<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

気迫

 昨日の松本薫の柔道は感動ものであった。

 試合を待つ間の彼女からは
鬼気迫るものが感じられ
見る者たちを
思わず厳粛な気持ちにさせてしまうのである。

 その姿を見ただけで私は
彼女の金を確信したのだった。

 対照的に決勝戦が終わった後の
彼女の笑顔はとてもすがすがしかった。

 それにしても何度も審判を覆させるジュリーって何者?
[PR]

by arizonaroom | 2012-07-31 21:31 | ニュース | Comments(2)

7月最後のグレイス

f0037623_17222054.jpg


フルーツケーキ & くるみとレーズンのシナモンケーキ
f0037623_17224552.jpg


トライフル
f0037623_17303777.jpg


オレンジ・アールグレイケーキ & バナナシフォン
f0037623_1731059.jpgf0037623_17322911.jpg









 朝から猛烈な暑さの今朝、
グレイスはさわやかな熱気で包まれている。

 今週水曜日から始まる
子どものための英語バイブルクラス(BEK)への奉仕のために
インディアナから来てくれた若者たちが
グレイスにも来てくれたのである。

 彼らは楽しいパフォーマンスを披露してくれ
お客様も大喜び。

f0037623_17463845.jpg



「一緒に体を動かしてください」と言われてもなかなかね・・・。
f0037623_17482740.jpg


さすがにこの暑さで外はがらがら
f0037623_1746861.jpg


インディアナの高校生の隣に座ってごきげんの女の子。
英語でお話しもちょっとできました~。
f0037623_17504738.jpg


 私も遠方から友達が来てくれてハッピーな時を
過ごすことができた。
 

過去の関連記事
インディアナからのお客様
BEK
インディアナ
[PR]

by arizonaroom | 2012-07-30 17:52 | 喫茶室グレイス | Comments(2)

教会の夏祭り

f0037623_2021530.jpg


「ブログに載せるのか~。」
もちろん載せないよ。顔は。
f0037623_2031188.jpg


そう、顔は載せないの。
せっかくポーズが決まっていたけれど。
f0037623_2041024.jpg


顔は載せないんだってば。
f0037623_2043098.jpg


かき氷も大変
f0037623_20115890.jpg


ちぢみ係りは涼しい室内でラッキー
f0037623_2051842.jpg


f0037623_2054298.jpg



室内もお客様でいっぱい
f0037623_2025588.jpg


グループホームの方々も全員参加
f0037623_2073088.jpg


若者たちもがんばる
f0037623_2074763.jpg


f0037623_20145857.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2012-07-29 20:16 | クリスチャンライフ | Comments(2)

猛暑

f0037623_23242571.jpg


 今日も恐ろしく暑かった。
写真は、おばの手作り料理。

 1日出かけていたので
なでしこ戦を見てから開会式を今見ている。(ただいまの時間は午後11時40分)
感想はまた後日。

過去の記事
 うずみ豆腐
 筍ご飯
 熱中症
[PR]

by arizonaroom | 2012-07-28 23:40 | クッキング&レシピ | Comments(2)

スペイン戦

 昨日のスペイン戦は
五輪サッカー史上最大の番狂わせと言われているらしい。
確かに私もあまり期待しないで観ていたので
点が入った時は本当に嬉しかった。

 ボールをコントロールしていたのは
ほとんどスペインだったのに
やる時はやるもんだ。

 試合前、日本の解説者も厳しい予想をしていたのだろう。
「前半をなんとかゼロゼロで終わらせて、
後半スペインが疲れた時がチャンス」とかいうようなことを言っていたのが
大いに笑えた。

 ともあれ、この2週間、日本人選手の活躍が楽しみ。

 
[PR]

by arizonaroom | 2012-07-27 22:29 | ニュース | Comments(2)

2歳以下の英語クラス

 うちのスクールで今までの最年少は1歳半であった。
当時は2歳のクラスが2つあったので
私達も、色が変わるマジック絵本とか
取り外しできる絵本や遊び歌など
いろい用意して工夫していたものだった。

 小さな子たちを楽しませるにはエネルギーがいるのである。

 今その子たちも小学生となり
幼稚園前の子どもたちがひとりもいなくなって
楽にはなったけれど少し寂しく思っていたところ
今日3歳のお姉ちゃんと共に1歳8か月の妹がやってきた。

 ずっと眠っていた絵本も再登場。
ポール先生も大張り切りである。

 人見知りしていたようだが
お母さんも一緒なので子どもたちも安心して
英語を学べたようだ。

 子どもの英語はグループで、
と思っている人たちは多いと思うけれど
やっぱりプライベートかセミプライベートの方が
確実に上達すると私は思う。
[PR]

by arizonaroom | 2012-07-26 23:39 | 英語&日本語&スクール | Comments(2)

こだわり

 最近お気に入りのラーメンショップ「琴海」の壁に
「当店の5つのこだわり」と壁に貼ってあった。

 夫がそれを見て悩んでいる。
「”こだわり”って何?」

 「“こだわる”とは些細なことに執着するということで
いい意味に使う時と悪い意味で使う時があるよ。」

 ますますわからない顔になってきた夫。

 「ずっと”turn down "という意味だとばかり思っていた。」


 「それは”断り” こ・と・わ・り。これはこ・だ・わ・り」

 「あ、そうだった。」

 「断る」と思って文章を読んでいたら意味が通じなくて当然。

 言語の習得は大変だね。
[PR]

by arizonaroom | 2012-07-25 22:54 | 英語&日本語&スクール | Comments(2)

アメージング・スパイダーマン

f0037623_22503194.jpg


 映画のレビューはものすごく久しぶり。
なぜなら、利用していたレンタルDVDショップが
この春に急に閉店してしまい
DVD難民になってしまったからである。

 もちろん、大田舎に住んでいるわけではないので
他にもレンタルショップはあるし、オンラインレンタルもある。

 だけど、利用していたレンタルショップの閉店は
これで3店舗目ということもあり
なんだか映画を借りる気分が失せてしまったのであった。

 そんな時に、 ソニーの株主総会で
スパイダーマンの招待券を1枚だけ!もらったので
1000円デーを狙って夫と二人で観に行ってきた。
招待券、といっても3D代金の300円は別に払わなければならないので
3Dメガネ代100円あわせて、ふたりで合計1800円。
メガネはキープできる。

 前置きが長くなってしまった。

 3Dのスパイダーマンというので夫は非常に喜んでいたが
私は「チケットをもらったから見に行く」という程度の期待感。

 でも結果を先に言うとけっこうおもしろかった。
アメリカのクラッシックな物語ではあるが
私は前回のシリーズの1を見たのみなので
続きだときついな、と思っていたら
これは全く別物の新しいシリーズなのであった。

 前シリーズは主人公がスパイダーマンになったのは
偶然的な出来事からだったけれど
幼い頃、両親が失踪したエピソードから始まっているこの物語では
これは運命だったのだと思わされる。

 しかし、高度なセキュリテイシステムの研究室に
高校生が簡単に忍び込めただけでなく
形跡すら残さないなんてありえんよなあ。

 まあ、それはともかく、展開は簡単に読めるし
スパイダーマンが死ぬわけはないので
楽に、楽しく観ていられる。

 単なる戦いだけでなく、ドラマもたくさんある。
続編を示唆する終わり方なので
終わってすっきり!という感じではないが
現実の憂いは忘れられるかも。

 3Dだったので迫力も十分あり。


 
[PR]

by arizonaroom | 2012-07-24 23:22 | 映画&TV&本 | Comments(0)

夏休み!(今日のグレイス)

f0037623_1646763.jpg


オレンジタルト & ダブルチーズケーキ
f0037623_16461731.jpg



抹茶あずき寒天 &  ブルーベリータルト
f0037623_1647260.jpgf0037623_1647881.jpg











くるみとレーズンのシナモンケーキ
f0037623_16475078.jpg


後から出したプレーンシフォン
f0037623_16493890.jpgf0037623_16494418.jpg











 夏休み。そしてこの週末とはうってかわってよい天気。
おかげでグレイスはお子様でいっぱいである。

 
f0037623_16512876.jpg


庭はもっとすごい!
f0037623_16515058.jpg


 2時間で50名超のお客様である。

夏休みにはかならず来店する小学生の女の子は
新しい友達を連れて来てくれた。
[PR]

by arizonaroom | 2012-07-23 16:54 | 喫茶室グレイス | Comments(2)

葬儀

 101歳で永眠したUさん。

 幼少の頃、いクリスチャンの医師の家に預けられ
賛美歌や聖書が身近なものとなった。

 その後結婚し、キリスト教とは無縁の生活を送っていたが
90歳になった頃にまた教会を懐かしむようになり
同居している娘のMさんに言ったことばは
「私が死んだら教会でお葬式をあげてね。」

 そこでMさんはUさんの壮絶な幼少時代・少女時代を知ることとなる。

 Uさんが95歳になった頃
私はMさんと出会い
ふたりはグレイスの常連さんとなったのである。

 Uさんは96歳の時に危篤状態に陥り
もう明日には命が尽きるという日の夜
病院で洗礼を受けた。
 
 昼間は娘さんの顔もわからなくなっていたのに
この晩は正気に戻り
しっかりと信仰告白をしたのだった。

 あれから4年。
Uさんは奇跡的に回復した。
癌も見つかり、余命1か月と言われたこともあったし
ホスピスにも10数回入院したが
ほとんどは自宅で元気に過ごすことができた。

 Uさんはグレイスでも教会でも人気者だった。
誰もがUさんと話したがった。

 Uさんはすばらしい宣教師でもあった。
会う人皆にイエス様の素晴らしさを語るのである。

 それがきっけかで信仰を持つ者も出現し
ほどなくして娘さんも受洗した。

 イエス・キリストと共に生きた4年間。
彼女も幸せだったが
私達にとっても彼女と過ごした日々は
かけがえのない尊いものである。

 私がアメリカから帰るたびに
「お帰りなさい」と言ってくれ
父を亡くした時も
「おつらかったでしょう。」と励ましてくれた。

 
 英国国歌を英語で歌えたUさん。
たくさんの賛美歌を、それも私達が知らなかった賛美歌を
たくさん空で歌えたUさん。

 
たくさんの写真と
たくさんの言葉と
たくさんの思い出と
そして大きな光を私達に遺し
天国に旅立っていった。

 今日の葬儀はとても心がこもったものだった。

 明日のグレイスでは
常連のお客様と共にUさんの思い出を
分かち合おう。


 


 
[PR]

by arizonaroom | 2012-07-22 22:57 | クリスチャンライフ | Comments(4)