<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

エキシビション

 当たり前かもしれないが
みんな伸びやかに演技をしている。
特に真央ちゃん。
表情が全然違うし、動きも軽やか。

 また、ペアの川口、スミルノフ組も
本戦の何十倍もよかった。

 未来ちゃん未来も明るい。
こんなに楽しそうにすべる選手は見たことがない。
まだプレッシャーがないからなのかな?

 ところで韓国では「浅田選手の得点が高すぎる」との声が
かなりあるとか。
日本人としては「それはどちらのセリフ?」と言いたいところだが
それだけ素人にはわかりにくい採点方法なのだろう。
いや、こんな摩訶不思議な採点方法を取っているところを見ると
プロにも難しいに違いない。

 ともあれ、夢の祭典は終わった。
これからは日本も現実に戻らないとね。
 
 こら!鳩山の坊ちゃん!しっかりせ~よ!
[PR]

by arizonaroom | 2010-02-28 23:08 | ニュース | Comments(0)

フィギュアの審査基準

 フィギュアの審査基準は
トリノの時から大きく変ったのだという。
キムヨナチームは、その基準を研究し
「加点の取れる」作戦を練ったのである。
だから専門家によると
彼女の動きには点にならないような無駄な動きは
全然無かったらしい。
それはけっして批判されるべきことではない。
むしろ勝つためには大切なことなのだと思う。

 4年前の荒川静香選手のトレードマークは
もちろん、あの流行にもなったイナバウアーだ。
あの美しくてしなやかなポーズは
観客をうっとりとさせたものだった。

 しかし、実はイナバウアーは加点の基準にはなかった。
それこそ「無駄な動き」だったのだ。
それを知っていた荒川選手は、一度は封印することを考えた。
でも人々の期待、自分のスケートへのこだわり。
迷いぬいた末「金よりも大切なこと」と
五輪であえて挑戦することにしたのだった。

 今回も「無駄な動き」にこだわり続けた選手たちが何人かいたが
私はそういうスポーツ魂に拍手を送りたい。
[PR]

by arizonaroom | 2010-02-27 23:56 | ニュース | Comments(2)

フィギュア

 今日のフィギュアスケート。
真央ちゃんをはじめ日本の選手はみんながんばってくれた。
鈴木明子選手も初めてのオリンピックとは思えないほどの
のびのびとした演技をしていたし
安藤美姫選手もほぼ完璧な滑りである。

 しかし、キムヨナ選手はやはりすごかった。
彼女の金への重圧は相当なものだったと思うが
そんなプレッシャーを全然感じさせない演技には
脱帽ものである。

 と、ここでちょっと愚痴。
キムヨナ選手と真央選手の点差は
妥当だったのだろうか。

 フィギュアの審査は大変なんだと思う。
だから9人の審査員が出した点数の中から無作為で7人選び
そこからさらに最高点の最低点を抜いた5人の点数で計算する。
それくらいしないと世間は納得してくれないのだろう。
実際、それでも、審査疑惑は世の中を駆け巡っているのだ。
その証拠に今日のGoogle のキーワードの上位に
「kim yuna judge」というのが入っている。
もっとも、日本人は大人しいから、それほどの騒ぎにはならないであろうが。

 最後に演技をした未来ちゃんもすばらしかった。
4年後が楽しみだけど
現在2重国籍の未来ちゃん、次はどの国から出るの?
[PR]

by arizonaroom | 2010-02-26 21:31 | ニュース | Comments(6)

入院

 私が、でもなく私の家族が、でもない
パソコンが入院したのである。

 「え~?また?よく壊れるね、お宅」と思われた方。
確かにうちはヘビーユーザーなのでよく壊れます、はい。
  (ちょっと反省)

 でもこのパソコンに限っていえば初めての出来事である。
なんの兆候もなかったので
晴天の霹靂とはこのことを言うのであろう。

 3年目に突入して数ヶ月目、
突然ディスプレイがモザイク状になってしまったのだ。

 入っていてよかったプレミアム保険。
私たちの払うのは30パーセント、
なんだか医療保険みたいだ。

 しかし、これはPC DEPOTブランドのデスクトップなので
大きくて重い。
車のない我が家では持ち運ぶむのも大変である。
いろいろ考えた挙句、スーツケースの入れてバスで行くことにした。

 ショップで診断を待ちながら、商品をいろいろ物色。
同じPC DEPOTブランドのOZZIOでも小さいのがけっこうある。
「なんでこんな大きいの買っちゃったんだろうね。」
「そうだね、パソコンラックにも置けず
別に棚買わなければいけなかったもんね。
あれで部屋がますます狭くなったんだよね。」
「あんな大きい必要があったんだろうか。」
と、「今更どうしようもないこと」をしょうもなく議論する私と夫。

 診断で画像の乱れが確認されたので
そのまま製造元へ送られることになった。
ついでに中が埃まみれだったということで
「お掃除」も依頼することにした。

 「中に入っていあるデータが消去されます。」と
ちょっとおどおどしたオタク社員が私に言うので
「『データが消去される恐れがあります。』ではないのですか?」と聞き返したら
ますますおどおどと
「あ、はいおそれがあります、です。」と。
「グラフィックボードの交換ですよね?
それだと普通は中身は消えないですよね。」と
またまた知ったかぶりの私に
オタクくんは
「マザーボードの交換かもしれません。」
「このパソコンはマザーボードとグラフィックボードは
 くっついていないと思うんですけど。
それにマザーボード交換でもデータは消えないんじゃないんですか?」
 ますます彼はオドオド。
別に私、いじめていないよね?

 「お金はだいたいいくらくらいかかりそうですか?」
「ええと、ちょっとお待ちください。」

 「だいたい」でいいんだけど。

 「日数はどれくらいですか?」
「1ヶ月くらいです。」
「でもきっと実際は2週間~3週間くらいですよね。」
 (前に経験あり)
「一応パソコンは1ヶ月ということでお願いしています。」
 
 あくまでもマニュアルに忠実なオタクくんであった。

 さて、我が家に残されたのは私のノートパソコンのみ。
これから、これを二人で共有しなければならないのかと思うと
ちょっと憂鬱である。


 
[PR]

by arizonaroom | 2010-02-25 19:08 | コンピューター&カメラ | Comments(2)

フィギュアスケート

 不思議なスポーツである。
もちろん素人だからだが、点数のつけ方がよくわからない。

 たとえば振り付け。
こんなに点数が開くものなのだろうか。

 曲の解釈。
これもどうやって点数を付けるのか。

 冬のスポーツは100分の1秒差とかいうようなものが多いのに
こんなにファジーなスポーツはない。

 もちろん、細かい規則はあるのだろうが
素人の私たち、すべての国の人たちが
納得する結果というのは
ぜったいに不可能な気がする。

 いっそのことSPではみんなが同じ音楽、同じ振り付けで
競技すれば、もっとはっきりするのに。

 
[PR]

by arizonaroom | 2010-02-24 23:23 | ニュース | Comments(4)

国籍変更

 先日、オリンピック選手の国籍変更について
かなり好意的な意見を書いたが
ペアダンスのリード姉弟を見て、
ちょっと複雑な心境になった。

 彼らの母親は日本人だから
別に日本国籍取得は変なことでもなんでもない。

 でもアメリカで育ち、日本語がかなりあいまいな彼ら。
日本の国籍を選択したのは、
アメリカよりも選手層の薄い日本からの方が
オリンピックに出場がしやすいからという理由なのは
みえみえである。
 別にそれが悪いというのではないが
なんだか「日本を選んでくれてありがとう。」と
素直に言えない気分なのだ。

 彼らの妹はグルジアの国籍を取得した。
引退した後はいったいどうするのだろうか?

 川口選手は「私の国籍はスケートだから
自分はどこの国でもかまわない。」というようなことを言っていたが
国籍というものはそんな簡単なものだろうか。

 もちろんそれぞれの国籍変更者にはいろいろ深いドラマがある。
師匠を慕って来たとか
お世話になったこの国への恩返しとか。

 そして国籍変更のためのハードルもけっして低くはないし
本人にとっても重大な決心だったことも想像に難くない。

 しかし、オリンピックに出たいがために国籍を変更し
その変更者を観客は同胞として応援?

 なんだか国対抗のオリンピックの意義が
薄れてしまってきているような気がしてきた。
[PR]

by arizonaroom | 2010-02-23 22:32 | 異文化 | Comments(2)

今日のグレイス

f0037623_16473513.jpg


 ナッツクランベリータルト & ヨーグルトポンム
f0037623_16475290.jpg

 柚子シフォンケーキ & ベークドチーズケーキ
f0037623_16483515.jpg

  
    クリームでお化粧した柚子シフォン
f0037623_16514628.jpg



 3月のスケジュールを確認していた時に突然気がついた。

今日って2月最後の月曜日だったのね!

 まだまだ2月の半ばだと思っていたのに
月日のたつのが早い・・・。
(確定申告の準備をしなくちゃ・・・)

 

私のそんな焦りとは関係なく
今日のグレイスも大賑わいである。

 寒いのにお子様たちは外が大好き
先月の風と雪で壊れたテントを修理している
作業者風のおじさんは当教会の牧師

f0037623_16565149.jpg


 「英語読めるよ。これはSでしょ。」
横からママ「英語より日本語が先でしょ!」

f0037623_1659278.jpg


「パソコンが大変なことになちゃったって。」
伝道師にパソコンを見てもらうお客様。
(問題は無事解決)

f0037623_171543.jpg


f0037623_1713482.jpg


グレイスの常連さんだった奥様を亡くされたご主人は
あれから毎週来て下さる。
奥様はご主人に新しいお友達を残された。

f0037623_1714514.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2010-02-22 17:04 | 喫茶室グレイス | Comments(2)

f0037623_192173.jpg

 日本橋の西川で1つ15000円もする枕を2つ買ってしまった!
以前、低反発の枕を買ったことがあるが
こちらは、思ったより寝心地がよくなかったのだ。

 たかが枕、されど枕。
枕にこんな「大金」を投じたことはなかったから
ちょっと勇気がいったけど
でもやはり眠りは大切だ。

 今度はムアツ布団かな?


f0037623_1928088.jpg

別売りで買った枕カバーの触り心地も気持ちいい。

f0037623_19283766.jpg

中はポリエチレンパイプ

 別に西川の回し者ではございません。
[PR]

by arizonaroom | 2010-02-21 19:30 | 趣味 | Comments(0)

自転車

 おまわりさんが二人、歩道を自転車で走っていた。
左側走行であったが、歩道の思いっきり内側であった。

 昨年私は自転車OKの歩道を走る時には
車道寄りを走らなければならないと習ったばかり

 でも実際に左側の歩道を走る時に車道寄りを選択すると
反対側から走ってくる自転車と
もろにぶつかりそうになり大変危険なのである。

 世間では自転車は車道寄りを走るのが決まりだとは
あまり知られていない。
「警察でもっと啓蒙して」とずっと願っていたのに
実はおまわりさんも守っていないのだった。

 それにおまわりさん、手信号もしていないよね!

 自転車規則遵守の未来は暗い。
[PR]

by arizonaroom | 2010-02-20 22:56 | バイク | Comments(2)

大国の悲哀

 やった~! 日本男子フィギュアで初のメダル。
おめでとう!高橋選手。

 「へえ~。初めてのメダルだったのか。」とは夫。

 よく考えてみたらアメリカ人には、
こういうシチュエーションは皆無なのだった。

 どの競技もメダルが取れて当たり前。
だからといってメダルが取れなくても
アメリカ国民はがっかりはしない。
いや、一瞬は落胆するだろうけど
すぐ立ち直っちゃう。
1個くらい取りそこなったって
別にどうってことはない。
他でいっぱい取れるんだからさ・・。

 きっと社会主義国と競い合っていた頃は
もう少しライバル意識はすごかったのだろうけど
今となっては・・ね。

 フィギュアの表彰式で
星条旗が上がっていくのを
ごくふつーの顔をして眺めている夫を見ていると
大国の悲哀というものを
つくづく感じてしまう私であった。
[PR]

by arizonaroom | 2010-02-19 21:47 | 日常&雑感 | Comments(0)