<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

大雪

 朝起きたら、雪が積もっていた!

 確かに最近の東京では珍しいくらいの大雪ではあるが
でも電車のダイヤが乱れるほどではないような・・・。

 朝も30分で着くところを1時間近くかかり
午後2時頃もまだまだ乱れたままである。

 乗った電車が私の降りる駅の前止まりなので
先まで行く電車に乗り換えたとたん
「行先変更」のアナウンスが!
なんと終点が
最初に乗った電車よりも手前になってしまったのであった。
乗り換える前に放送してほしかった。

 おかげで吹きさらしの駅の中で長く待つはめに。

 駅放送や車内放送では絶えず
「本日は雪のためにダイヤが大幅に乱れ
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」と
言っていたけれど「雪のために」がやたら強調されていて
なんだか「すべては雪のせいで、うちの責任じゃないよ」と
言われているような気がして気分が悪い。

 都会はやっぱり脆弱だ。
[PR]

by arizonaroom | 2012-02-29 22:22 | 日常&雑感 | Comments(2)

グレイスのお客様

 教会の近くでお散歩中のグループホームの方々と遭遇した。

 顔なじみのヘルパーさんとまずご挨拶。
そして住人さんたちとも挨拶を交わす。

 その中でおひとりが
「あら、どこでご存じの方?」と。

 「教会の喫茶室ですよ。オレゴンで勉強なさっていた息子さんはお元気ですか?」

 「あら、息子とオレゴンでご一緒だったの?」

 毎回同じような会話だけど、なんだか楽しい。

 この方の記憶時間はとても短いのだけれど
住人さんたちは笑いながらも優しく見守っていらっしゃる。
「また、始まったわ。でもあなたはそれでいいのよ。」と。

 ご本人も「私、忘れっぽいのよ。」とおおらかにお笑いになる。

 優しいヘルパーさんに優しい住人さんたち。
すてきなグループホームである。


 
[PR]

by arizonaroom | 2012-02-28 23:39 | 喫茶室グレイス | Comments(0)

今日のグレイス

f0037623_16413475.jpg


ベークドチーズケーキ & チーズスフレ
f0037623_16414753.jpg


シュバルツケーキ
f0037623_16424193.jpg


かぼちゃプリン
(これは裏側でカラメルソースは型の下にある。
ひっくり返したけれど型からプリンが落ちなかった。)

f0037623_16431153.jpg


 今日も暖かなグレイス日和。
でもちょっと風が冷たい。

 昨日の特別講演会に数名のグループホームの方々がいらっしゃり
今朝は、その話題から始まった。
 Aさん「昨日はありがとうございました。
     わかりやすくてとてもよいお話しでした。
     ねえ、よかったわよね」
     (と、BさんとCさんに意を求める。
      頷くCさん。)
 
 Bさん「え?私何か聞いたの?」

 Aさん「そうよ、聞いたのよ。愛のお話し。」

 Bさん「愛?愛なんて私にあったかしら?
     忘れちゃったわ。あはは・・・」

 Cさん「私は小さい時に教会学校に通っていたから
     賛美歌や、この雰囲気が懐かしいの。
     もうずいぶん前の話ね。」
 
 それから教会のメンバーでもありグレイスで常連のUさんが
83年前に覚えたけど、その後ずっと聞いていなかった
イギリス国家を英語で歌えるという話になった。

 「Uさんは100歳ですよ。」
 
グループホームのヘルパーさん
「Bさんはその年まで後8年ですね。」

 Bさん「え?私は何歳なの?」

ヘルパーさん「92歳ですよ。」

 Bさん「私92歳なの?あら、私は若いわね。まだ元気に歩けるし。
     昔の92歳はもっとヨボヨボしてたわよね。」

 Cさん「私は昭和3年生まれ。83歳でも元気なのは
     昔ゴルフをやっていたおかげ。
     その後は油絵もやったの。
     今でも編み物とか縫い物とかしているのよ。
     目も大丈夫。
     趣味がいろいろあってよかったわ。」
 
 なかなかお元気な方々である。

 
f0037623_1714831.jpg


今日は近所の幼稚園がお休みだったとかで
庭も小さなお子さんたちで大賑わい。
f0037623_1723484.jpg

f0037623_1724611.jpg


後半も賑やか。
f0037623_1742162.jpg


おかげでお持ち帰りも含めケーキは全て売切れ。
グレイスではケーキが売れ残ることはけっしてないのである。
[PR]

by arizonaroom | 2012-02-27 17:06 | 喫茶室グレイス | Comments(2)

愛されて生きる

 新秋津教会の牧師で神学校の講師でもある
勝本正實先生の礼拝メッセージとその後の特別集会で拝聴した。

 勝本先生は神学校を出られた後、大学の仏教学部で学ばれたという
特異な経歴のクリスチャンである。

 「愛されて生きる」というのは特別集会の時のタイトルで
副題は「キリスト教の愛と仏教の慈悲」。
文字通り、とても面白く、ためになるメッセージだった。

 私の不確かな記憶力と理解力、そして限られた文字数で
中途半端に感想を書くのは
誤解を招く恐れがあるのでやめておくが
この先生、使われる語彙が、
クリスチャン用語とはかけ離れていて
古い日本の庶民語とでも言おうか、
とにかく気取らない感じで
クリスチャンンでない人にの耳にも
抵抗なく響いたのではないかと思う。

 そして、しばしば話の途中にちょっと間を置き
一瞬だけ聴衆をじっと凝視される。
これは聞く方をけっこうドキッとさせてしまう。
たぶん眠かった人も、違うことを考えていた人も
我に返ったに違いない。(あ、それは私・・)

 すごいテクニックである。
[PR]

by arizonaroom | 2012-02-26 22:22 | クリスチャンライフ | Comments(2)

レンタルDVD難民

 一昨年、行きつけのDVDレンタルショップが閉店した。
その前にもうひとつのショップも閉店している。

 やはりTSUTAYAに行くしかないのか、と思っていたら
自転車で10分くらいのところに
格安のファミリーブックがオープン!
この1年間は、格安の上にさらに安い
99円デーの日専門に利用していたのである。

 今日久しぶりに行ってみたら
何と閉店のお知らせが!

 ファミブよ、お前もかー。

 安くて便利だったのになー。

 ・・・やっぱりTSUTAYAか・・・。

 オンラインという手もあるけど。

 この業界は競争が厳しいんだね。


 
[PR]

by arizonaroom | 2012-02-25 22:39 | 映画&TV&本 | Comments(0)

ブログチェック

 私はいつも、ブログのテーマを決めたら
すごい勢いで書いて(?)いく。

 書き終わると即送信、そしてほとんど読み返さない。
というより、しばらくは読み返す気になれない。
だから誤字脱字もけっこう多い。

 そんな時はいつも
父が携帯メールで間違いを教えてくれるのである。

 父はめったに携帯メールを送って来なかったので
父からメールが来ると、
中身を見る前に「あ、また間違ったか」と
思うのであった。

 昨年の11月にテキサスの列車について書いた時は
うっかり「電車が来た」と書いてしまったら
(うっかりというより市街を走るtrainはみんな電車という認識だったかも。)
「余計なことですが、架線も第三軌条も無い所には電車はきません。」
というメールをもらってしまった。

 でも、もう私のケアレスミスを直してくれる父はいない。
これからは自分でしっかり読み直さなければと
忠実なブログ読者を失ってしまった私は思うのである。


 

 
[PR]

by arizonaroom | 2012-02-24 23:17 | 健康 | Comments(2)

新聞紙回収

 販売店による古新聞回収の日。
外に出していた新聞は無くなっていたが
トイレットペーパーが無かった。

 「風が強い日だったから飛んで行っちゃったのかな?」
などと思い
あまり気にしていなかったのだが・・・。

 後日判明したのは驚くべき事実であった。

 販売店はいろいろあって
回収業者を変えたのだという。

 しかし、この回収業者は「はいそうですか」と
大人しく引き下がらなかったのだ。

 どの家で古新聞が出るか把握していた元業者、
新しい業者が回収に来る前に
玄関に置かれていた新聞の束を持って行ってしまったのである。
もちろんトイレットペーパーも置いていったりはしなかった。

 もちろん状況証拠のみだから
警察に訴えることはできないとは思うけれど。

 後日、販売店からのトイレットペーパーが
1個プラスされて届けられていたが
なんだか世知辛い世の中である。


 
[PR]

by arizonaroom | 2012-02-23 23:13 | 日常&雑感 | Comments(0)

プレッツェル

f0037623_2344156.jpg


最近、夫はダイエットモードに入っていたので
これでしばらくは彼のお菓子作りもお休み、と思っていたら・・・

 私が不在の間に、しっかりプレッツェルを作っていた!

 でも、まあこれなら少しはヘルシーかも。

 過去の記事
  プレッツェル
  イースト無しのプレッツェル
  プレッツェル
   プレッツェル
[PR]

by arizonaroom | 2012-02-22 23:48 | クッキング&レシピ | Comments(0)

契約

 購読している新聞の販売店主催で
不用になった電化製品の無料回収を行うというので
貯め込んでいた製品(ヒーター、スキャナ、電話、布団乾燥機)を
引き取ってもらうことにした。
(何でこんなもの狭い家の中に貯めこんでいたんだと突っ込まないでください。)

 無料引き取りの条件は
「契約を6か月延長」とのこと。
止めるつもりはないので
そんなのは簡単♪と思っていたら・・・

 「今契約している期間の上にさらに6か月延長」ということだった!

 ちなみに今私が契約している期間というのを聞いてみたら
なんと来年の5月まで!

 念のために言うと今年の5月ではない。
「新聞配達の人が契約の延長をしてください」と来るたびに
ろくに見もせずに
ほいほいと応じていた結果がこれ。

 ぼーっとしながらハンコを押していたこちらも悪いけど
ちょっとこれひどすぎやしません?

「この上さらに6か月」というのはちょっと・・」・と
今回は延長を特別に勘弁してもらい
無事に無料回収用のチケットをもらえたけど
これからは、契約をもう少し短めにしてもらおう。
今後何が起こるかわからないのだから。

 しかし、このネット時代、新聞屋さんも必至である。
[PR]

by arizonaroom | 2012-02-21 23:26 | 日常&雑感 | Comments(0)

今日のグレイス

f0037623_163597.jpg


リコッタ入りクロスタータ & プレーンシフォン
f0037623_1641284.jpg


 抹茶ガトーショコラ
f0037623_16667.jpg


おはぎ (小豆 & 胡麻)
f0037623_1664539.jpg


 暖かな陽だまりのような今朝のグレイス。
まだまだ寒い日々は続くけれど、
少しずつ春が近づいてくる足音が聞こえてくるような気がする。

 前半はもちろんお元気なグループホームの方々が中心。
今日はおはぎがあるので皆さん大喜びである。

 このグループは女性ばかりで皆さんご主人を亡くされた方ばかりなのだが
おひとりだけご主人がご健在の方がいらっしゃる。

 いや、ご健在とはいえないかも。
今は長期療養病院に入院中で
ホーム住まいの奥様とは会うのもままならないのである。

 それでも他の入居者からは
「うらやましい。」との声が。
奥様は「うふふ」とお笑いになる。
「まだ生きているとは思うわよ。
わからないけどさ。」

 グループホームのヘルパーさん、
新しいグレイスのお客様をご覧になって
「ようこそ。」と。
そしてその後、自分の言葉に気づかれて
「あはは。ようこそなんて言っちゃったわ。
自分の店じゃないのに。」

 のどかなグレイスのひとときである。

 そして100歳のUさんのご登場。
午後からご予定がおありだったUさんは
今日はいらっしゃらないおつもりだったそうだが
ヘルパーさんが
「こんないいお天気なのだから行きましょうよ。」と
引っ張ってきてくださったのだ。

 そのUさんと最近お友達になったC子さん。
私の友人でもあるEのお母様で
先週Uさんしかご存じなかった古い賛美歌を
ご存じだった方である。

 Uさんは83年前に覚えたイギリス国家をまだ英語で
歌えるというのを聞いたE。
「私も小さい時にオーストラリアに住んでいたので
イギリス国家歌えますよ。」と。

 そこでふたりで歌うことに。
みんなが注目の中、英語の国家が始まった。

 そこで興味深い事実が!

Uさんは
God save the King
と歌われていたが

Eは
God save the Queen
と歌っていたのだった。

つまりUさんの時代は
あの「英国王のスピーチ」のモデル、ジョージ5世の時代だったのである。

 

前半
 
f0037623_162906.jpg


 一時中だるみ
f0037623_16355393.jpg


でもその後また盛り返す。
学校が休みの中学生や小さなお子さんも。

f0037623_16303885.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2012-02-20 16:30 | 喫茶室グレイス | Comments(4)