<   2011年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ふたごの赤ちゃんの会話

 

 まだまだつらく厳しい日々が続く日本。
でも今日はちょっと息抜き。

 上のビデオは双子の赤ちゃんが会話(?)をしているところ。

 ちゃんと話は通じているのだろうか。

 しかしなぜに赤ちゃんたちは裸なの?
身に着けているのは紙おむつと靴下だけ。
(ひとりの赤ちゃんは片方だけだが。)

 それにしても大きな冷蔵庫だ・・・。
[PR]

by arizonaroom | 2011-03-31 22:45 | 映画&TV&本 | Comments(0)

東京電力

 大震災が起こってからずっと疑問に思っていたことがある。

 それは
「東京電力の保養所を被災者に解放」
というニュースが一向に出ないなあと。

 そうこうするうちに
他の電力会社が次々と被災者の受け入れを表明しはじめてきた。

 そして、なんと天皇陛下まで
那須御用邸にある職員用宿舎の浴場を開放すると。

 一方東電からのニュースといえば
「社長が過労で入院」
「電力が足りないので計画停電の実施」
「二転三転する原発情報」
「何をいまさらの会長の廃炉発言」

 そして極めつけは
「節電を促すため電力値上げ敢行」

 ともあれ東電の責任追及は
原子炉問題が一段落ついてからであろうが

 せめて被災者くらい受け入れようよ。
自主避難しない放射線危険区域の人にも食糧届けてあげてね。
それも下っ端社員なんか使わずに役員自ら行ってください。
[PR]

by arizonaroom | 2011-03-30 22:01 | ニュース | Comments(2)

シリコン

 2週間用のコンタクトレンズを購入しに行ったら
新製品を勧められた。

 なんとシリコンだという。
こんなところにまでシリコンが!

 正式にはシリコーンハイドロゲル。
酸素透過性がよいので
乾燥しにくく、汚れもつきにくい。
(あら、私にぴったり。)

 ひさしぶりにメニコンだわ~。

 過去のコンタクトの記事
[PR]

by arizonaroom | 2011-03-29 21:43 | 日常&雑感 | Comments(2)

今日のグレイス

f0037623_18213371.jpg


黒豆パウンド &  フルーツケーキ
f0037623_18215314.jpg


抹茶シフォン
f0037623_18232352.jpg


ソーダゼリー
f0037623_18234955.jpg


 今日は先週とはうってかわって良い天気。
ホームのお年寄りを始め、春休みの子ども達もご来店。
とても賑やかな半日となった。

 
f0037623_1829124.jpg

f0037623_1829947.jpg

f0037623_18291884.jpg


 ストレス発散には、美味しいケーキと賛美歌、そして楽しいおしゃべり!
これが一番。

 先週のグレイスのケーキの売上げ8000円はすべて
CRASH JAPANに捧げられました。
ありがとうございます。

 
[PR]

by arizonaroom | 2011-03-28 18:30 | 喫茶室グレイス | Comments(2)

海外のメディア

f0037623_2102135.jpg


 原発事故によって、より大きなパニックに陥ったのは
日本ではなく外国である。

 外国人や海外在住の日本人によると
それは
「日本人は放射能の怖さを知らなさすぎる。」
「日本政府と東電に騙されているのに気が付いていない。」
「危機管理がなっていない。」
ということらしい。

 でも大震災の翌日
「48時間以内に日本を出よ。」と
命令を出したアメリカ企業が出たのも
ニュースを見て「日本の絶滅?」を信じたからである。

 「日本からの輸入食品によって放射能汚染が
アメリカ国内にも入り込む恐れがあります。」と
大真面目に伝えるキャスターを
怯える目で見つめていた人も
けっこういたのではないだろうか。

 
笑えるのは「東京では放射能汚染パニックで
みんなマスクをしています。」というのもで
日本在住のアメリカ人がYouTubeで
「あのマスクは花粉症のためだ!」と
解説しなければならない始末。



 ちなみに上の原発地図は
アメリカのFOXニュースで放映されたもの。
なんと渋谷のライブハウス「エッグマン」が
原子力発電所として発表されているのであった!
(九州にあるSendaiは川内で仙台ではない。)
こちらは告発サイト。
f0037623_21304026.jpg


 今は確かにまだ危険な状況なので
あまり説得力はないが
すべてがよい方向に解決したら
「パニックをまき散らした世界のマスコミ」
「それにもかかわらず冷静に対処した日本人」という図式が
出来上がりそうである。
(そうなるように願いたい。)
[PR]

by arizonaroom | 2011-03-27 21:32 | ニュース | Comments(4)

6日間で修復

f0037623_2053258.jpg


 Facebookでアメリカ在住のアメリカ人(おかしな表現ではあるが)が
掲載していたサイト

 11日の地震で崩壊した高速道路を
17日に修復開始、
そしてなんと23日には車が走れるまでに直してしまった
日本人はすごい!という記事である。

 その記事の下には多くの人々の驚きのコメントが載っている。
これを訳したサイトがないかな(無精者ですみません、)と探していたら
あった!

 こちらをどうぞ。

 私達はこういう日本人の勤勉さ、強さを誇りに思いたい。

 まだまだ私達は混沌とした中にいるが
春がそこまで来ていることを信じてがんばろう!


 
[PR]

by arizonaroom | 2011-03-26 21:05 | ニュース | Comments(2)

誰が着るの?

f0037623_22552637.jpg

f0037623_22554051.jpg

f0037623_22555331.jpg


 ラルフローレンのTHE JAPAN HOPE プロジェクト。
売上げ全額が赤い羽根募金を通して被災地に寄付されるという。

 お値段は98~100USドル(約7900円~8900円)。

 サイトを見たら絶賛発売中とか。

 日本人には、ちょっと着られないデザインだ・・・・。

 でも感謝しないとね。
[PR]

by arizonaroom | 2011-03-25 23:04 | ニュース | Comments(2)

急に詳しくなった。

 原子炉のしくみ。
ウランに中性子。
燃料棒。
炉心溶融(メルトダウン)
シーベルトとかべクレルなどの単位とその意味。

 そして原子炉は絶対に原子爆弾のような爆発はしない。

 放射性ヨウ素は甲状腺がんの原因になるが
8日で半減する。
 一方、放射性セシウムは半減するのに30年かかるが
チェルノブイリでも健康の害になった例は報告されていない、など。

 
 よく、日本政府は事実を隠しているという人がいう。
本当のところは私もわからないけれど
会見を見ている限り、専門家も東電関係者も政府も
図解入りで、今どのような状態で
どのような方法を取っているのか
詳しく説明している(ようにみえる)。

 私達は根拠もなく楽天的になるべきではないけれど
聞こえてきた単語だけをピックアップして
やたらにパニックに陥ってもいけないと思う。

 あるニュースキャスターが言っていたように
「正確に心配」するということが大切なのである。


 正確に心配するという状態からかけ離れた
集団ヒステリー状態だけは絶対に避けたいと思う。
[PR]

by arizonaroom | 2011-03-24 23:14 | ニュース | Comments(2)

放射線の害

 ぜひ政府にお願いしたい。

 放射線ヨウ素が1キログラムあたり
210ベクレル検出された水道水を
毎日1リットル飲み続けた場合に起こるかもしれない健康被害の確率を
たとえば毎日10本のタバコを吸い続けた場合に起こるかもしれない
健康被害の確率の比較を発表してみる。

 基準以上の放射線が検出されたホウレンソウを
毎日食べ続けた場合に起こる可能性のある
健康被害と
基準以上の残留農薬が蓄積されたホウレンソウを
食べ続けた場合に起こる可能性のある健康被害を
比べてみる。

 原発から30キロ離れた場所を1時間散歩する場合と
たばこの煙の充満した部屋の中に1時間いる場合に起こり得る
健康被害の比較。

「長期にわたらなければ健康への影響はないが、
 念のため乳児の飲料は控えていただきたい。」
などとわけのわからないことを言うより
よっぽどわかりやすいと思うんだけどな。
[PR]

by arizonaroom | 2011-03-23 22:55 | ニュース | Comments(0)

地震と外国のメディア

 本当に多くの外国人が東京からいなくなってしまった。
アメリカンスクールは教師や生徒がいなくなったために
閉鎖されているとことがいくつかあるし
英会話学校も生徒はいるのに先生が不在で
頭を抱えているらしい。

 「先生の職を得るいいチャンスよ。」
とカナダ人の友人は言っていた。

 大使館も大阪に引っ越したり閉鎖したり。
ある外資は大阪に事務所を移してしまった。

 「日本人はこのことをどう思っているの?」
と、アメリカに帰ることにした友人に聞かれた。
「日本政府の言うことを信用しているの?」と。

 「私達は原発で命をかけて働いている人を信じている。」
と日本人の友人が言った。
 
 下の映像は山形弁のダニエル・カールが
世界のマスコミに向けて発信しているものである。
(彼の英語を初めて聞いた。)



 彼は言っている。
頼むからいい加減な情報を流して
日本にいる外国人をパニックに陥らせないでくれ。
今回の原発事故は全然チェルノブイリでないどころか
スリーマイル島でさえもないんだ。」と。

 パニックでいなくなる外国人。
反対に被災地のためにボランティア活動をしている外国人。

 本当に人それぞれである。
[PR]

by arizonaroom | 2011-03-22 22:18 | Comments(2)