはり高校時代に夫の両親宅にホームステイ、
つまり親娘2代アリゾナに滞在したのだ。

 T子さんは夫の姪と高校時代に文通していたことがあった。
その姪が3年前に来日した時に
「T子に会わないかなあ」ときょろきょろしながら歩いているので
この東京でそんなわけないじゃん。」と笑っていたら
なんと本当にばったり会ったのだった。

 10年以上のブランクがあるのに
遠くから歩いてきたT子さんにすぐ気がついた姪はある意味すごい!
もしかしてT子さん、10年前とほとんど変わっていない?

 今度ホームステイするのは幼いMちゃんの番だね。
 
 今日はとても楽しいひとときをありがとう。
[PR]

by arizonaroom | 2008-10-26 23:18 | 日常&雑感 | Comments(0)

旅は友人と

 伯父夫婦がヨーロッパ豪華客船の旅から帰ってきた。
同じ日本の旅行会社からの参加者は7名で
なんと伯父はたったひとりの男性だったそうだ。

 ほとんどが旅慣れた熟年世代の女性なのだが
それぞれの御主人は家でお留守番なのだとか。
 
 「だって~主人と一緒じゃ気を使うし楽しくないのよ。」
「そう!特に買い物がね。」
「主人だって好きなことやっているのだもの。お互い様よね。」

 彼女たちは旅の間、留守宅に電話すらしていなかったそうだ。

 そういえば私がヨーロッパ旅行に夢中だった頃、
出会う日本人で新婚以外は
たいてい同性の友人同士もしくは母と娘の組み合わせだったっけ。
たま~に夫婦もいたけれど。

 日本はカップルの文化ではなく
男の世界と女の世界に分かれている。
お互いの領域を侵さない。
これが離婚率の低い秘訣?

 でもシングルライフも、カップル文化の欧米より
同性の遊び相手に事欠かない日本の方が絶対楽しいと思うよ。
[PR]

by arizonaroom | 2008-10-25 23:09 | 異文化 | Comments(2)

Joe the Plumber(配管工のジョー)

 ちょっと前のCNNニュースでマケインとオバマがそれぞれの演説で練呼していた
「Joe Plumber」。
配管工のジョーという意味だがプラマーという職業の呼び名が
あたかも名字のように使用されている。




 オバマがオハイオに遊説中
ジョーことサミュエル・ジョゼフ・ワーゼルバッカー氏(34)が
25万ドル以上年収がある富裕層への3パーセント増税を計画案を出しているオバマに
「自分には配管業の会社を買い取る計画があるのだが
あなたの税政策だとどれくらい増税されるのか心配だ。」と発言したのがことの発端である。

 これに飛びついたのがマケインで
「ジョー、私ならあなたの税を下げられる。」と
討論会で発言、オバマを「増税路線」と批判した。
両陣営とも白人男性中間層を狙っているから大変だ。
マケイン、オバマとも「ジョー」を連発、
配管工ジョーは一躍時の人となってしまった。

 その後ジョーはあちこちのテレビ局のインタビューに応じていたようだ。
私が見たときにはけっこう機嫌好さそうに見えたのだが
この後、事態は急転換する。

 アメリカメディアがジョーの素情を調べ上げ
彼は無免許の配管工(それ自体は違法ではない)の上に
税金も1000ドル以上滞納していることが判明してしまったのだ。
しかもメディアはご丁寧にも
彼の計画しているビジネス規模ではオバマのいう富裕層には
全然ならないとまで付けくわえた。

 結局は恥をかかされた形のジョーさん、
マケインはテレビを通して謝っていたようである。
 

 「ジョー」という名前は日本でいう太郎みたいなもので
「配管工ジョー」はいわば中間層の象徴として使われていたのであり
実際の人物になぞらえたのは、
いうなればマケインのユーモアであったのだが
とんだところで墓穴を掘ってしまったようだ。

 ところでアメリカ人は本当に不思議な人種である。
このジョーさんだって現在のところは
勤労世帯の減税政策を訴えるオバマの恩恵に与れるはずなのに
自分がお金持ちになった時のことを今から税金を心配しているのだ。

 
 富裕層ではないにもかかわらず
マケインが訴える富裕層の減税継続を支持する人たちは
いずれは自分もこの富裕層に入れると
思いこんでいるのかもしれないな。

 (もちろん税政策だけが選ぶポイントではないけれど。)
[PR]

by arizonaroom | 2008-10-24 23:36 | ニュース | Comments(0)

自分の写真がない!

 去年に引き続きまたまたファミリーカレンダーを作ることになった夫の家族、
「早く写真を送れ~」との催促がきた。
 
 私はよく写真を撮るが自分の写真はあまりない。
って、私世代の女性(いくつ?)ではそりゃ常識でしょ。
誰も好き好んで撮ってはくれないし(夫さえも!)
第一、自分でも写真を見るたびに
「写りが悪いのではなくやっぱり年なんだ~。(普段は自覚がない)」って
そりゃがっくりくるものなのよ。

 それに夫婦でのツーショットなんて
そんなものはめったに無い!
やっと見つけても両方の写りがいいものなんて
ありゃしない。

 そもそもカレンダーにいい大人の写真を入れること自体間違っている。
「ちっちゃな子どもとわんちゃんだけ入れればいいのよ~。」
な~んて張り切っている義姉に今さら言えやしない。

 ・・・とりあえずツーショットはあきらめてもらおう。
20年前の写真でもいいかしら?
[PR]

by arizonaroom | 2008-10-23 23:45 | 異文化 | Comments(4)

短縮

 「チデジ」という言葉の語感が嫌いだ。
「地デジ」と文字で書くとそれほどでもないし
意味もすぐわかるが
「チデジ」と言葉で言われてしまうと
なんだか違うものを想像してしまう。
(何を想像するかは想像にお任せします。)

 そもそも日本語ではカタカナ語を短縮する時は
最初の2文字と次の語の2文字を組み合わせて4文字にするのが
決まりごとになっている。
「ワープロ」とか「パソコン」とか英語圏では絶対通用しない和製英語だ。

 私はよくアメリカに住むアメリカ人にクイズを出す。
「ワープロは何の略でしょう?」とか。
「『カラオキ』の『カラ』は『empty』という意味です。では『オキ』は?
ヒントは日本では「カラオケ」と発音します。」とか。
これがなかなか難しいのだが、勘がいい人もいてたまに当たることもある。

 4文字というのは日本語として納まりがいいいのであろう。
(地デジは3文字だが。)
英語の頭文字だけの組み合わせよりよほどわかりやすい。
頭文字だけだと知らなければ絶対意味を推定するのはほぼ不可能である。
まあ日本にも「KY]というようなへんてこりんな言葉が
横行し始めてはいるが。
 
 4文字の短縮語も最近は変則なものが出てきた。
その最たるものが「エンタメ」である。
今でこそ耳に慣れてしまったが
最少は「ん?」と思ったものだ。
いったい誰が最初に言い始めたのだろう。

 言葉は生きていてどんどん変化している。
最初は違和感があってもじき慣れてしまう。
でもやっぱり「チデジ」も「エンタメ」も当分好きになれそうもない。
[PR]

by arizonaroom | 2008-10-22 23:54 | 日常&雑感 | Comments(2)