<   2009年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

インスタントラーメン

f0037623_14305459.jpg
庭のグレープフルーツ

 
f0037623_1439233.jpg

  義母はマルチャンのインスタントラーメンが大好きである。
一番のお気に入りはチキンヌードルだ。

 でも、彼女にとってのラーメンの位置するところは
主食ではなく、スープである。
軽めのランチをしたい時に、このラーメンスープと共に
サラダやスライスチーズを載せたクラッカーが添えられる。

 スープという観念があるためか、
先日はラーメンボウルの横に、うっかりとスプーンを置き、
さすがに後で気がついて、
「あら、これじゃあ、ヌードルが食べられないわね。」と
フォークを持ってきてくれた。


 この懐かしい乾麺、私は、もうほとんど食べることはない。
年に1度、義母の家で食べるのみである。
 
 ところで、夫はラーメンにけっこううるさい。
以前、福岡から帰る予定日に台風が直撃し、飛行機も欠航、
翌日の仕事のスケジュールなどを心配している私を尻目に
「まだ長浜ラーメンを食べていない。」と、のたまわった男である。

 そんな彼だから、もちろん、乾麺をラーメンとは認めていない。
スープも味噌が一番と信じているし
ねぎの入っていないラーメンなど、わさびのない寿司と同じである。

 でも、私は義母に「こんなのはラーメンではない。」なんて
言ってほしくはない。
彼女は日本食で私たちをもてなしているつもりなのだから。

 もし、義母が本物のラーメンを食べたら、どう思うだろうか。
「こんなのラーメンではない」と拒絶するかな?
一度ぜひ味あわせてあげたいのだけれど。

 ちなみに、日本に来たアメリカ人でラーメンファンになった人はけっこう多い。
私の周囲にも、「帰国してから一番恋しいものは?」と聞かれて
「ラーメン」 ときっぱりと答える人がけっこういるのである。


*******
アメリカ政府は日本からの牛エキスの入った製品の輸入、持ち込みを禁止している。
理由は「狂牛病の危険があるから。」
(どっちが危ないんだと言いたい!)
うわさによるとチキンブイヨンもだめらしいので
このマルチャンはどこで作られているのかとパッケージを見てみたら
カリフォルニア製であった。
[PR]

by arizonaroom | 2009-09-30 15:25 | | Comments(2)

Phoenixの夏は寒い

f0037623_945686.jpg

  アウトレットモール

 フェニックスの季節は大きく分けて3つになる。
「warm」「hot」「very hot」である。

 もう10月が間近だというのに、昼間の気温は40度以上、
太陽は燦燦と輝き、
サングラス無しには眩しくて目は開けられず、
車に乗っていてもガンガン日焼けする。

 湿度はかなり低いので、汗をだらだらかくことはないが、
そのかわり、ヘアードライヤーの熱風の中を歩いているようである。

 しかし、家の中、車の中、教会、ショッピングモールなど、
室内は異常に寒い。
19度くらいに設定しているらしい。
外と内の温度差が20度なんてありえない!

 昔、夫もよく家の中を19度くらいに設定していたものだった。
それに気がついた私がその都度、26度くらいに上げ、
夫が暑くなったとまた下げ、
毎度そんなバトルが繰り返された結果
我が家の設定温度は日本の標準温度26~27度に落ち着いたのだった。

 そんな夫がフェニックスの室内が非常に寒いと文句を言っている。
「不思議だよね。住んでいた頃は、寒いなんて全然思わなかったのに。
体の中が変わったんだね。
肉もあまり食べると胃もたれするようになったし
アメリカに来て野菜不足がかなりつらい。」と。

 人間はけっこう環境に適応できる生き物なのである。


過去の記事 2009年4月21日 体感温度
 
[PR]

by arizonaroom | 2009-09-29 09:27 | | Comments(2)

お待たせしました。今日のグレイス

f0037623_15111049.jpg

 梨とオレンジのレアチーズケーキ  アップルタルト
      黒米・赤米のおはぎ
f0037623_15114166.jpg

シフォンケーキ  ベークドチーズケーキ
f0037623_15122384.jpg


 
f0037623_1515316.jpg


 東京はかなり蒸し暑かったようだ。
(アリゾナは湿度が無いので熱風状態)
それでも朝早くからお子さま連れのお母さんたちが見えていたそう。
98才のUさんも元気にご来店。

 初めての方も何人かみえ、
お嬢さんが25年前に教会学校に通われていたという方も。

 ↓のケーキを見て気分が悪くなった方はこちらで癒してね!
[PR]

by arizonaroom | 2009-09-28 15:23 | 喫茶室グレイス | Comments(2)

アメリカのケーキ

 今日はグレイスの日なので、
おいしそうなケーキの写真を期待された方、
ごめんなさい。まだ私のところに届いていません。

 ということで、せっかくのケーキの日なので(アメリカはまだ日曜日だけど)
代わりにアメリカの市販の誕生日ケーキをどうぞ。

 
f0037623_13524937.jpg


カットするとこんな感じ。
f0037623_1411395.jpg

私と夫以外はみんなおいしそうに食べている。
ちなみにふわふわしているクリームの部分は
メレンゲと粉砂糖とみた。
ぜったい生クリームではない。

食べ終わったお皿
f0037623_1357140.jpg


 「日本にはバースデーケーキはある?」と聞かれたので
「あるけど、青色のケーキはない。」と思わず言ってしまった。


 ちなみにこちらは2年前に遭遇したケーキである。

 そして、こちらは本館のギャラリー。

 らばQで、こんなのも見つけた! レインボーケーキ

 こんなのも!

 グレイスのケーキが待ち遠しくなったでしょ?
[PR]

by arizonaroom | 2009-09-28 14:09 | クッキング&レシピ | Comments(4)

ハーレーショップのイベント

f0037623_1443504.jpg

 Phoenixに行く時には必ず立ち寄る
ハーレーショップの店BUDDY STUBBS。
6月ハーレーワールドフェスタで見つけたTシャツは
この店のオリジナルである。

折よく今日はイベントの日で
掘り出し物がたくさん。
f0037623_14542116.jpg


 駐車場ではバンドも
f0037623_1455353.jpg

f0037623_14553566.jpg

f0037623_14562189.jpg

f0037623_14564669.jpg

バイクの博物館もある。

これは漢字?
f0037623_14582225.jpg


 ちなみにアメリカでは、ヘルメットは義務付けられていない。
(すべての州がそうであるかは不明)
私と夫が観察したところによると
ハーレー以外のバイカーたちの90パーセントはヘルメット着用しているのに対し、
ハーレー乗りの90パーセントは着用していない。
(あくまでも私たちの私感であり、正確なデータではない。)
[PR]

by arizonaroom | 2009-09-27 15:03 | バイク | Comments(0)

アメリカのカントリー風朝食

 
f0037623_7113225.jpg


 朝はフルーツしか食べない私たちも、バケーションの時は特別だ。
ということで今朝は、私たちのお気に入りのレストラン、オールド・カントリーストア「Cacker Barrel」で
典型的なアメリカのカントリー朝食と洒落込むことにした。

ビスケットにグレイビーをかけると・・・
f0037623_7134998.jpg


 「白い液体」のひとつはグレイビー、もうひとつはグリッツ。(コーンのオートミールみたいなもの)
一番上の写真の赤いものはアップルバター。


 アップルバターを食べながら夫が言う。
「僕がの作るアップルバターの方がおいしいよね。」 
そして取ってつけたように
「これもおいしいけど。」
 
 私も言う。
「スクランブルエッグも私の作る方がずっとおいしいよ。」

 「コーヒーは我が家の方が比べようもないくらいおいしい。」

 ・・・では私たちは何でここに来たのだろう?

まあ、つべこべいう私たちではあるが、
やっぱり休暇だし、この雰囲気はうちでは味わえないからね・・・。


コカコーラー入りのチョコレートケーキ
ちょっと興味があったけど
さすがにおなかいっぱいだったので注文はせず
f0037623_7312837.jpg


壁の装飾
f0037623_731567.jpg


ARIZONA ROOM 異文化体験「アメリカの朝食」もどうぞ。
[PR]

by arizonaroom | 2009-09-26 07:39 | | Comments(4)

Prescott・Valley-朝の散歩



f0037623_5405198.jpg

日本とアメリカは逆であるが
東京では車線を間違えることは絶対にありえない。
なぜなら車が途切れることがないから。
でもここでは・・・・。
f0037623_5485263.jpg



f0037623_602111.jpg

ガレージセール
「よくもこんな物まで!」というものがたくさん。

f0037623_556130.jpg

 自宅の前で「売ります」という張り紙付きの車。
アメリカではよくある。
でも800ドルで「RUN(走ります)」の張り紙はちょっと怖い・・。
よっぽど古いのね~。

f0037623_559123.jpg

この付近ではキャンピングカーを所有している家が多い。


 この付近で散歩している人は滅多にいない。
いたとしても、それは犬の散歩。
よほど珍しいのか、ゴミ収集車の運転手に手を振られた。
[PR]

by arizonaroom | 2009-09-25 06:05 | | Comments(4)

景気

 WALMARTの周りで数人の男が所在無さげにウロウロしていた。
ウィークデーの真昼間である。
今までに見たことがなかった光景だ。

 ショッピングをしていたら物乞いをしている30代くらいの男性を発見。
「バスに乗って家に帰りたいのだが運賃は3ドルなのに
今手元に85セントしかない。」と言っている。

 ターゲットは、ひとりでカートを押してショッピングしている、
人のよさそうな白人の中年女性だ。
店員が傍にいないのを見計らって声をかけたのだ。

 私がじっと見つめていたら、
彼は私に気がつき、
(話かけた時には私はいなかった。)
ちょっときまり悪げに逃げの体勢に入った。

 しかし、彼は1ドル札2枚とコインを数枚を
心優しい彼女からゲット、
「サンキュー、仕事の面接がんばるよー」と
あっという間に退散してしまった。

 もちろん自分のボロ車で他の大型店に「次の仕事」をしに
行ったのに違いない。

 

 
[PR]

by arizonaroom | 2009-09-24 14:57 | | Comments(0)

ESTAの意味

 ESTAとはビザ免除でアメリカに入国する人が
あらかじめオンラインで申請するプログラムのことである。

 昨年秋に導入され、今年の1月から対象者全員が義務付けられることになった。
世の中はどんどんネットを利用しない人を追い込む方向に進んでいる。

 旅行会社もよい金儲けの機会とばかりに
数千円の手数料でESTAの代行を行っているという。
本当は、質問はすべて日本語で、答えもイエス・ノーのみ、
後は自分のパスポート情報と滞在先を記入するだけの実に簡単なものなのに。

 でも私は旅行社を非難したりはしない。
今はこの業界で利益を上げるのは至難の業だし、
何よりネットも旅行も不慣れな人の助けにはなっていると思うので。

 この申請は渡米72時間前にしないと入国拒否されるのだという。
だから私も忘れないうちにと、
チケット購入後、直ちに行ったのだった。

 ちなみにチケット購入先のアメリカン航空では
ESTAの情報は全然教えてくれなかった。
もし、旅行会社で買っていれば、必ず「ご存知ですか?」と
アドバイスしてくれたはず。
 パスポートの名前や有効期限も
必ず確認したりと、かゆいところに手が届くのは絶対旅行会社である。

 さて、当時。
私はESTAで申請してあるのだから、当然機内で記入するあの緑色の用紙は
廃止になったのだとばかり思っていたのだが
チェックインカウンターで渡されたのは、紛れも無く、あのいつもの用紙。

 「ESTAが導入されたから、もう無くなったのだと思っていたのですが。」と言ったら
カウンターの女性は申し訳なさそうに
「まだあるみたいなんですよ。」と言ったのだった。

 内容はまったく同じである。
確かにESTAは2年有効だから情報に変更があるかもしれない。
でも、それこそオンラインでアップデートすればいいだけの話。

 そんなことをぶつくさ思いながら飛行機は到着し、入国審査に入る。
審査官は申請用紙に記入漏れが無いかをチェックし、
いつもと同じ質問が繰り返され、指紋採取と顔写真の撮影、そして無事入国。

 なんだ、いつもとまったく変わりないじゃん。

 本当にESTAはスピーディーな入国審査に役立っているのだろうか。
そもそも、ESTAは使われているの?
誰かESTAを申請し忘れて入国拒否にあった人、本当にいる?

 確かめてみたいけど、無理だよね~
[PR]

by arizonaroom | 2009-09-23 15:11 | | Comments(0)

グレイスオカリナコンサート

f0037623_10315379.jpg

f0037623_1033437.jpg

f0037623_10351470.jpg


チョコレートケーキ アーモンドチョコレートケーキ
f0037623_1043316.jpgf0037623_10432423.jpg

  






赤香米入りおはぎ
f0037623_10454723.jpg


ガトーショコラ 、抹茶とあずきのシフォン
f0037623_10475827.jpgf0037623_10551288.jpg





 


 アリゾナ到着後の最初のブログは
グレイスのオカリナコンサート。

 私もぜひ聴いてみたかった。残念。
[PR]

by arizonaroom | 2009-09-22 10:52 | 喫茶室グレイス | Comments(4)