<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

がん哲学外来の話

f0037623_2195464.jpg


 以前グレイスでお話をしてくださった樋野興夫教授の著書。

 樋野先生は順天堂の病理・腫瘍学の教授である。
2008年の1月に順天堂医院で「医師と患者が対等の立場でがんについて語りあう場」として
無料の「がん哲学外来」というものを試験的に設けたら予約殺到で
いっぱいになったという。

 それは日本のがん医療に足りないものを肌で感じた教授の
新たなライフワークが始まりでもあった。

 「がんになってもがんと共存し、天寿をまっとうするまでがんで死なない」という
「天寿がん」の実現化を目指す今の時代に
医師や患者自身、その家族、友人に求められているものを
この本は教えてくれている。

 抜粋すると
こうあらねばならないという価値観から自由になる。
人間死ぬのは確実、いつ死ぬかは確率
あいまいなことはあいまいに考える。
今の自分に必要のなものは潔く捨てる。

 そして家族の心構えとしては
最後まで見捨てないのが家族
心配は愛情ではない、むしろ負担になる。
だまってそばにいてくれるだけでいい。
家族で言いにくいことは他人の力を借りる。
患者さんの不満や不安の代弁者になる。
難しいことは他人に期待しない。

 そのほかに「それでも死ぬという最後の仕事が残っている」
「がん患者を見舞う新ルール」など
「なるほど」と思うことがいっぱい。

 絶対に読んで損はない一冊である。


 
[PR]

by arizonaroom | 2009-06-30 21:44 | 映画&TV&本 | Comments(4)

チーズケーキとオレンジゼリーの日

f0037623_18121952.jpg


ニューヨークチーズケーキとベークドチーズケーキ
f0037623_18124967.jpg


フルーツゼリーとオレンジヨーグルトゼリー
f0037623_18132331.jpg


 昨日の予報によると午前中は雨のはずだったのに
朝起きてみたら眩しいくらいの陽の光!
かなり暑くなりそうな予感。

 こういう日はお客様は多いのだろうか、それとも少ないのか。
客足の予測というのは本当に難しい。

 
前半
f0037623_18165913.jpg


後半。みなさん忙しいのか前半と後半でお客様がずいぶん入れ替わった。
f0037623_1817101.jpg


 「今日は幼稚園がお休みだったんだ!」
f0037623_18205792.jpg


外は暑いのに、ママたちは大変
f0037623_18212589.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2009-06-29 18:24 | 喫茶室グレイス | Comments(2)

恋愛上手になるために

f0037623_2210169.jpg


  退屈なCMソング作りの仕事にうんざりする一方、
恋人のドーラ(グウィネス・パルトロー)との仲にも未来を感じられないゲリー(マーティン・フリーマン)。
失望し、気力を失った彼は、
夢の中に登場する美女アンナ(ペネロペ・クルス)との関係に充足感を感じるようになり、
自覚しながら夢を見る方法を習得しようとする。(シネマトゥデイ)

 
 原題は「the good Night」。
またまた日本の配給会社は若い女性にこびるようなタイトルをつけちゃって。
でも見終わってみてわかった。大人が見る映画ではない。

 現実の恋人としっくりかなくなったからといって
夢で出会う女性にのめりこみ、
実際に夢とそっくりの女性に出会えば
その女性を夢の女性と重ね合わせようとして顰蹙を買う。
そしていざ現実の恋人が、新しい一歩を踏み出そうとすれば嫉妬し・・・。

 これは「所詮現実には理想の女などいないからせめて夢でも」という
男の絶望とはかない夢を描いた作品なの?
それとも「男はこんなに単純な動物だから
女性は寛大な気持ちで接してあげてね」という
男から女へのお願い?

 ストーリーはともかく、
夢の中の完璧な女性と、現実の欠点だらけの女性を
見事に演じわけたペネロペがすごい。
[PR]

by arizonaroom | 2009-06-28 22:27 | 映画&TV&本 | Comments(0)

ワールド・オブ・ライズ

f0037623_2224662.jpg

 ヨルダンで大きなテログループの撲滅するためにCIAに雇われたロジャー(レオナルド・デカプリオ)。
そのロジャーをアメリカから指揮するベテランCIAのエド(ラッセル・クロウ)。
そしてヨルダンの情報部のハニー(マーク・ストロング)。
この3人がお互いに協力しながらも騙しあう。
 危険なテロ組織に潜入するためには味方でさえ出し抜かなければならない・・・。


 レオナルドは相変わらずレオナルドである。
しかし、ラッセル・クロウは役作りのために大幅に太り
普段のセクシーさとは程遠い、単なる冴えないおっさんになっていた。
おっさんとはいえ、凄腕、狡猾なCIA局員である。
子どもの送り迎えをしながら、ヨルダンにいる情報員に
冷酷な指示をしたりする。

 一方ロジャーはというと、こんな非常時に
なんと恋などをしてしまっている。
ハリウッド映画でしかありえない展開である。

 この映画の主役はデカプリオとラッセル・クロウの2人だと思ってたら
実は違っていた。
一番おいしいところを持っていってしまったのは、ヨルダン情報局ハニー役の
マーク・ストロング。
 
 これは中近東の情報部に振り回され、遠回りをせざる得ないアメリカの話ではなくて
最先端のハイテク機器やサテライトまで使うアメリカをあざ笑う映画だったのだ。

 「ハリウッド映画なのに」と思いながら監督名を見てわかった。
リドリー・スコットはイギリス人だったのね~。

 それにしてもマーク・ストロングは役柄も俳優本人もかっこよすぎ!
これだったら、ラッセル・クロウを太らせてまで
出演させる必要はなかったのにと思ったのは私だけ?
 
 しかし、テロ組織撲滅のためには、
本当に無実の一般市民を囮りにしてしまったりするのだろうか。
その部分だけが後味の悪さが残る。

 後はあまりにもスピーディーな展開かつ複雑なので
しっかり集中しながら見ないと何がなんだかわからないかもしれないよ。
[PR]

by arizonaroom | 2009-06-27 23:04 | 映画&TV&本 | Comments(0)

スクラップブッキング

 スクラップブッキングの講習会に参加した。
アメリカで流行っている手作りのアルバム作りである。

 あらかじめ写真を数枚用意するように言われていたのだが
最近は写真は、パソコンもしくはCDの中にしかない。
デジカメになったらどうでもよい写真を山ほど撮っているため
プリントしようという気に全然ならないのである。

 とりあえず1昨年フィルムカメラで撮ったナイアガラの写真があったので
それを持っていくことにした。

 写真をカットしたり、紙を貼り付けたりするのだが
「パソコンだったら写真の大きさも自由に変えられるのに。」とついつい思ってしまう。

 「写真はバサっとおいてあるだけでは誰も見てくれません。
メッセージとともにきれいに貼り付けて初めて見られるものになるのです。」
とアメリカ人の先生はそのようなことを言っていた。
 
 と、横で友人がボソっとひとこと。
「でも、死んだらアルバムは全部捨てられちゃうのよね~。」

 レイアウトには苦労したけど
けっこうそれなりに仕上がった。
初めてなのにすごく上手な人もいて
これはやはりセンスの問題なのねとシミジミ。

 楽しいけどアルバムは嵩張るし材料費もけっこう高い。
写真をプリントアウトするのも面倒だ。

 ということで、やっぱり私はパソコンで編集派なのであった。
(でも楽しかったよ。)
[PR]

by arizonaroom | 2009-06-26 23:10 | 趣味 | Comments(0)

無線LAN

 とうとう我が家にも無線LANがやってきた。

 無線にするのは昨年2台目のパソコンを購入して依頼
ずっと考えていたことだが
モデムにも山ほど種類があるし
使用している接続会社にも無線LANプランがある。
素人にはどれがよいのかさっぱりわからず
計画が頓挫していたのであった。

 そして今日、別の目的でショップに行ったついでに
店員に質問してみたら
実に明快な答えが!

 この明快さに感銘を受けた私は迷うことなく
彼のお勧め品を購入。
さっそく接続してみる。
けっこう簡単。
 
 デスクトップは今まで通りケーブルでつなぎ
ラップトップのみワイヤレスである。
これからは相方がパソコンを長時間使用していても
全然いらつくことがなくなる。

 でもそれは私たち夫婦がますますネット中毒になるということか。
なんかふたりで長時間、黙々とパソコンに向かっているって
ちょっと問題かもしれないな。
[PR]

by arizonaroom | 2009-06-25 21:02 | コンピューター&カメラ | Comments(2)

僕らのミライへ逆回転

f0037623_20513687.jpg


 いまどきVHSビデオしか置いていない、
片田舎のつぶれかけたレンタルビデオ店。
電磁気を帯びたジェリーのせいで、テープの中身が消えてしまった! 
慌てたのは店長に留守をまかされていたマイク。
そこで過去の名作を勝手にリメイクしてしまおうと思いつく。


 プレビューが面白かったのと、ジャック・ブラックが出演しているということから
相当おもしろい映画かなと思ってみたのだがちょっと期待はずれだった。

 でもネットでレビューなどを見ると、けっこう評判がいい。
映画マニアの人には楽しい映画なのかも。

 前半はかなりダラダラとしていてなかなか本題にいかないのが
イライラさせられる。
いざリメイクの部分にいっても、やはりダラダラ。
ああ、そういう映画だったのね。

 「ゴーストバスターズ」や「2001年宇宙の旅」のリメイクの場面など
ところどころは笑える。
マニアはここで、たくさんの発見をしてもっと笑えるのだろう。
まだまだ修行が足りない私。

 でも、こんな行き当たりばったりのリメイクムービーで
NYからわざわざ借りに来るなんてありえんでしょう!
(と、コメディで正論を振りかざしてどーする。)

 この話をどうやって終わらせるのかと興味津々だったが
ちょっと意外なオチで
「おー!そうくるのか。」と思わず唸ってしまった。

 劇中「この映画はスエーデンからの逆輸入なんですよ。」という意味で
「Sweded Films」(こんな英語はない。)という語が使われているが
実際、この映画以降、
この造語は素人のリメイク映画という意味で定着しているようで
ネットで検索してみると、たくさんのSweded Filmsがヒットする。
そのひとつがこれ

 You Tube全盛の今、自作でリメイクをして発表した人が世の中には
たくさんいるようなのだ。
[PR]

by arizonaroom | 2009-06-24 21:44 | 映画&TV&本 | Comments(0)

株主総会(本田技研)

f0037623_19182379.jpg

 おみやげはASIMOのタオル


 先週ソニーに続いて、本田技研の株主総会にも出席してみた。
今までは株=キャピタルゲインと思い込み、
総会はおろか議決権の行使すらしていなかった私である。
でも行き出したらこれがけっこう面白かったのだ。

 ソニーの総会ではなぜかネクタイとスーツ姿の男性と
きれいに着飾った年配の女性が多かった。
しかし、本田の方はけっこう皆カジュアルな格好で
若い女性も目につく。
 
 株主にはユーザーが多いのだろうか、
質問というか、注文もかなり具体的。
カスタマーサービスへの不満をぶちまけていた人も。
女性も積極的に発言していたのが印象的であった。

 ちなみに私も発言してみたかった。
2輪車の売上が落ちているのは何も経済危機のせいばかりではない。
国内市場はハーレーに取って代わられているのである。

 ハーレーを購入しているのは、けっしてお金持ちばかりではない。
マーケティングのうまさ、アフターケアやイベントの充実、
家族をも巻き込んだ健全な戦略、連帯感。
すべてのバイカーが持っている「少年の心」くすぐる戦略。
これらは本田にはないものばかりである。
来年もし、また出席するようなことがあったら発言してみようかな。

 最後の決議事項である「役員の賞与支給について」
発言した人たちは一様に「反対」を唱える。
それなのに、「賛成の方は拍手を。」と言ったとたん
割れんばかりの拍手。どういうこっちゃ。

 
 
[PR]

by arizonaroom | 2009-06-23 20:29 | ニュース | Comments(2)

雨~

f0037623_16363294.jpg


リンゴのケーキ  ラムレーズンケーキ
f0037623_1636453.jpg


抹茶とあずきのパウンド  フルーツパウンド
f0037623_16373164.jpg


 梅雨なので仕方がないが、朝からどんよりとした空である。
太陽が出ていないので、一見過ごしやすそうな気候に見えるが、
空気の中に大量の水分が含まれているので
ムシムシしていて不快度はかなり高い。

 そのせいかお客さまもいつもより少なめだ。
(それでもこんなに多いけど↓)
f0037623_1642859.jpg


 新しい方は見えなかったけれど久し振りの方が。
近所の野菜置場で野菜を購入されていたら
教会の中から歌声が聞こえてきたので入店されたのだそう。

 だんだんと雲行きが怪しくなったため
12時過ぎたら、蜘蛛の子を散らすように(お客様に向かってなんという表現!)
皆いなくなってしまった。

 その後まもなく雨が!
グッドタイミング!
スタッフたちはしっかり濡れてしまったけど。


スタッフがエプロン姿のままバイオリンで演奏。
楽譜置場がなかったので後ろ向きで演奏しているのがミソ。
(あとで譜面台を持ってきてちゃんと前を向いてもらった。
小さな子どもが見学。
f0037623_16494913.jpg


 グループホームのお年寄りたちの賛美歌の歌声に合わせて
オカリナを吹くグレイススタッフ。
f0037623_16514479.jpg


バッグ置場がゆりかごに
f0037623_16534685.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2009-06-22 16:54 | 喫茶室グレイス | Comments(3)

変な英語

f0037623_20423198.jpg

 
 昨日浅草でアメリカ人のBさんが
何やら変なところで写真を撮っていたので
見てみたらこの看板。

 国際的に有名な観光地で
この英語はないよね~。

 東京には外国人を含め英語が出来る人が大勢いるのに
看板を建てる前に誰にも相談しなかったのだろうか。
そして建てた後、誰も忠告しなかったのだろうか。

  あ、「写真を撮影するな」ってこの看板のことではないよね?
[PR]

by arizonaroom | 2009-06-21 20:49 | 英語&日本語&スクール | Comments(2)