<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

空虚なコミュニケーション

昨日の野口さんの「かなり気がかりな日本語」の続きである。

 日本にはリアクションを期待しないコミュニケーションがあるという。

 スーパーマーケットのレジで)「いらっしゃいませ。」
(年賀状)「今年こそは絶対会いましょう」
(電車内)「優先席付近では携帯の電源をお切りください。」
(転居通知)「お近くにお越しの節はぜひお立ち寄りください。」
(タバコのパッケージ)「吸いすぎに注意しましょう。」

 これらのメッセージの目的は字義通りに伝達することではなく
メッセージを発したということを相手に知らしめることにある。



つまり、「言ったぞ」ということに意味があるのであって
相手にその行動を期待していないということなのだ。

 それで合点がいった。
日本のレジでは係の人に「いらっしゃいませ」
「ありがとうございました。またお越しください。」と言われても
無言であるのに対して
アメリカでは
「ハロー」と言われれば「ハロー」と答える私。
相手が「サンキュー」と言う前に「サンキュー」と言っていたりして。

 「郷に入れば郷に従え。」を実践しているつもりだったが
でもなぜか無理をせずにごく自然に言っている。
「こんな私でも、やはりアメリカに媚びているのだろうか。」
などとちょっと気になったりもしていた。

  でもわかったのだ。
日本のレジ係はけっして私の目を見ないで言っている。
彼らは私からの返事をまったく期待していない。
一方アメリカのレジ係はまっすぐに私の目を見て「ハロー」と言う。
これじゃあ返事をしないわけにはいかない。

 日本のレジ係は私が買った物を詮索したりはしない。
ただ無言でスキャンするだけだ。

でもアメリカでは
「あら、あなた、こんなに月見草オイルのサプリを買ったのね。
これは何にいいの?」と
レジ打ちもそっちのけで効能を読みはじめたりする。
「東京の友人に頼まれたのよ。」と言うと
「日本人が『いい』と言うからには絶対いいに違いないわ。
私毎日、豆乳を飲んでいるの。(豆乳は日本から来たのか?)」
と会話はえんえんと続いてしまう。
イトーヨーカドーでこんなことやったら
当の買い物客は戸惑い、後ろに並んでいる人はイライラ、
しまいにはレジ係は
上司に怒られてしまうのがオチだろう。

 レストランでも同じ。
日本のウェートレスは丁寧だが、他人行儀。
だから客も「お待たせしました」と注文したものが来ても
「ありがとう」とすら言わないどころか
話に夢中で来た皿さえも見もしない。
ウェートレスを完璧に無視。

 しかし、アメリカではチップのこともあり
給仕係のフレンドリーさは並大抵ではない。
食事の最中も「Is everything ok?」と声をかけてくる。

 昔の日本はこうではなかった。
客と店主の会話はしっかりと成立していた。
もちろん、今でも小さな店ではコミュニケーションは存在している。
「あら、私もこれ飲んでいるのよ。」とか
「この器、何に使うの?」なんて聞かれたこともある。(どちらも知らない人だ・・。)
でもそれはもう少数で、これからはもっともっと少なくなるだろう。

 いったい日本はどこに行ってしまうのだろう。
古きよく日本は・・などと思うとちょっと寂しい。

 でも、でも、
東京の片隅にとってもフレンドリーな喫茶室があった!
ここでは給仕が来るたびにほとんどの客が「ありがとう」と言う。
客とウェートレスがお互いを名前で呼び合ったりも。

 もう皆さんおわかりでしょう!それは喫茶室「グレイス」!
目的がビジネスではないというのが大きいのかも。

 「日本はなんだか空虚なコミュニケーションのない世界になってしまった」
と言うことを書きたかったのに
なぜか最後は「グレイス」の宣伝、自慢になってしまったわ~。
 今年はもう少し謙虚にならなくては・・・。
[PR]

by arizonaroom | 2009-02-28 20:37 | 異文化 | Comments(0)

かなり気がかりな日本語  野口恵子著


f0037623_23461275.jpg
 「1000円からお預かりいたします。」
 「おタバコの方お吸いになりますか?」

 これらの言葉が気になってしまう日本人はまだまだたくさんいると思う。
ではこれは?

 「歌手で作家のAさんは・・・」
「カラオケは基本的に嫌いなんです。」
「結果が出せず申し訳ない。」
翌週と来週の違いは?

 フランス語教師でもあり日本語教師でもある著者の野口さんは
言葉を職業とする人だけあって
若者の言葉だけでなく巷で聞こえる人々の日本語が大変耳障りに感じてしまう。
外国人に正しい日本語を教えているそばから、
日本人がひどい日本語を話しているのである。

 嫌われる使役、消えゆく助数詞、育成されていない口語表現力
中でも興味深かったのは敬語表現について。
丁寧に言おうとして間違った使い方をしている人がたくさんいるのだ。
 「お母様からいただいたのですか?」
「●●さんを存じ上げていらっしゃいましたか?」
「母は私が3歳の時に亡くなりました」

 「うんうん」と肯くところあり、「え?そうだったのか。」と目から鱗の箇所もあり
ぜひ多くの人に読んでもらいたい一冊である。
[PR]

by arizonaroom | 2009-02-27 23:44 | 映画&TV&本 | Comments(4)

腑に落ちない

f0037623_22152354.jpg

  あんみつもコーヒーカップ
 

 新宿南口にある某百貨店の8階にある喫茶室での出来事。
(喫茶室というより休憩コーナーでコーヒーが飲めるという雰囲気の場所である。
 だからといって値段が安いわけではない。
 でも全面的に禁煙なので非喫煙者には楽)

 私は抹茶白玉あんみつをオーダー。
友人はワッフルとストレートティー。
注文を出し終えた後、ウエートレスは再び私を見る。
「お客様、お飲物はいかがなさいますか?」

 えっ?飲み物?
だって私はあんみつ・・。

 慌ててメニューを見返す。
でもあるのはコーヒーと紅茶、ココアにジュース。
どう考えてもあんみつと一緒に飲むものとは思えない。

 でも気が弱い私(ホントかよ)、
「後でいただきます。」と。

 ウエートレスは「かしこまりました。
ではメニューは、まだ置いておきますね。」と言って席を離れた。

 なんだか腑に落ちない。
「ねえ、このお店、飲み物は絶対頼まなきゃだめなの?」と私。
「そんなことないよ。
だってあんみつにはお茶なのにお茶なんてないじゃない。
それに飲み物とデザートがセット料金というわけでもないし。」と友人。
 
 「そうだよね。でもなんだか強制的みたいな感じだったよね~。」
「いいよ、安くないんだし、頼まなくたって。」
「うん、水だけで十分。コーヒーは後で他へ行って飲もう。」

 しばらくして友人のところに紅茶が来、それから数分後にはワッフルも到着。
一方、私のあんみつはかなり遅れてやって来た。
「あんこが切れていて下に買いに行ってたのかな」などと冗談を言いあう私たち。

 さて、さんざんおしゃべりに興じ、あんみつが空になった頃、
やはりのどを潤したくなってきた。

 ここで敵の思惑通りに飲み物を追加注文するのはちょっと悔しいが
やはり飲みたいので、余計な意地を張らずに
紅茶を注文することにする。

 そして紅茶が到着。伝票も到着。
ここで二人は初めて気がついた。
先ほどまで伝票はなかったのだ。

 と、いうことは私が追加するまで伝票は奥のキッチンで待機していたということか。
もし、オーダーしなかったら私たちは伝票なしでレジまで行き
「伝票は?」と聞かれ、
「え?そんなものあったんですか?」と混乱状態に陥ったに違いない。

 そんなことを考えながらも、気を取り直して紅茶を飲んでいたら
突然ウェーターがやってきて「失礼します。」と
テーブルにあった伝票をつまみ上げ、レジまで行き
ウエーター、ウエートレス二人で何やら、囁きながらレジ打ちをし
また「失礼しました。」と伝票をテーブルに戻しに来た。
唖然とする私たち。


 改めて伝票を見ると、最初の伝票には紅茶1、ワッフル1、あんみつ1、追加注文紅茶1と
手書きで書かれており
2枚目にはタイプで「紅茶2、ワッフル1、あんみつ1」と
それぞれの単価と合計金額が打たれてある。

 お客は別に多くない。空席もけっこうある。
閉店の時間までまだまだ数時間。
なんだか意味不明の行動である。

 そして私たちは帰ることになり、その伝票を持ってレジに向かう。

そのレジでは、なんと、先ほどのウェートレスが
「紅茶2つ、ワッフル1つ、あんみつ1つ」と声をあげて
既に単価と合計金額が出ているレシートを見ながら
再び同じ内容を打ち始めたのだった。

 
 
 
[PR]

by arizonaroom | 2009-02-26 23:10 | ショップ&レストラン | Comments(2)

傘を忘れない方法

 外国人の友人が「見て!私のアイデアを。」と傘を持ってやって来た。

 バッグの中からジップロックの袋を取り出し
その中に折りたたみ傘を入れ、
それをバッグの横ポケットに入れた。
「ほら、これなら傘を置き忘れたりすることもないでしょ?」と。
(彼女はよっぽどあちこちで傘を紛失しているのだろうか。)

 しかし、彼女がいなかくなった後、ふと廊下を見たら
そこには傘が入ったジップロックが!

 今度はジップロックに鈴も一緒に入れなきゃね。

 ちなみに車社会で、しかも砂漠のアリゾナの夫の実家には
傘というものは1本くらいしかない。
[PR]

by arizonaroom | 2009-02-25 23:07 | 日常&雑感 | Comments(2)

子どもを花粉症にしないための9か条

昨日のニュースより(注:親記事は数日で消えてしまうと思います。)
  
理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センターの谷口克センター長が
 「花粉症にならないための9か条」を紹介した。
  ▽生後早期にBCGを接種させる
  ▽幼児期からヨーグルトなど乳酸菌飲食物を摂取させる
  ▽小児期にはなるべく抗生物質を使わない
  ▽猫、犬を家の中で飼育する
  ▽早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす
  ▽適度に不衛生な環境を維持する
  ▽狭い家で、子だくさんの状態で育てる
  ▽農家で育てる
  ▽手や顔を洗う回数を少なくする
 

 この理論が学会でどこまで支持されているかは知らないが
 けっこうこれを読んでショックを受けている人は多いと思う。
子どもに「よかれ」と思ってしていたことがすべて否定されてしまうのだから。

 以前ニュースで、アメリカの医者が靴で歩く床に、わざとお菓子を転がし
3歳くらいの自分の娘に食べさせているのを見たことがある。

 日本のテレビでも清潔にしすぎていると
体の中にあるA抗体が活躍の場がないので休んでしまい、
かわりに副として待機しているB抗体が出てくるのだが
これがちょっとおバカさんで、
小麦粉などを悪いやつだと勘違いして攻撃してしまうのだと言っていた。

 大腸過敏症で薬でも完治せず、下痢を繰り返すのでどこにも行けなかった女性の症状が
劇的に改善されたとのニュースを以前見た。
 医師が2週間ごとに飲みなさいと渡したもの、それは

   「寄生虫の卵」(ギョウチュウだったかな?)

 寄生虫が快適に住みやすいように腸を整えるからだという。
  (詳細は忘れたが確かこんな理由だった。)

 もちろん花粉症だけが健康上の問題ではない。
抗生物質によってたくさんの病が治り
手洗いの励行や清潔さを保ったために
感染病やチフスなど怖い病気から私たちは体を守ることができたのも事実。

 でも「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」なのだろうか。
ちょっと考えさせられる記事だった。
[PR]

by arizonaroom | 2009-02-24 22:12 | ニュース | Comments(2)

雨天

f0037623_16375668.jpg

     クランベリーとチョコチップのチョコレートケーキ
     りんごとサツマイモのパイ
  
f0037623_1638693.jpg

      ブラックミッドナイトケーキ
f0037623_16381888.jpg


 今日は朝から雨。
これではグループホームの方々のご来店は無理だろうなと
準備をしながら思う。
 
 お年寄りたちは案の定いらっしゃらなかったが、
ゆっくりとした出足ではありながら
それでもグレイスは今日も賑やか。

 昨日の総会でも、触れられていたが
地域に根差したグレイスは確実に成長している。
[PR]

by arizonaroom | 2009-02-23 16:47 | 喫茶室グレイス | Comments(2)

沈黙の惑星(思いっきりネタばれ)


 たとえ無料レンタルでも「私の貴重な時間を返せ!」と叫びたくなるような映画がある。
それがこの映画。
安売りデーとはいえ190円も払った私としてはもっと悔しい。

 なぜ借りたのかというと話の着想がとてもよかったからだ。

 西暦3037年。地球は、メンダックス星の侵略にさらされていた。
滅亡の危機に瀕した人類は、最後の手段として特殊部隊を敵の母星に派遣。
その任務はメンダックス人の免疫システムを破壊する、“デボルガ・ウィルス”を散布すること。
しかし事態は、意外な展開を見せる。その星の文明は、はるか昔に絶滅していた。
廃墟の中で、彼らは数百年前に墜落した地球の宇宙船を発見。
彼らより以前に、地球人がそこを訪れていたのか?


 ね、おもしろそうでしょ?
しかも、この後最初に死んだはずのキャプテンが息子と一緒に登場しちゃうのだ。

 しかし、この制作者のアイデアはここで尽きてしまったらしい。
メンダクス星人は幻覚を操るなんて言われてしまうだけでも興ざめなのに
「私は地球人の味方です」なんていうメンダクスが出てきたりと
なんだかわけのわからない展開の後
結論はあなたがた観客にお任せしますなんていわれちゃった日には・・・。

 「結論は観客にお任せ」というのはけっして無責任な終わり方ではない。
このあと主人公はどうなっていくのだろうという余韻
見る人それぞれが違う解釈というのも、それはそれでいい。
でもミステリー仕立てのSFでそれをやられちゃうとね・・。

 最初は緻密だが途中からは逃げ回るだけ、そして最後は大爆発、
主人公と恋人だけが助かって「よかったね」と抱き合って終わりというのは
ハリウッドではよくある話で
「おいおい何も解決していないぞ」と画面に向かって叫んでいる私であるが
この話はそれよりもっとタチが悪い。

 しかも、しかもですよ!役者がみ~んなダイコン!
感情移入できるような魅力のあるキャラクターもゼロ。
製作費の予算もかなり少なかったんだろうなと思わせる、まるで学生映画のような背景。

 某レンタルDVDのサイトの作品のイメージは「ほのぼの」。
何を持って「ほのぼの」などと言えるのか映画よりこちらの方がミステリーである。

 ここまで書いても、まだ借りたい人いる?
[PR]

by arizonaroom | 2009-02-22 22:32 | 映画&TV&本 | Comments(0)

ネット詐欺その4 ナイジェリアの手紙

 ネット詐欺で有名な「ナイジェリアの手紙」というのがある。
アフリカの元高官、あるいはその遺族が、10億円くらい隠し財産を持っていて
そのお金をこっそり国から持ち出すために
あなたの口座を貸してほしいというものだ。

 また「亡くなった天涯孤独の大金持ちが亡くなった。あなたと同じ名字なので
国が没収してしまうのを防ぐためにあなたの口座を貸してほしい」と
弁護士と名乗る人からのメールもある。

 どちらもたくさんの謝礼をするという。
うちにも一時たくさん来ていた。

 オレオレ詐欺との違い。
それはオレオレは肉親の愛に付けこむのに対し
こちらは人間の欲望につけこんでいる。

 また、オレオレは電話によって一瞬で催眠状態になってしまうのだが
こちらはまだ冷静さが保てるメールである。

 変なメールを受け取ったら、まずキーワードを検索してみるといいと思う。
あなただけが受け取っていたわけではないのがわかるから。


 しかし、これらの文章を読んでいると
想像力のすばらしさに脱帽してしまう。
この才能をもっと他のいいことに使えばいいのに。
[PR]

by arizonaroom | 2009-02-21 23:57 | コンピューター&カメラ | Comments(2)

ネット詐欺その3

 昨日触れた「Having Fun With a Scammer」について
人のサイトを無断で掲載して和訳するのも何だが
せっかくなのでちょっと紹介。
  (長いのでかなり省略します。)
緑・・・筆者のメール  青・・・詐欺師のメール

 4月6日
  S,Jillという人からメールが来た。僕が売りに出している中古のSaab(スエーデン車)を買いたいんだと。
 僕の詐欺アンテナがピピと作動!なぜなら僕はSaabなんて売りにだしていないんだ。
さっそく返事を出す。「ぜひ君に買ってもらうよ。」と。
 
 4月7日
  折り返しすぐ返事が来た。

実は僕はアメリカに住む友人に7500ドル貸していて
友人がその金を銀行発行の小切手で返してくれることになったんだ。
(訳者(私)注:お金と交換なので非常に安全な小切手である。もし小切手が本物ならば。)
でも、アメリカでは2~3日しかかからない換金が僕の国では30日もかかる。
そこで提案、この7500ドルの小切手を君の名前で送るから
君の車の代金は1400ドルを差し引いて残りをユニオン銀行の口座宛てに送ってくれないか?
車は僕の配達係が君の指定した場所に取りに行くよ。
 
 

 お~なんていいやつなんだ!外国にいる友人に数千ドルも貸してしまうなんて。
 僕にもいつか貸してくれるかもしれないから仲良くしておこう。
 僕はさっそく快諾した。

しかしそれからこいつからのメールが2週間も突然途絶えた。

 4月23日に返事が遅れたお詫びと小切手を送るとのメールが来た。
しかし、こいつ、車の名前をSAADだって。Saabなのに。
「そろそろゲームのスタートだな」と僕。
 
 君からの返事が2週間もなかったのでSaabは他の人に売ってしまったよ。
でも他にも手に入れられるよ。赤なんだけど走行距離が前のより少ないんだ。
だからちょっと高めだけどいいかい?たぶん1400ドルから2400ドルの間だと思うけど。

 
 4月25日、待ちに待った偽物の小切手が到着!ワクワク!さっそく銀行の自分の口座に「入金」。
(注:実際にアメリカにある銀行の名前。写真を見る限り本物そっくり。
  だから銀行も受け入れたのだけど。)
FedExで送られてきたのでトッラッキングナンバーをネットで入力して
どういう経路で来たのか調べてみる。
(私注:ここでその絵が出ている。送付地はイギリスの町のようだ。)

 ここで僕は小切手が偽物とはっきりわかるまで時間稼ぎをしないといけない。
彼からは差額を明日送れとのメールが来ている。
そこで僕は「バケーション」に出ることにした。
そこで新たなメルアドを作り知り合い全員に出した自動送信メールのフリをして彼に送る。

4月26日
 ハロー、僕は今バケーションに出ている。
ということで当分誰のメールは見ることができない。
急用がある人は管理アシスタントの○○にメールだしてくれ。

 
 混乱状態の詐欺師。
彼はその後も何度も「送金しろ」の催促が。
差額の送金のうち200ドルは手数料に取ってもいいとまで言い出した。
そして送金は銀行よりアウトレットモールの方が手数料安いよなんて
アドバイスもくれる。
僕はもちろん返事をしない。だって休暇でメールは見ていないのだから。

 27日、29日、と「いったいどうなっているんだ」とのメール
そして30日。Oh No!すべて大文字で書かれたメールが。

 お前は詐欺師(私注*ミススペルをしている。)だ!
チェック受け取ってるんだろ!
ネットビジネスがどんなものか知らないのか!
てめえのツラなんか見たくもねえよ!

 
 僕を詐欺師呼ばわり?こりゃあ手数料200ドルなんかじゃワリにあわない。
500ドルはもらわなくちゃね。
ところでやっと銀行が小切手をつき返してきた。
相手の銀行に問い合わせてわかったのだ。
もちろん「偽物」とのスタンプ付きで。(私注:ここでその小切手の写真。)
手数料5ドル取られたけど僕はいい記念の品ができてハッピーだよ。
さあ、ここからが本番開始だ。

 5月5日
 やあJill。やっと休暇から戻ってきて、さっき小切手を受け取ったよ。
配達会社に長い間留め置きになってしまっていた。悪いことしたな。


 折り返し詐欺師からメールが来て明日の送金を待っているとの返事が。 
 
でも僕は休暇中にたくさん来ていたメールをチェックして、
彼のひどい言葉で綴られたメールを「発見」、
さっそく怒りのメールを彼に送る。

 今休暇中に来たメールを読んでいたら、君のメールがあったよ。
なんだあのひどいメールは。ちょっと失礼じゃないか?
ところSaabが来たんだけど2800ドルでどうだ?(注:ちょっと値上げ)
明日金は送るけど君の無礼さに500ドルの手数料を取ることにしたよ。
だから差し引き3600だ。

 
 頭のいい人なら気がついたと思うけど、この引き算、実は間違っている。
差し引きは3600ドルではなくて4200ドルなんだ。
合わない600ドルは彼の無礼なすべて大文字メールに対する僕への慰謝料だ。

 そして彼から謝りのメールが。こいつまだサーブのスペルを間違えている。
まだまだじらしてやらないとね。
僕はこの謝罪メールを受け取っていないフリをして
「君からの謝罪がまだない。」とメールを送ったら
前回(僕が見ていなかったことにしたメール)と同じ内容のメールが来た。
彼はお金を受け取るためには僕の情報と、僕が設定したパスワードが必要だ。
それについても聞いてきた。


 5月9日
 金は送ったけど、今止まっている。10日待たされるかもしれないと銀行は言っていた。
君が受け取るために僕が設定した情報は
君からの返事が来てから送るよ。

 
 僕は彼の返信メールが必要だった。
なぜなら僕は彼のIPアドレスがほしかったんだ。
万が一、彼がいくつか違うパソコンからログインしているかもしれないからね。

 5月12日(月曜)( やつは週末オフだったらしい。 ) 返信が来た。

5月13日 いよいよ最後のシメ
やあ君とのやりとり楽しかったよ。
 金を受け取るに必要な情報はここだ。メールでは危ないからね。


ウエブに誘導。
そこには彼が送った小切手の写真が!もちろん「偽物」とのスタンプ入りで。

 この後、もちろん彼からのメールは途絶えた。
しかし、彼はよほど自分が騙されたことが信じられなかったのだろう。
IPアドレスをチェックしてみたら2度もこの小切手の写真を見に来ていたことがわかった。

さあ、僕は次の詐欺師との対決だ!

 

 
[PR]

by arizonaroom | 2009-02-20 22:14 | コンピューター&カメラ | Comments(2)

ネット詐欺その2

 昨日の続き。

 私が発見したのは、同じ文面のメールだ。
「Good day,」で始まり
「I want you to know that am so much interested in buying the advert you posted for sale.」と続く。
 ここにアイテムの名前が入っていないところがミソである。
そして次の文面。

1}I need to know if you still have it for sale
2}Present Condition
3}Your least selling price for the item
4}recent picture for the advert 

 どのセーラーにも通じるような内容でありながら、でもやはりどこか違和感が。
 そもそも「least selling price」って?
ま、言わんとしている意味がわかるが・・・。
  
 最後は偽物のブリティッシュマンらしく「Best Regards,」で締めくくる。

 そして何回かメールをやりとりすると次の文面が来るのである。


I'll instruct my Client in the States,to issue out a Certified Cashier's Check tagged $320, drawn from a US bank in your name.Having it in mind that business is based on trust,When you receive the check, cash it, deduct the amount due for the purchase, and send the remaining funds to my shipping Agent via Western Union Money Transfer,whom will then come over to your location for the pick up and take care of all shipping issues. If you are alright with this arrangement, provide me the following info:

1)Name as to be written on check
2)Full address to where the check will be mailed out to
3)phone # so as to contact you



 このサギ文面はマニュアル化されていたのね~。

 もう何がGet back to me asapだ!

 ついでに彼の名前も、emailアドレスも見つかった。
アメリカ人の集まるフォーラムで、「こんなメールをもらった」という人が公開している人がいたのだ。
 それも、2008年7月4日。半年も前だ。

 だいたい詐欺を働くのなら、名前とメルアドくらいもっとマメに変えろっつうの!

 もっと面白いものも発見!

 この詐欺師)をからかっちゃった人がいるのだ。
(ちなみにこちらは名前もメルアドも別)
彼は言う。「話のタネに偽物の小切手でもらってみようか。」と。
そしてその一部始終をネットで公開している。
タイトルも「Having Fun With a Scammer」
 (簡単に翻訳してみました。こちらをどうぞ)
 
 アメリカ人はタフだ。いや、よっぽどヒマなのか。

 さて、夫はどうしたかというとー
最初は「残念なことにもう売れてしまったんだ。でも同じような商品を見つけたよ。」と
上の詐欺師をからかうサイトを貼り付けてしまおうか等と言っていたのだが
「支払いはpaypalしか応じない。sorry」くらいに留めておいたようである。
[PR]

by arizonaroom | 2009-02-19 23:21 | コンピューター&カメラ | Comments(2)