<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

アメージングレース シーズン13

 今回も見てしまったアメージングレース。
以前このブログであまり好きではないと書いてしまったのに
実はあれから、すっかりはまってしまったのだった。

 10組のチーム(各2人)が世界をまたにかけて競うレースで
毎回1組ずつ脱落していく。

 最初は誰が誰だかさっぱりわからないのだが
毎週見ていくうちに、それぞれの個性や人柄、
2人の関係などがわかっていき
見る側も、ついつい感情移入してしまう。

 シーズン13ではダラスとトニーの母と息子チームを
応援していたのに惜しいところでベスト3に残れなかった。
残念。
 決勝ゴールでは優勝チームを
脱落組全員が待っているのが定番なのだが
ここになぜかダラスとトニーはいなかった。
 これ以上、仕事の休みが取れなかったのか。
それともあまりの過激さにママが入院?
 ロシアでパスポート無くしたから帰れなかった?

 優勝チームはニックとスターの美形兄妹だ。
この二人もけっこう好きだった。
なんてったってこのお兄さんがすごい。
ふたりの実力はピカ一なのだが
時々タクシー運がなく、
道に迷ったりと散々な目にあってしまう。

 あせる妹。しかし兄はいつだって冷静なのだ。
他のチームはお互いを貶し、怒鳴りあったりしているのだが
このお兄さん、けっして妹をどなったり責めたりはしない。
(これはトニー親子も同じ)
レースの途中、妹に向かって「遅いぞ!」と怒鳴るかわりに
「僕が速すぎたら言ってくれ。」と、どこまでも優しいのだった。
100万ドルも手にしたし、さぞかしモテるだろうな。

 2位はケンとティナの別居中の夫婦。
なんとケンは浮気をしてしまい、修復か離婚かの瀬戸際で
このレースに参加したのだ。
レース中もいろいろあったけど、
ゴールでは、はずしていた結婚指輪を元に戻して
めでたしめでたし。(演出かもしれないが。)

 アンドリューとダンが3位になったのは、もう奇跡というしかない。
何しろ運動神経も怪しく不器用な二人は
他のチームの女の子に馬鹿にされ、
ロシアの兵隊たちも笑われたりと散々だったのだが
他のチームの自爆に助けられたり運がよかったりで
決戦まで勝ち残った。

 このゲームでは判断の誤り、過信、パニック、課題の読み間違えが
致命傷となる。
体力、知力、そして運がものを言う。

 詳しくはAXNのサイトでどうぞ。
[PR]

by arizonaroom | 2010-01-31 22:49 | 映画&TV&本 | Comments(0)

ハーレー・ダビッドソンのカレンダー

f0037623_20324033.jpg

f0037623_20325287.jpg


 1月も終わりになって、ようやく気がついた。

 日曜日が右にある!

 カレンダーは2種類あるのだが、両方とも右である。

 慣れていないから非常に見づらい。
夫などは「このカレンダー日付が間違っている!」
などと騒いでいたし。

 昨年のハーレーカレンダーはどうなっていたのだろうか?
覚えていないところをみると
普通に左に日曜日があったのだろうか。
(小さな卓上カレンダーなので全然見ていなかった、ともいえるが。)

 でも考えてみたら土日が休みの人には、
この方が合理的で便利である。

 日曜日が週の始めとはよくいうが
では、週末、つまりウィークエンドが土日なのはなぜ?

 日曜日が右か左かは、
別に絶対的な規格があるわけではないらしい。
でも、日本やアメリカのカレンダーのほとんどは左である。
というか、手帳以外では右にあるのを見たことがない。

 このハーレーの選択は、
いったい何なんだろうな。
[PR]

by arizonaroom | 2010-01-30 20:46 | バイク | Comments(0)

スパムメール

 ライティングを向上させる最も手軽な方法

独自のソフトウェアは、ソニー株式会社の内部使用のためにのみ書き込まれます。
WhiteSmoke 2010プログラムを使用するあなたのスペルを英語の文法エラーを修正することができます
言語は、迅速かつ正確に、そして唯一の時間も男性のように良いと見て保存しないことができます 教育。

このリンク*はあなたの仕事の例を参照し、*の詳細を学ぶ



 この日本語を見たら、とてもではないが
このソフトウエアを購入する気になれないよね~。
[PR]

by arizonaroom | 2010-01-29 22:38 | コンピューター&カメラ | Comments(4)

児童虐待への対処

 またまた痛ましい事件が起きた。
「虐待」という事実も許しがたいが
悲しいのは「虐待のサイン」を
社会が受け止められなかったということだ。

 私たち日本人は、もし近所で「虐待か?」というケースがあっても
直ちに通報!という行動に出ることを躊躇する。

 もし、ただのしつけだったら?
 もし、通報者が自分だとわかってしまったら?
 もし後々警察にいろいろ質問されたりと面倒なことになったとしたら?

 いろいろな考えが頭の中でぐるぐる回ってしまう。

 それに付け加え、
通報した先の警察の対処にも疑問が残る。

 「近所の人からお宅が、お子さんを虐待しているという通報があったのですが。」
「いいえ、そんなことはしていません。そうだよね。」(と子どもに同意を求める。)
「そうなんですか。まあ今後は大声を出さないように気をつけてください。」
 と、警察官は帰る。そして
「誰が通報なんかしたのか。きっと隣のあいつだ!」
という展開になるのでは?という不安。

児童相談所も、親が
「反省しています。」といえば
「これからはいい親になるんですよ。」とか何とか言って
子どもを簡単に親元に帰してしまうのではないのだろうか、とか。

 また、たとえ、子どもが児童相談所などに引き取られたとしても
自分が余計なことをして
問題のなかった幸せな親子を引き離してしまったのではという
良心の呵責が生涯つきまとう。


 アメリカでは、
生徒が教師に『今日おかあさんとけんかして
おかあさんに、あんたみたいな悪い子はもう帰ってくるなと言われた』と
言っただけで、
教師は直ちに通報、
子どもはその日のうちに児童相談所に保護され
親は子どもを返してもらうために
さまざまな複雑な手続きやカウンセリングなどのプロセスを
踏まなければならなかったというような
極端な話をよく聞く。

 やりすぎでは?と思わなくもないが
でも、この方法で多くの虐待児童を救ってきたのだ。
たとえ、通報されたケースの99パーセントが
愛情あふれるしつけだったとしても
1パーセントに真実の虐待があれば
それは大切なことなのだ。

 
 子どもは自ら助けを求められない。
そして、継子をいじめる大人は単なる憎むべき犯罪者だとしても
実子をいじめる親は確実に心を病んでいる病人である。
彼らもまた助けが必要である。

 これ以上、犠牲者を、そして犯罪者を出さないためにも
私たちは耳をすまし、目を開いて
勇気ある行動をするべきである。
[PR]

by arizonaroom | 2010-01-28 23:19 | ニュース | Comments(1)

ハリウッドスターとハイチの地震

 ハイチの大地震のために多くのハリウッドのスターたちが
億単位の寄付を表明した。
 
 電話をかけると寄付になる支援でも
有名なスターたちが電話の前に座って応対。
これなら誰だって電話したくなるよね。

 それに比べて日本の俳優は・・・・
などと比べてはいけない。
土壌が違うのだ。

 お金持ちとしての自覚と義務。
そして自分の意思を貫くことができるパワー。

 ジョントラボルタなどは、自らジェットを操縦して
食料運搬に行ってしまったし。

 ああいうことをテレもせず
堂々とやってのけてしまえるのが
アメリカ人なのである。
[PR]

by arizonaroom | 2010-01-27 22:44 | 日常&雑感 | Comments(4)

カスタード入り今川焼き

 カスタード入りの今川焼きが好きで
時々冷凍の5個入りをくコープ宅配で注文していた。

 でも夫には言っていなかった。
私だけのおやつだったので。

 もし、お菓子があれば、
夫はあればあるだけ食べてしまう。
私は1日にひとつずつ食べたかったのだ。
それに、今川焼きは
いくら中身がカスタードでも
洋菓子系が好きな夫の好みとは思えなかったし。

 しかし、ある日突然、冷凍庫の中をあさっていた夫が
今川焼きを見つけてしまった。
彼は、彼の知らないお菓子がそこにあることを
不思議とも思わなかったようで
2つ取り出し、おもむろにレンジで解凍しはじめる。

 「それは私のデザート・・・。」
とはもちろん言えなかった私。
ただただ彼が食べるのを見守るしかなかった。

 それから、私のデザートは急激に減り始めた。
このカスタードは、なかなかスーパーでは見つからない上に
コープでも毎週あるわけではない。
ということで、1日に1個という私の密かな楽しみもなくなってしまい
仕方がないので、商品があるときには
5個入りを3袋まとめて注文することに。

 そうしたら夫は、やはりあるだけ食べてしまう。
しかし、「これは困ったことになった。」と思ったのは
私だけではなかったようで・・・。

 ある日夫が私に言った。
「もう今川焼きは買わないでくれ。
あれば食べてしまうから。」

 え・・・・・・?
だってあれはもともと私のデザート・・・。
勝手に見つけて、勝手に食べて、もう買うなとは?

 仕方が無い。彼のダイエットのためだ。
しばらくは夫が見ても誘惑されないあずきの今川焼きでがまんしよう。

 ちなみにクリスマスからお正月にかけて太った夫は
今順調に体重を落としている。

(最近は生の和菓子もよく買っています・・・・・。
私も節制しなくちゃね。)

夫の砂糖中毒の話はこちら
バタークッキーの話
[PR]

by arizonaroom | 2010-01-26 23:17 | 日常&雑感 | Comments(4)

哀しみの中で(今日のグレイス)

f0037623_16443174.jpg

         チョコレートケーキ    りんごのケーキ
         豆腐の白玉ぜんざい   ブラックフォーレスト



f0037623_16462614.jpg


 先週私たちは悲しいニュースを聞いた。
グレイスの常連さんだったMさんが亡くなられたのだ。
いつも明るくてお洒落な方だった。


 日曜礼拝にも出席されていたが
洗礼はされていなかった。
ご遺族もクリスチャンではなかったが
教会で御葬儀をすることになった。

 お式は火曜日。
今日もいろいろ準備などがあるので
グレイスもキャンセルにしようかという
話が出たが
グレイスをこよなく愛してくださったMさんのためにも
やはり開くことにした。

 今日も50人以上のお客様が見えたが
その中にMさんのご主人、息子さん夫婦を始め
明日の御葬儀にいらっしゃれず、
今日Mさんに最後のご挨拶(ご遺体は教会にある。)
をしようという友人の方々のお顔もあった。

 おそらく皆さんはお通夜のような気持ちでいらしたのだろう、
きちんと喪服を着ていらしていて
グレイスの賑やかな雰囲気に一瞬びっくりされたようだった。

 それでも、そこでスタッフや常連さんたちが
皆Mさんの死を悼んでいる様子をご覧になり
感銘を受けられていたようである。

 実はMさんは生前、そのお友達たちを
グレイスに誘っていらしたのだった。
一緒に来ることは適わなかったが
今、そのお友達はMさんの願いどおり
ここにいらっしゃる。

 グレイスではMさんのお好きだった
賛美歌を皆で賛美。
美しい声が室内に響きわたる。

 ご主人は
「家の中が寂しくなったので
これから月曜日は
グレイスに来ることにします。」
とおしゃってくださった。

 ご遺族やMさんを愛する方たちの上に
恵み豊かな神様の癒しと慰めが与えられますように。


f0037623_17454164.jpgf0037623_17455277.jpg







f0037623_17461383.jpgf0037623_17462262.jpg
[PR]

by arizonaroom | 2010-01-25 17:47 | 喫茶室グレイス | Comments(4)

ジーンズ体型

 今の私しか知らない人には
信じられないかもしれないが
昔は私はスーツばかり着ていた。

 その当時はジーンズはおろか、スラックスすら
ほとんど履いたことがなく
海外旅行すら
スーツ姿で闊歩
「本当に旅行中?」というようないでたちであった。

 しかし、今はジーンズばかりである。
そのせいで、体型がもっぱらジーンズ体型になってしまった。

 つまりウエストでは体を締めるものが何もないので
どんどん揺るんでいってしまったのだ。

 だからたまにスカートをはくと
おなかがぽっこりと出てしまう。
 
 (横から、「それはジーンズのせいばかりではない。」という声も。)

 お正月も過ぎたし、そろそろおなかを引き締める運動とダイエットをしないとね。


 
[PR]

by arizonaroom | 2010-01-24 20:41 | 日常&雑感 | Comments(0)

着物を着ない理由

f0037623_21175785.jpg

            瓢亭の半月弁当

 新年会があったので久しぶりに着物を着ようかどうか
散々迷った末に、結局やめてしまった。

 その理由
1.最近虫干しもサボっていたので、着物ダンスを開けるのが怖い。
   (カビてたらどうしよう・・・とか。)
2.着るのは好きだけど、後始末が嫌い。
3.最近、狭い家に物が多くなり、着物を畳めるスペースがなくなった。
4.自転車に乗れない。
   (昔見たことがある。着物で自転車に乗っていた女性・・。
     すごい光景だった。)
5.ぞうりをしばらく新調していない。

 着物、けっこう持っているんだけどな・・・。

 
[PR]

by arizonaroom | 2010-01-23 21:29 | 趣味 | Comments(2)

電子ブック

 米アマゾン社が全世界で発売した
電子ブック「キンドル」が人気を呼んでいるという。
液晶よりも読みやすい6インチの画面を備えていて、
第3世代携帯電話(3G)の通信網を使って
書籍などのデータを最大1500冊取り込むことができる。
英語の書籍を35万冊以上配信しており
価格は279ドル(約2万5000円)。

 まだ日本語には対応していないので
日本で流行するにはまだまだ時間がかかりそうである。

 何でも慣れてしまえば便利なのだろうが
私にはまだちょっと抵抗があるかも。

 新しい本のインクの匂い。
(今はブックオフ専門なのでそんな匂いは忘れてしまったが。)
ページをめくる時の高揚感。
自分の蔵書をにやにやして眺めるときのうれしさ。
書店の中でのわくわくするような宝探し。

 それらに匹敵するような楽しさが
電子ブックにもあるのかな?

 それとも、一度この世界に入ってしまったら
あまりの便利さに
もう紙の世界には戻れなくなってしまうのだろうか?
[PR]

by arizonaroom | 2010-01-22 23:06 | 映画&TV&本 | Comments(4)